ポルシェ ケイマンGT4 RSが完璧である7つの理由 エクストラツアーとともに解説

1463

GT4 RSが完璧である7つの理由。言葉の選び方は難しいが、ポルシェ 718 ケイマン GT4 RSに関しては、とにかく顔が真っ赤になるほど称賛したくなる。この車は狂気が形になったものだからだ。7つのステップで愛の宣言を。

確かにこの車よりもっと強い奴はいる。また、より速いスプリンターもいる。そして、ノルトシュライフェ(ニュルブルクリンクサーキット北コース)をより短い時間で周回するクルマもある。

しかし、現在、ポルシェの新型「718ケイマンGT4 RS」ほど乗る者を魅了し、惑わし、心を揺さぶるスポーツカーは他にないだろう。このミッドエンジンクーペほど、高回転のファインスピリットに対抗できるパワフルなターボエンジンも、カーブをシャープに切り分けるシャーシも、グラム単位でバランスされている車も、ステアリングを通じてアスファルトをこれほど繊細に感じられる車も他にないだろう。

ボリュームと薄肉が特徴のチタン製エキゾーストがトランペットを奏でる。

つまり、500馬力と315km/hの最高出力を誇るケイマンは、ドライバーズカーとしての役割を完璧に果たしているのだ。以下、7つのチャプターで、新型ポルシェのスタンダードを解説し、後継者が現れそうもないドライビングマシンを称える。この車は、決して征服者ではないが、間違いなく勝者だ。

サウンド: 圧迫感たっぷり、大満足!

このチャプターは簡潔に ー サウンドは文字では正確に説明することができないが、GT4 RSに乗ったら最後、離れられない、離れたくない。

チタン製エキゾーストシステムがトランペットを奏で、9,000回転を超える高回転がうなり、断熱材が少ないため遮音性は低く、ターボフリーシステムからの吸気が唸りを上げて乗員の耳元に直接吠える – 天を衝くようなサウンドは、大音量でまぶしく、中毒性のある芸術品である。

コンセプト: 妥協することなくカーブへ

自動車のソフト化は他の人がやってもいい。ゴム製のブッシュがサスペンションのリンクをガイドするのに対し、「GT4 RS」ではボールジョイントがシャーシをボディに固定する。他のすべての車では、最後のギアがオーバードライブに設定されるのに対し、「GT4 RS」はトップスピードまでクロスレシオ化されたPDKで我々をめまぐるしく回転させる。

運転することでこれ以上細かく走れるクルマはないという実感を得ることができる。

「ケイマン」では、エプロンにグリルを設ける代わりに、Bピラー裏の開口部から燃焼用空気を吸入する。精巧な軽量構造、モータースポーツで培われた駆動系とシャーシ、可変ディフューザーやウィング、巨大な耐熱・耐噛み付き性ブレーキなど、ポルシェは日曜日のためのバルジレーサーとして凝縮されている。

実際、ショックアブソーバーはプログラムボタンにしたがってソフトな方向にも作動し、希望すれば音楽さえ聴くことができる。

ドライビングエクスペリエンス: これ以上の上質さはない

ミッドエンジン、後輪駆動、公道走行可能なスポーツタイヤ、調整可能なショックアブソーバー、ダウンフォースを高めるために設計されたエアロダイナミクス。ポルシェは、狂おしいほど揺るぎないラテラル(横方向)コントロールで、より速いコーナリングを実現する。

限界のケイマン: GT4 RSは、718シリーズの中で最も高価なモデルだ。そして、最高で最速でもある。

ポルシェ アクティブサスペンションマネジメント(PASM)とスポーツチューニングが標準装備されているが、このアクティブダンピングシステムは、異なる2 つのシャシー特性を 1 つに組み合わせている。ノーマルモードでは、ダンパーは快適なチューニング、ダイナミックな走行時には自動的にスポーティなモードに切り替わるのだ。そして、車の剛性、正確な反応、卓越した精度によって、最近の車の中では最も魅力的で官能的な高速走行体験につながる。

その上、ちょうどいいサイズ感だ。評価もしやすく、操縦性もきめ細かく、主観的にはかさばる911より十分に下に感じられるが、遊び心のあるコンパクトな車をはるかに置き去りにするほどの大人っぽさも備えている。

ブレーキ: 限界まで噛む

402mmのフロントディスクには、ワンピースキャリパーでガイドされたパッドが装着され、それぞれ6本のピストンで押し付けられている。キャリパーには、スチールメッシュでシールされたホースが油圧を供給している。

PCCBシステムのセラミックコンポジットブレーキディスク。

ドライバーは「ケイマンGT4」を運転することで、決して揺らぐことのない、そして決して硬さを失うことのない、精度の高いプレッシャーポイントとして感じることができる。このように、「GT4 RS」は、一方では素晴らしくブルート(獰猛)で、他方では夢にも思わない精細さで固定されている。高温によるストッピングパワーの低下?決してない!

