【初テスト】新型アルファロメオ トナーレ ドライビングインプレッションを含むすべてのアップデート情報!

1643

トナーレは、アルファロメオが電気自動車の未来に踏み出す最初の一歩だ。275馬力のプラグインハイブリッドパワートレインを搭載したコンパクトSUVは、エコとスポーティの心を同時に満足させることを意味している。160馬力のハイブリッド仕様で初ドライブ!

スタディモデルの発表から3年後、アルファロメオはミラノで「トナーレ」の市販モデルを発表した。アルファがプラグインハイブリッド(275馬力)を搭載するのは初めてとなる。「トナーレ」は、ブランドの電気自動車の未来に向けた第一歩であり、プロジェクト名「la metamorfosi(The Transformation)」が、そのことを明確に示している。

また、アルファロメオによれば、この名前は、市販車に初めて採用されたNFT技術(Non-Fungible Token)の略であるという。このブロックチェーンベースの技術は、車の寿命が尽きるまで、すべての車両とワークショップのデータを安全に保存し、取り出すことができるように設計されている。「アルファロメオ トナーレ」は、2022年6月に発売され、価格は3万ユーロ(約420万円)前後からとなる見込みだ。今回、我々は、アルファロメオからのコンパクトSUV「トナーレ」をテストし、その性能を確認してみた。

ビジュアル面でも、市販の「トナーレ」はコンセプトカーを彷彿とさせるものがある

アルファ トナーレは、2019年のジュネーブモーターショーで公開されたスタディモデルを強く意識したものとなっている。最大の違いは、サイドミラーがカメラではなく従来のものであることと、ドアハンドルがフラッシュではなく弓形であることだ。それ以外は、ものすごく似ている。フロントは、「ブレラ」や「RZ/SZ」などを彷彿とさせる3つのU字型セグメントを持つフラットマトリックスLEDヘッドライト(標準装備)から険しい顔を覗かせている。

ボンネットに備わったロゴ入りのスクデットグリルはブラックアウトされ、エプロン下部の大型エアインテークは、ジュリアやステルヴィオと呼応している。ホイールアーチとスカートの光沢のある黒いトリムは、シックに見えるが、未塗装のプラスチックのように塗装の傷から保護するものではない。

トナーレのリアは、3Dデザインのほぼ連続したLEDバンドが特徴的だ。エプロンには、アウディSQ5のような2本のフェイクテールパイプを装備。

ホイールは、17インチと20インチから選ぶことができ、最も小さいものではクラシックなスチール製ホイールまで用意されている。リアには、ほぼ連続した帯状のライトと中央にトナーレのロゴがあしらわれている。そして、2本のエキゾーストトリムが、たくましいリアエプロンに装着されている。

外形寸法
全長: 4528mm
全幅: 1835mm
全高: 1604mm
ホイールベース: 2636mm
ラゲッジコンパートメント容量: 500リットル(リアシート折りたたみ時: 未定)

コンフィギュレーション可能なデジタルコックピットを備えたインテリア

コックピットには、アルファらしいレイアウトといくつかの革新的な技術が採用されている。スポーティなマルチファンクションステアリングホイールの後ろには、クラシックなアナログのアルファディスプレイを彷彿とさせる、設定可能な12.3インチのデジタルコックピット(標準装備)が搭載されている。ダッシュボードには10.25インチのインフォテイメントシステム(標準装備)を搭載。Alexaボイスコントロールが搭載されておリ、アルファロメオのアプリで遠隔操作も可能となっている。

カップ付きステアリングホイールと大型アルミニウム製シフトパドル(オプション)を装備したスポーティなコックピット。デジタルコックピットを構成することができる。

ドライビングダイナミクスコントロールとクライメートコントロールのボタンは、これまで通り別々に用意されている。価格表には「Super」、「Sprint」、「T.I.」、「Veloce」の4つの装備ラインが含まれ、「トナーレ」をより豪華に、あるいはよりスポーティに構成することが可能となっている。

