【F1グランプリ】フェラーリ ハンガリーGPで今シーズン二度目の表彰台を逃す いったい何がスクーデリアの問題あるいは課題なのか?

608

フェラーリ、ハンガリーGPで2回目の表彰台を逃す。シャルル ルクレールの作戦失敗も、マッティア ビノットがチームを擁護。

表彰台の後ろにある部屋で、レースのリプレイが映し出されると、2位のルイス ハミルトンは目を疑う。「彼らは本当にハードタイヤで走ったのか」と、シャルル ルクレールを指して、信じられないように尋ねた。

その答えは、F1パドックの専門家たちを驚かせた。ブダペストで行われたハンガリーGPで、スクーデリア フェラーリのエース、モナコ人レーサーは2度目のピットストップで、チームからホワイトタイヤを渡されたが、その時すでに、ケビン マグヌッセンのハースや、エステバン オコンとフェルナンド アロンソのアルピーヌのマシンには、ホワイトタイヤが効果をあげてないことが明らかになっていたのだ。

そして、それは必然的にやってくる。ルクレールは完全に失敗し、ドライバーズチャンピオンシップのライバル、マックス フェルスタッペンの格好の餌食となった。10番手からスタートし、レース中にスピンを喫したものの、現F1チャンピオンは、今季8勝目を挙げた。フェラーリは、サインツが4位、ルクレールが6位となり、タイトル獲得の可能性はまた遠のいた。

ルクレールの表彰台を台無しにしたフェラーリの戦略とは?

スクーデリア フェラーリは、先週末のフランスGPでの大惨事の後、夏休み前に反撃に出たかったのだろう。その代わりに次の作戦で大失敗を喫した。

全2幕のドラマ。39周目にマックス フェルスタッペンがピットインすると、フェラーリもルクレールとともに慌てて追従する。問題となったのは、各ドライバーが2種類のタイヤコンポーネントから選択しなければならなかった。イタリア勢はジレンマに直面する。レッドブルのオランダ人レーサーはソフトタイヤでスタートし、その後ミディアムタイヤを2回履くことができた。ルクレールはこれまでミディアムラバーのタイヤでしか走行していないので、ソフトかハードのどちらかのタイヤを選択肢、使わなければならない。しかし、ソフトコンパウンドではレース終了までの距離が長すぎる。結局そうせざるを得なくなったスクーデリア フェラーリは、ハードタイヤを選択する。そして、ルクレールは表彰台から滑り落ちた。

「すべてコントロールできていた」と彼はため息をつく。「”ハード”に切り替えた理由がわからない。実は、できるだけ長くミディアムタイヤでレースを戦いたかったんです」。ピットラジオでレースエンジニアにそう伝えたほどだ。ルクレール:「ペースには満足しているが、終盤は最悪だった。滑りまくりました。その時、私たちはレースに負けたのです」と悔やむ。

ルクレールとサインツ、ハンガリーで6位と4位に留まる

しかし、フランスGPでのクラッシュ後、フェラーリのスターは、「もちろん、それについて話し合うけれど、それはチーム内でやることだよ」と、責任の所在を明らかにすることを控えている。

ルクレールは終盤に再びピットインを命じられ、ようやくソフトタイヤを装着したが、その結果、6位に後退してしまったのだ。Sky TVのエキスパート、元F1レーサー、ラルフ シューマッハ: 「最後のストップは全く理解できない。その結果、また2つ順位を落としてしまったのです」。

そのため、シューマッハは今シーズン初めてチーム ボスのマッティア ビノットを訪ね、質問した。「フェラーリでワールドチャンピオンを狙えるという才能を手に入れたのに、それを無造作に捨ててしまうのは苦いことだし、難しいはずだ」。とチームボスに向かって語った。

ビノットはいい顔をしない。「何が悪かったのか理解するには、少し時間かかるだろう」と、車のせいにしながら認めている。「どのタイヤで走っても、マシンのパフォーマンスは期待通りにはいかなかった。マシンの調子が悪いと、コース上で正しいペースを刻み、ポジションをキープすることが難しくなる」とだけ述べてサーキットを後にした。

スクーデリア フェラーリのボス、マッティア ビノットへの批判が高まる

自己批判? まさか!? ビノットは「フランスでもオーストリアでも作戦は正しかったので、だいたい合っている」と肩をすくめる。「私たちは時々ミスをしますが、それは他の人たちも同じです」と述べている。

元F1ドライバーのジョニーハーバートは、「これだけ速いマシンを持っていて、すべてを勝ち取ることができたのに、この結果は恥ずかしい」と首をかしげるばかりだ。「このままではいけない。フェラーリはプレッシャーの中で再び失敗した」とイギリス人は言い、「レッドブルやメルセデスがやっていることをやるには、今、適切な人材を獲得する必要がある」と要求する。

ビノットの周辺の空気は薄くなりつつある。ルクレールはドライバーズ選手権で80ポイントの差をつけられた。コンストラクターズ選手権では、マラネロの伝統あるチームがレッドブルにすでに97点差をつけられている。そして3位のメルセデスは、すでに30ポイント差でフェラーリに迫っている。ハンガリーの大惨事と無慈悲なランキングを前に、「僕らのチームは素晴らしいし、彼らを信頼しているからともに戦っているんだ」とイタリア人のチームボスは口にしている。フェラーリは、いつまでビノットを信頼し続けるのだろうか。

Text: Frederik Hackbarth
Photo: autobild.de