【すでに大人気】これって本当に電気自動車? すでに何ヶ月も待たされる人気モデル VWの電動バス ID. Buzzのエブリデイテスト! その使い勝手は?

700

これって本当に電気自動車?VW? VW IDを注文した人は残念ながら納車まで長いこと待たされる。であれば実体験を読むのが手っ取り早い。

「VW ID. Buzz」で数日間、旅に出た。家族連れの楽しい旅だ(仕事の特権で)。高速道路を走って、特別に長い週末、そして家族のための運転手: スポーツへ、乗馬スクールへ、子供の誕生会へ、縁日へ、イタリアンへ、「ハニー、まだ買い物に行かなくちゃ」ツアーへ。

長距離よりも市街地での移動

VWの約束する航続距離423kmであるが、残念ながら、この数値は実際には達成できないだろう。しかし、市街地でも300km以上の走行が可能で、「バズ」は驚くほど効率よく回復する。

一方、高速道路では130~140km/hの快調なスピードで、270kmの航続距離。最高速度もスピードメーターによれば、150km/hで止まる(VWによると145km/hで止まる)。それでも十分にGOODだ。最大170kWと、他の電動VWよりも高速に充電することができるのもいい。しかし長距離を走るお客様にとっては、250kmごとに30分停車することになる。

価格は衝撃的・・・

キャンディホワイト+ベイグリーンメタリックの「バズ」、トイレットグリーンの方が分かりやすいと思うが、聴こえはそれほど良くない。とてもいい感じだ。家のパソコンで、コンフィギュレーターで遊んでみた。オールブラックも有効で、20インチの「ストックトン」ホイールが装着されている。そのほうがかわいいと思う。しかし、家族はツートンカラーの黒を好んでいる。

家族で楽しめる「VW ID」。バズが波紋を呼ぶ.

オレンジ、イエロー、ブルーの3色もある。だが、ボイスコントロール、Discover Pro、シートヒーター、そしてちょっとした装飾を施すと、コンフィギュレーターは70,000ユーロ(約1,036万円)以上となる。実に複雑な気持ちになる金額である。

それだけVWのブリはバズっているのだ

5席(7席や6席は2023年登場予定のロングバージョンにしかない)。現在注文できる(2022年は完売)「バズ」は、ムルティバンより背が低いが、室内の広さは劣ることはない。リアシートを動かすことができ、ラゲッジルームの幅は1.20メートル、リアシート上部までの容量は1,121リットルと十分すぎるほどだ。

実用的でありながらサイズを小さくするのは、2つの折りたたみ式ボックスを含むマルチフレックスボード(1,880.20ユーロ=約27万円のコンフォートパッケージプラスに含まれている)で、これにより積載スペースを少し分割することができるようになっている。また、折りたたんだ2列目と同じ高さなので、マットレスを敷いてベッドにもなるといった実用的なおまけもついている。

後輪駆動のため、回転半径はわずか11メートルだという。

そういえば、折りたたみ式のトレーラーヒッチは952ユーロ(約14万円)もするにもかかわらず、「Buzz」は1,000kg以上牽引することができない。

みんなの視線は我々に

日常生活で経験したことは、すでに同僚から聞いていたが今回は自分自身で試乗してみた。その際に「バズ」は、信じられないような注目を集めた。写真やビデオに撮られ、道端で老若男女に親指を立てられ、「バズ」が停まると鼻を押される。

路面電車やバスと同じ目線の高さに座り、感嘆の声を上げる。そんな経験は初めてだ。

着座位置が高い、バズ ソブリンでのドライビング体験。

私のお気に入りのレストランのボス、セルジオはこうして初めてe-carを体験し、友人たちは自発的に「Buzz」を設定し(そして価格にショックを受け)、私のデザイナーの友人、サウロは「かっこいい車だな、兄弟」と叫んだのだ。しかし、「電気式なのか? これって本当にVW? 良さそうだが、聞いたことのない車だ」。それを聞いて、私はやや不思議に思った。

プルファクターを持つVW

我々の結論: 「バズ」はSUVのような走りで、快適性において一歩も引けを取らない。実用的でありながら、コンパクトにまとまっている。音声指示を即座に理解するVWは、少なくとも我々にとっては初めてだ。VWには、これほどの吸引力を生み出すクルマは他にない。

このデザインが、たとえば5万ユーロ弱(約700万円)で手に入るとしたら、バズは大ヒットするかもしれないが、このままでは、(今のところ)レアな存在であり続けるだろう。残念ながら・・・。

【判定】
通勤: 通勤用自動車というよりもファミリカーとして最適。
5点満点中3点
ショッピング: その問いかけに、我々は大きく頷く。至極便利で簡単。
5点満点中5点満点
荷物運搬: 上記をご参照ください。残念ながら、シートの取り外しは用意されていない。
5点満点中4点
ホリデー: 試してみないとわからない。
趣味: 小型キャラバンの製作、自転車やルーフラックも。
5点満点中4点
家庭生活: 5人で十分、3列目シートがあればもっと良い。
5点満点中4点
ひとことで言うなら:
車で乗り付けると、近所の人は何て言うんだろう?
欲しい。
持っています。
今すぐ注文したい。
なぜ、この車を親友に薦めるのか?
「つまらないVW」という偏見をなくさせるためにすすめたい。しかし価格を考えると難しい。
何が心に残るのか?
光が降り注ぐマルチウィンドウのフロントが生み出す陽気さ。さりげない座面の高さ。自信満々のスーツ。

テクニカルデータおよび価格: VW ID. Buzz
• 最高出力: 204PS
• 電池容量: 77kWh
• 全長/全幅/全高: 4712/1985/1951mm
• ラゲッジコンパートメント容量: 1121~2123リットル
• 0-100km/h加速: 10.2秒
• 最高速度: 145km/h
• 消費電力: 18.9kWh/100km
• 価格: 64,558ユーロ(補助金前)=約936万円より

【ABJのコメント】
「フォルクスワーゲン ID.Buzz」、僕は開発されていた頃から気になっていたし、今でも好きな一台である。あの「ブリ」の再来と噂されながら開発されていたのはかなり昔のことで、登場した時はやっと出た、と思ったものだった。実際に登場してみると、やっぱりキュートだし、シンプルな内装なども好感の持てるもので、今でもフォルクスワーゲンのラインナップの中では(BEVであることを考えても)気になる一台である。やや幅が大きすぎることを除いては日本でも使えそうだし、実際に自分でほしいと思う気持ちもある。

だが・・・。値段のことばかりいつも言ってしまって申し訳ないが、1,000万円という価格ではどうにもならない、と今回のレポートを読みながら脱力感さえ抱いてしまう。こんなかわいい車なのに、価格は少し前の「アウディA8」や「メルセデスベンツSクラス」並み、というのはあんまりである。もちろん高価にならざるを得ない様々な状況であることはわかるが、400万円とは言わないものの、せめてこの価格の半分くらいでないとどうにもならないのではないか。そもそも、「フォルクスワーゲン ID.Buzz」は大衆向けのミニバンであるべきはずだ。どんどん車の価格があがり、自分の価値観と離れてしまっている現実に驚くほかない、そんな1,000万円のフォルクスワーゲン ミニバンだった。(KO)

Text: Tom Drechsler
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de