500リットルの収納スペースを持つラゲッジコンパートメント

トランクや2列目のスペースの広さには驚かされる。リアのレッグルームとヘッドルームは、このクラスでは当たり前の約1.85mまでの人なら十分な広さだ。ただ、窓の傾斜のせいで開放感がないのと、ベンチシートの形状をもっと工夫してほしいというのが第一印象だ。

ダブルローディングフロアを採用したラゲッジルームは、最大500リットルの荷物が収納可能だ。このクラスでは抜群の価値を持つ。

一方、ラゲッジルームは500リットルの収納スペースを確保している。それも、このクラスでは驚異的な数字だ。アルファロメオは、後席を倒した状態での正確な数値をまだ教えてくれなかった。後席の背もたれにはハッチがあるが、3分割ではなく2分割でしか倒せないのが小さな批判点だ。

上部の傾斜した窓のラインにより、リアは実際の広さよりもかなり狭く見える。いずれにしても、スペースは十分にある。

NFT技術により、すべての車両データを保存

アルファロメオによると、NFT技術(Non-Fungible Token)の採用は、自動車製造において世界初とのことだ。簡単に言うなら、すべての車両や走行データ、ワークショップの訪問記録などが、「トナーレ」ごとに暗号化されて別々に保存されるようになっている。これにより、「トナーレ」のオーナーは常に自分のクルマの状況を把握することができ、特に中古車購入者にとっては嬉しい走行距離の不正操作の心配もなくなる。

アルファロメオによると、「トナーレ」の購入者は、注文時にこの技術を搭載するかどうかを選択することができるそうだ。このNFT技術は、他のアルファのモデルにも順次搭載される予定だ。

最高出力275馬力のプラグインハイブリッドをエンジンオプションとして設定

「トナーレ」は、アルファロメオで初めてプラグインハイブリッドパワートレインを搭載したモデルとなる。これは、アルファが2027年から、ほぼすべての市場で電気自動車に依存する計画を前に、同ブランドにとって電動化の第一歩となるものだ。PHEVは、前軸に180馬力の1.3リッターガソリンエンジン、後軸に90kW(122馬力)の電動モーターを組み合わせ、全輪駆動を可能にしている。システム合計出力は275馬力、システムトルクは500Nm以上となっている。これにより、コンパクトSUVは6.2秒で0から100km/hまで加速できるようになる。

ベローチェの装備は、スポーツのためのものだ。T.I.を注文すると、シルバーグレーのボディアクセントがつき、よりシックになる。

前後重量配分は52対48%、マクファーソンストラットとアジャスタブルダンパーにより、コーナリング性能も申し分ないはずだ。15.5kWhのバッテリーを搭載した場合、電動走行距離は約60km、純市街地モードでは最大80kmとなる。最大7.4kWの充電が可能だ。

ディーゼルエンジン、ハイブリッドエンジンも選択可能

また、1.5リッターターボ4気筒と48ボルトの電動システムを搭載したハイブリッド車も2種類用意される。それぞれ130馬力と160馬力を発生し、7速デュアルクラッチと前輪駆動が採用されている。電動モーターはギアボックスのハウジング内にあり、15kW(20馬力)の出力を発揮し、0.8kWhのバッテリーと合わせて、駐車時などの電気走行も可能になるはずだ。そして、130馬力の1.6リッターディーゼルと6速デュアルクラッチを変え備えたモデルで、ラインナップは完成する。

欧州以外の市場では、カルダンシャフトを介した古典的な全輪駆動を備えた256馬力のガソリンエンジンも用意される予定だ。アルファロメオがどこかのタイミングでエクストラホットの「QV」バージョンを追加する可能性はあるが、その可能性は極めて低い。「トナーレ」の「SCCS」プラットフォームでは、純粋な電気自動車は作れないのだ。アルファロメオ初の電気自動車という栄誉は、おそらく「ブレネロ」という小型SUVに譲られるだろう。

