オンラインキャンピングカーショー 楽しく気持ち良さげなアウトドアとインドアの世界新型キャンパー×25台を一挙にご紹介! 【後編】

130

世界には様々なキャンピングカーが存在する 2021年にデビューするヨーロッパの素敵なキャンパー×25台を素敵な写真とともにエンジョイしてください!

シュトゥットガルトで毎年開催されている、ドイツ最大の「キャラバンとモーターホーム」ショー、CMTが今年はコロナの影響で、オンラインとなった。そこでここでは、2021年に市場デビュー予定のニューキャンパー×25台をアウトドアの雰囲気と喜びを満喫できる写真とともに紹介する。空が広くて、空気がきれいで、景色も美しく、ロマンチックで、リラックスしていて、おしゃれで、自由を満喫できる、そんな世界を理屈抜きにエンジョイしてほしい。

毎年、「メッセ シュトゥットガルト」で開催されるCMT(Caravan, Motor, Touristik)は、主にモーターホーム(キャンピングカー)メーカーが革新的な技術を発表する、年初めの主要な「旅行見本市」だ。
昨年は30万人以上もの来場者を記録した人気のイベントだ。
だが残念なことに、今年は、コロナのおかげですべてが一変した。
一般公開のCMTは当分の間延期されたのだった。
主催者は夏に向けて開催するためのコンセプトを練っている。
しかし、展示会が実際に開催されるかどうかは、コロナの流行がどうなるかに大きく左右される。
そこで、CMTも、ご多分に漏れず、「CMTdigital」という名のもと、まずはオンラインを通じての情報提供をする運びとなった。
我々は事前に、2021年に最も重要なイノベーションをもたらす可能性のあるモーターホーム(キャンピングカー)25台を選択した。

現在の状況下では、2021年も面白いキャンプの年になることを間違いないだろう。
以下に、その面白くて楽しいキャンピングカーライフに欠かせない重要なニューモデルを紹介する。
写真を見ているだけでも楽しい。
エンジョイ!

【13】 ホビーA65 KM: 51,654ユーロ(約660万円)より

「ホビーA65 KM」は旅行中最大6席まで提供する。
長めのフロアには、縦方向のベンチが追加されているだけでなく、シートベルト付き4人用シートが備わっている。
標準機能は、ダブルストップ付き冷蔵庫、断熱・暖房付きリアストレージだ。

就寝は、リアの二段ダブルベッド、コンバーチブルシート、または大人2人が寄り添うことのできる床の間のベッドのいずれかとなっている。
Photo: Hobby caravan factory, Ing.

【14】 XGOダイナミック66: 38,999ユーロ(約499万円)より
「XGO」は、新しい、手頃な価格のモーターホームで多くの家族にアピールしたいと考えている。
ダイナミック66は、7.44メートルという長さで、最大7つの寝台を提供する。
これらの寝台は、リアのクイーンベッド、アルコーブベッド(壁に組み込まれたベッドで開いて使う)、フロントのコンバーチブル対面式シートで構成されている。
Photo: XGO

【15】 カラド バン(Carado Van)V339: 39,999ユーロ(約511万円)より

全長7メートル以下の車内にクイーンベッドを搭載!
カラドは、快適性と居住空間をたっぷりと確保したナローバン「V339」を大変リーズナブルな価格で提供する。
普段の生活スペースに余裕を持たせるために、2メートル近いクイーンベッドを後部の壁に向かって移動させることができるようになっている。

バンの居住空間は、運転席側にベンチシート、エントリー側にキッチンユニットを配置し、クラシカルに仕切られているし、要望に応じて、標準的なルームディバイダー(部屋間の仕切り)でリビングと寝室を分けることもできるようになっている。
Photo: Carado GmbH

【16】 ラ ストラーダ ノヴァM(La Strada Nova M): 98,930ユーロ(約1,266万円)より
ラ ストラーダのトップモデルは、「メルセデス スプリンター」ベースの「ノヴァM」だ。
シングルベッドを搭載した「ノヴァEB」に続いて、フロントにダブルフォールディングベッド、リアにシングル横置きベッドを搭載した全長6.46メートルの「ノヴァM」が登場した。

ボディは完全にGRPモノコックとして設計されており、フラッシュ一体型のドアと窓を備えている。
ゆったりとしたスペースを備えた快適なL字型のシーティングエリアは、折りたたみ式洗面台を備えた可変式シャワールームと、魅力的な装備が数々ある。

ステンレス鋼で作られたシンクとキッチンの組み合わせによる高品質の家具に加えて、収納スペースもたっぷり備わっている。
Photo: La Strada Fahrzeugbau GmbH

【17】 ホビー オプティマ(Hobby Optima)T70 E/F: 51,100ユーロ(約654万円)より
「T70 E」と「T70 F」で、ホビーはこれからの季節に向けて特別なレイアウトを施したオンツアーシリーズの2台のナローセミインテグレーテッドカーを発表した。

どちらのモデルもバスルームは車両後部に設置されている。
「T70 E」では、その前に2台の縦長シングルベッドを設置し、バスルームへの通路を確保している。
「T70 F」には、エントリー側にフレンチベッドが付いている。
リビングエリアは2つのモデルとも同じレイアウトとなっている。
キャブの後ろには横向きと縦向きのベンチが1つ、その対面には冷蔵庫付きのL字型キッチンがある。
Photo: Hobby caravan factory, Ing.

