【初テスト】改良されたシャーシでよりスポーティになったBMW M135i xDriveのドライビングレポート

1476

BMW M135i xDriveの改良されたシャーシは、そのスポーティさに納得がいくものだ。さらに、アダプティブ仕様では、甌穴(おうけつ)にも対応する。

スポーティでありながら、決してやり過ぎていない。実用的でありながら、魅力的。BMWの「ハーフM」モデルは、世界の狭間で少しばかり彷徨っている。その立ち位置は、「アウディの「Sモデル」やメルセデスAMGの「35/43」シリーズに似ている。そのため、ミュンヘンは今回、最も小さな「M135i」の印象的な部分であるシャーシを改良した。

1シリーズのトップモデルの性能データは、シングルターボの2リッター4気筒で306馬力のパワー、450ニュートンメートルのトルク、0から100㎞/hまで4.8秒、電子制御システムは250km/hで停止というスペックは変わらない。しかし、全体的に運転しやすくなった。加えて、全体としては明らかに運転に魅力があるものになった。BMWは2つのコンフィギュレーションを提供する。19インチタイヤを装着したスポーツサスペンション仕様と、18インチタイヤを装着したアダプティブサスペンション仕様だ。

荒路でラフな動きを見せるスポーツバージョンに比べて、アダプティブバージョンはより優しい動きを見せる。

セットアップがきびきびしていてハード

シャーシチューンナップされた「M135i」の動きは我々の予想通りだ。新しいのは、その足回りがユーモアレスでありながら、全体をきれいにダンピングしていることだ。スポーツモードでは、スロットルレスポンスは鋭く、いいのだが、やはりステアリングがしびれすぎる。一方、ギア比はちょうどいい。南ハルツ山地の人けのない蛇行した道路で、アンダーステアになるように走らせることを試みるも、フロントアクスルが保持されるため、アンダーステアは起こらない。

【車両データ】

モデル BMW M135i xDrive
エンジン 4気筒ターボ、フロント横置き
排気量 1998cc
最高出力 306PS@5000~6250rpm
最大トルク 450Nm@1800~4500rpm
駆動方式 全輪駆動、8速オートマチックトランスミッション
全長/全幅/全高 4319/1799/1434mm
乾燥重量 1525㎏
トランク容量 380~1200リットル
0-100㎞/h加速 4.8秒
最高速度 250km/h
テスト時平均燃費 13,5㎞/ℓ
価格 53,650ユーロ(約750万円)より

一方、アダプティブサスペンション搭載車(追加料金150ユーロ=約3万円のみ)は、快適な居住性とスポーティなタフネスを両立している。スポーツサスペンションは、本物のスポーツサスペンションより少し合成的な感じがする。ちなみに音は・・・。鈍い呻き声と頬杖をつくような音。残るは価格だけで、「M135i」は最低でも53,650ユーロ(約750万円)だ。374馬力の6気筒とリアヘビーな全輪駆動を備えた「M240i」は、わずか3,650ユーロ(約50万円)の追加料金で購入可能となっている。

BMW M135i xDrive ドライビングレポート

スポーティでありながら、やり過ぎていない。実用的でありながら、魅力的。BMWの 「ハーフM」モデルは、世界の狭間で少しばかり彷徨っている。ミュンヘンは今回、その最も小さな「M135i」の印象的な部分であるシャーシを改良した。
1シリーズの最上位モデルの性能データは、シングルターボの2リッター4気筒で306ps、450Nm、0-100㎞/h加速4.8秒、最高時速250km/hというのは変わらないが、全体としては明らかに運転に魅力があるものになった。
BMWは2つのコンフィギュレーションを提供する。19インチタイヤを装着したスポーツサスペンションと、18インチタイヤを装着したアダプティブサスペンションだ。
最初の道路のつなぎ目から、M135iは我々の背中に不機嫌そうに穴を踏みつける。しかし、それは私たちの予想通りだ。
足回りのチューニングはさすがの一言。全体をきれいにダンピングしている。スポーツモードでは、スロットルレスポンスは鋭く、いいのだが、やはりステアリングがしびれすぎる。しかし、ギア比はちょうどいい。
ハルツ山地の南部にある人気のない蛇行した道路で、アンダーステアになるように走らせてみるが、フロントアクスルが保持されるため、アンダーステアとはならない。
一方、アダプティブサスペンション搭載車(150ユーロ=約3万円の追加のみ)は、快適性とスポーティな硬さの境界線に位置している。
同時に、スポーツセッティングは、本物のスポーツサスペンションよりも、一段と合成的な印象を受ける。
M135iは最低でも53,650ユーロ(約750万円)で、374馬力の6気筒とリアヘビーな全輪駆動を備えたM240iは、わずか3,650ユーロ(約50万円)の追加料金で購入可能だ。

結論:
BMWは1シリーズを常に改良しているが、多くの場合、ユーザーに気づかれることはない。今回の足回りのアップデートは、コンパクトスポーツカーの良さを際立たせている。様々なシチュエーションに適応する。

Text: Alexander Bernt
Photo: BMW AG