セラミックとカーボンファイバーで作られたディスクは、摩擦熱を完璧に吸収し、「GT4 RS」はフロントボンネットのNACA エアインテークからさらに冷却空気をシステムに送り込む。500馬力を発揮する「RS」のパワーを封じ込めるのは、レーシングクオリティのブレーキだ。

ドライブ: ハートフルなスポーツモデル

高回転、ターボなしの呼吸、個々のスロットルバルブによる爆発的なレスポンスのためのトリミング、さらにオイルに飢えたドライサンプ潤滑システムがボアを潤滑し、不安定なハイドロタペットの代わりに、硬いドラッグレバーがバルブステムをクルクルと押しつける。これはまるで花火だ。

また、ターボモンスターエンジンでなくとも機能する。GT4 RSは、6気筒ボクサーエンジン(500馬力)を搭載している。

ドライビングプレジャーとパフォーマンスのためにポルシェは、多額の費用を投じてエンジンをシート後方に180度回転させた。もともと「911 GT3」では、エンジンは逆に搭載されていたのだ。6,000rpmあたりから力強く、8,500rpmでゆっくりとシフトアップを考え、9,000rpm強で4リッターエンジンのモンスターがリミッターに達するという、デザイン同様、複雑なパワーデリバリー。「GT4 RS」の魂は、6気筒であることは明らかだ。

魅せる: すべての関節にポルシェを

もちろんポルシェのラインナップの中にはもっと高価な車もある。とにかく長い間、ショールームに置かれていたひとつのアイコン、それが「911」だ。では、「718ケイマンGT4 RS」はどこにあるのだろうか?我々は、「特別な台座の上にあるもの」と考えている。

それは、ドライビングマシンのトロフィー、欲張りでユニークな存在のゴールド、6点式ハーネスとロールケージを含むポルシェフィーリングの最大の塊のメダルで飾られている。「カレラGT」や「918スパイダー」同様、「GT4 RS」もカルテットや愛好家のガレージで存在感を示すことだろう。ノルトシュライフェ(ニュルブルクリンクサーキット北コース)やホッケンハイムリンクで栄冠を勝ち取るのであって、大通りで勝ち取るのではない。

ステアリング: より敏感なものはない

このような成功したシステムに別章を捧げることができることを嬉しく思う。ステアリングの角度が大きくなると、レシオはよりダイレクトになり、タイトなヘアピンカーブでも完璧なステアリングを可能にする。

正確に知りたい方へ: ステアリングとホイールの角度の比率は、16.9:1から12.25:1までだ。12時位置への復帰(ほぼ吸引バネ式)も完璧にフィットしている。とにかくここには遊びがほとんどない。つまり、これ以上ないほど美しく、正確な操舵が可能なのだ。

テクニカルデータ&価格: ポルシェ ケイマンGT4 RS
• エンジン: 6気筒ボクサー、ミッドシップ横置き
• 排気量: 3996cc
• 最高出力: 500PS@8400rpm
• 最大トルク: 450Nm@6750rpm
• 駆動方式: 後輪駆動、7速DSG
• 全長/全幅/全高: 4456/1822/1267mm
• 乾燥重量: 1,481kg
• 0-100/0-200km/h加速: 3.6秒/11.3秒
• 制動距離: 100-0 km/h時 31.7m
• 最高速度: 315km/h
• 平均燃費: 8km/ℓ
• 価格: 141,338ユーロ(約1,978万円)より

結論:
これ以上官能的なクルマは、今のところない。ドライビングフィール、サウンド、スピード、そしてポルシェの魅力が凝縮されたミッドエンジンレーサーは、絶え間なく速いラップを求める欲望に駆られるのだ。同時に、「GT4 RS」は、ターボモンスターエンジンでなくても、リアサイレンサーで人工的なミスファイアノイズを出さないことも可能であることを示したのだ。要するに、トータルなレーサーの純度は相当に高いのだ。

【ABJのコメント】
我々のレポートに何回も登場し、そのたびに絶賛、絶賛、大絶賛の「ケイマンGT4 RS」。今回も、もう美辞麗句満載のレポートで、欠点など存在しないかのような完璧な自動車のような評価である。本当にこんなに素晴らしいのかどうか、おそらく一生乗ることができない私としては確認できないし、乗る機会があったとしても、「ケイマン」の中でも「GT4」の「RS」が、ほかの「ケイマン」のラインナップの中でもとびきり素晴らしいかどうかなど、比較レポートすることなどできないほどの高性能で完成度の高いモデルなのだろう。

私の周りでも「ケイマン」こそが、現代最高のポルシェと絶賛する人も多く、リアルスポーツとしては「911」よりもずっと上、という言葉を聞いたこともある。もちろん「911」が絶対的存在であることは間違いなく、乗って最高の「ケイマン」で「ポルシェのあがり」になるかというと、そういう簡単なことではないそうで、いやはやポルシェの世界というのは本当に難しく困難な世界である。「911」はいつまでも「911」。いくら「ケイマン」のほうが素晴らしい性能と成り立ちであり、「911」にいくばくかの矛盾点や欠点があったとしても永遠の存在ということなのだろう。

だが今回のレポートを読むと、本当に「ケイマンGT4 RS」は素晴らしいのだろう。どれだけ素晴らしいのか、希少で高価なモデル故に実感できる可能性はほとんどないが、それでもこれだけ絶賛されると体験してみたくなる。そしてこんなに素晴らしい内燃機関の自動車を、ポルシェは完全に止めてしまうのだろうか、と疑問すらわいてくるのである。(KO)

Text: Jan Horn
加筆: 大林晃平
Photo: Porsche AG