【18】 イティネオ(Itione)PJ700: 45,600ユーロ(約583万円)より
イティネオは、2021年に向けて、3つのセミインテグレーテッドモデルをラインナップに追加した。
フレンチベッド付きの「PF600」、クイーンベッド付きの「PPM740」、クラシックなシングルベッド付きの「PJ700」の3台だ。

明るいインテリアが印象的な「PJ700」は、6.99メートルの全長の中に、親しみやすく風通しの良い居住空間を実現している。
要望に応じて、「PJ700」を5人乗りに改造することも可能で、リフトベッドと前席グループを改造するためのセットを追加することができるようになっている。
高さ1.20mのリアスペースには、キャンピングカーでゆったりとした時間を過ごすために必要なものをすべて収納することができる空間を備え持っている。
Photo: ITINEO motorhomes

【19】 カーベ ロイヤル(Kabe Royal)x780/880: 124,010ユーロ(約1,587万円)より
スウェーデンのメーカーはメルセデスの「スプリンター」がお好みだ。
パネルバンやインテグレーテッド(一体型)モデルに続いて、セミインテグレーテッド(半統合型)モーターホームが新シーズンに向けてラインナップに加わった。
「x780」と「x880」は、全長7.75メートルと8.78メートル、全幅2.50メートルと、たっぷりとしたスペースを確保している。

贅沢なキャンピングカーにふさわしく、リアベッドはすべてスプリングマットレスを装備している。
170馬力エンジン、9速オートマチックトランスミッション、MBUX(メルセデスベンツ ユーザー エクスペリエンス)、リフトベッド、ブレーキアシストなどを標準装備し、「x780」は5種類の室内レイアウト、「x880」は2種類の室内レイアウトがそれぞれ用意されている。
Photo: Kabe

【20】 サンライトV69: 38,899ユーロ(約497万円)より
サンライトは、2021年シーズンに向けて、ナローバンのラインナップをさらに拡大していて、この「V69」は、リアにクイーンベッドを備えている。

バスルームの折りたたみ式シャワースペースは、狭い車幅にもかかわらず、ちゃんとしたスペースを確保している。
「V69」の装備には、より洗練されたデザインだけでなく、マルチメディアパッケージ、エアコン、レザーステアリングホイール、クルーズコントロールなどが含まれている。
Photo: Sunlight GmbH

【21】 ノーブルアート(NobelArt)T4000: 45,720ユーロ(約585万円)より
ノーブルアートの新しいセミインテグレーテッド(半統合型)モーターホームは、「フォード トランジット」をベースに、助手席エアバッグ、クルーズコントロール、140リットル冷蔵庫などが含まれた、リーズナブルな価格と豊かな標準装備を提供する。
リビングスペースは、縦長ベンチとL型キッチンで構成されている。
リアにはフランスベッド、その隣にはシャワールームがある。
Photo: NobelArt

【22】 カルタゴ(Carthago)c-ツアラー: 87,700ユーロ(約1,122万円)より
2021年から、4.5トンの車両総重量を持つカルタゴの「c-ツアラー」モデルは、「フィアット デュカート」、または「メルセデス スプリンター」を選択できる。
統合型モーターホームは、サイズと最大積載量に応じて、3.5トンと4.5トンの両方のモデルで利用可能となっている。

すべてのバリエーションが細部にわたって改良されている。
例えば、ダッシュボードは最適化され、新しいウィンドウトリムで助手席側のサイドボードへの移行性が向上している。
また、L字型の座席群の上にあるルーフ収納ボックスも、統一感のある外観になった。
また、「センソリガート」と呼ばれるダークなフロア素材も新たに設定されている。
Photo: Carthago Reisemobilbau GmbH

【23】 カルタゴ シックe-ライン/s-プラス: 127,930ユーロ(約1,637万円)より

カルタゴは、新シーズンに向けて、「e-ライン」に微調整を施した。
XLサイズのフロアの座席グループは、より自由に移動できるように丸みを帯び、頭上の食器棚のコーヒーカプセルマシンにはリフトが付いて、より快適に使えるようになっている。
カルタゴ製のインテグレーテッド(一体型)モーターホームは、「フィアット デュカート」、「メルセデス スプリンター」、「イヴェコ デイリー」のいずれかをベースにしたものから選べる。
また、「s-プラス」には、新しいドライビングアシスタンスパッケージも用意されている。
Photo: Carthago Reisemobilbau GmbH

【24】 カルタゴ ラインフォーツー: 137,990ユーロ(約1,766万円)より
2021年型「ラインフォーツー」のために、カルタゴはいくつかの詳細を改善した。
「イヴェコ デイリー」のバリアントは、より多くの快適性と安全性のための新しいアシスタンスパッケージを取得している。
フロントは、6つのダブルクロームストラットとラジエーターグリルを着用している。
さらに、「ラインフォーツー」専用に開発されたフルLEDヘッドライトと、より高い位置にフロントガラスが装着されている。

カルタゴのフラッグシップモーターホームは、キャンプ旅行でもある程度の豪華さと十分な居住空間を犠牲にしたくないカップルをターゲットにしている。
また、それぞれのシートやコックピットの内装を軽量化したのも新しい点だ。
Photo: Carthago Reisemobilbau GmbH

【25】 ライカ エコヴィップ(Laika Ecovip)H 3109: 82,590ユーロ(約1,057万円)

イタリアのキャンピングカーメーカー、ライカの新世代「エコヴィップ」は高貴に仕上げられている。

インテリアはモダンなディテールで隅々まで洗練され、仕立て上げられている。
ベージュとグリーンを基調とした張り地は、キッチンカウンターやテーブルのコッパーカラーのアプリケーションと美しく調和している。
全長6.99メートルの「エコヴィップH 3109」は、狭いカントリーロードでも優れた操縦性を維持する。
Photo: Laika Caravans