2022年6月に30,000ユーロ(約420万円)前後から市場投入

「トナーレ」は2022年6月に販売店に導入される予定だ。当初はハイブリッドのみで、PHEVは少し遅れて追随する予定となっている。価格は未定だが、プラットフォーム兄弟である「ジープ コンパス」がベースとなるようで、そうすると、エントリー価格は約3万ユーロ(約420万円)、PHEVは4万5千~5万ユーロ(約630~700万円)になるはずだ。

160馬力のアルファ トナーレの走り

160馬力バージョンの「トナーレ」に乗り、すぐに走行音の低さに驚いた。ガラガラ音や風切り音がしないことも、上質な印象を支えている。しかし、そのパワーはどこにあるのだろうか? 自発的にアクセルを踏み込むと、体感的に・・・。あまりない 標準装備の7速デュアルクラッチギアボックスの調整には十分な時間が必要だが、高回転を長時間維持することができる。加速感は限定的で、エンジンは緊張しているようで、昔のダブルノッカーにあった伝説的な回転数はない。

非常にソフトで合成的なステアリングにも幻惑される。アダプティブサスペンションは、硬いか非常に硬いかのどちらかだが、それでもアンダイナミックな感じがする。しかし決して誤解のないように。通勤や買い物などのドライブには問題ない。でも、本物のアルファとしては、やや物足りないというのが実感だ。

アルファロメオ トナーレ(2022)

2019年のジュネーブショーに出展されたトナーレのプロトタイプ。

新型「アルファロメオ トナーレ」はビジュアル的には、2019年のジュネーブショーで公開されたスタディモデルを強く意識したものとなっている。フロントでは、フラットマトリックスLEDヘッドライト(標準装備)から、「ブレラ」や「RZ/SZ」などを彷彿とさせる3つのU字型セグメントを持つ顔を備えている。エプロン下部の大型エアインテークは、「ジュリア」と「ステルヴィオ」から引用されている。ホイールアーチやスカートのグロスブラックトリムは、シックな印象だ。ホイールは17インチと20インチから選択可能。リアには、ほぼ連続した帯状のライトと中央に「トナーレ」のロゴがあしらわれており、2本のエキゾーストトリムは、たくましいリアエプロンに埋め込まれている。

スポーティなマルチファンクションステアリングホイールの後ろには、クラシックなアナログのアルファディスプレイを彷彿とさせる、設定可能な12.3インチのデジタルコックピット(標準装備)が配置されている。ダッシュボードには10.25インチのインフォテイメントシステム(標準装備)を搭載。Alexaボイスコントロールが搭載されておリアルファロメオのアプリから遠隔操作することも可能となっている。ドライビングダイナミクスコントロールとクライメートコントロールのボタンは、これまで通り別々に用意されている。ラゲッジルームや2列目のスペースは意外と広い。リアのレッグルームとヘッドルームは、身長約1.85mまでの人なら十分な広さを確保している。ただ、空間的な広がりはあまり感じられず、シートの形状をもっと工夫してほしいというのが第一印象だ。一方、ラゲッジルームは500リットルの広い収納スペースを確保している。

「トナーレ」は、アルファロメオとして初めてプラグインハイブリッドドライブ(システム出力275馬力、全輪駆動)を搭載したモデルだ。15.5kWhのバッテリーを搭載し、電気航続距離は約60km、純粋な市街地走行では80kmまで可能で、最大7.4kWの充電が可能となっている。さらに、130馬力のディーゼルに加え、130馬力と160馬力の2種類のハイブリッドがあり、純電動式駐車場にも対応している。「トナーレ」は、2022年4月上旬に受注を開始し、6月に販売店のショールームに並ぶ予定(当初はハイブリッド車のみ)。価格は3万ユーロ(約420万円)前後からスタートし、PHEVは4万5000〜5万ユーロ(約630~700万円)になる見込みだ。

Text: Malte Büttner and Moritz Doka
Photo: Alfa Romeo