【初テスト】日本で人気の小型SUV 新型トヨタ ヤリス クロスのハイブリッドバージョン

70

マイクロアドヴェンチャーのトヨタ ヤリス クロス ハイブリッドに初試乗。今、小型のクロスオーバーが人気だ。トヨタもその流れに乗りたいと考え、ヤリス クロスを発売した。

「クロス(Cross)」。
目立たない5つの文字が、実際の意味(クロス)を失って久しい。
しかし、今、その5文字は、アクティブなアドベンチャーを約束する。
オペルは「クロスランド(Crossland)」、VWは「T-Cross」、そしてシトロエンは「エアクロス(Aircross)をSUVモデルに加えている。
そして、トヨタは「ヤリス」に「ミラクル」という言葉を加えた。

しかし、この言葉には、単なるSUVではないという意味が込められている。
「ヤリス クロス」は、小型車ベースのモデルとは視覚的に確実に一線を画している。
これは主に、メーカーが、「クロス」の仲間に、全方向で数センチを追加したことによるものだ。
4.18メートルの「ヤリス クロス」は、ミニSUVとしては最高の大きさで、標準型ヤリスよりも24センチも長くなっている。
1.60メートルの高さは、技術的には10センチも高く、現代的なフロントエンドの幅は1.77メートル(+2センチ)で、より際立っている。
形的には徹底的に成功しているが、その形式は限られた範囲にとどまっている。

ある程度の広さ: クロスは、通常のヤリスよりも全方向に広いスペースを確保している。しかし、背の高い人にとっては、後部座席はかなり窮屈になってしまう。

ヤリスは空間の奇跡ではなくなる

そして、ホイールベースが2.56メートルと変わらないにもかかわらず、室内空間は「ヤリス」よりも広い。
身長1.90メートル弱までは、前席でもまったく問題ないが、背の高い人が快適にくつろぐには、最後の数センチが足らない。
肘幅、頭上スペース、足元スペース・・・、すべての面で「VW T-Cross」のほうが、余裕がある。
少なくともフロントシートのクッションはしっかりしているが、もう少し大きくてもいいかもしれない。
延長可能な太ももサポートがあれば、かなり改善されるだろう。
2列目のシートは、ちょっと窮屈な感じがする。
しかし、犬を飼っていたり、スペースを必要とする趣味を持っていたりする、小さな家族やカップルは、より快適に旅行することができるようにできている。

また、決して大きくはないが、非常に機能的なトランクも喜ばれている。
分割されたバックレスト、フラットなフロア、コンパートメントやフックなど、すべてを入れてすべてを出すことができるようになっている。
さらにアドベンチャー以降のカーゴパッケージには、3分割バックレスト、フットセンサー付き電動テールゲート、60:40分割のダブルロードフロアが標準装備されている。
後者は確かに絶対的な購入理由にはならないものの、オリジナリティのあるソリューションだ。

よくできている。ヤリス クロスは操作系などが簡単で、素材や作りも良い。

納得のいく操作性とアシスト

コックピットもスマートだ。
明瞭に配置されたデジタル機器、中央のタッチモニター、そして何よりも、重要な機能のためのショートカットキーと、リアルスイッチのコントロールが魅力的だ。
また、このクラスとしてはかなりしっかりした作りになっており、品質感もまずまずだ。
また、コネクティビティ(接続性)についても不満はない。
一般的な携帯電話は接続され、ワイヤレスで充電できるようになっている。
音声アシスタントは注意深く耳を傾けてくれるが、適切な言葉を要求されるので、「お腹が空いた」などの個別のアナウンスでは期待した結果にならない。
また、小型の「クロス」には、充実したアシスタント機能が搭載されていることも特筆すべき点だ。
アダプティブクルーズコントロールから車線逸脱警報まで、その多くはすでに標準装備されており、LEDマトリクスライト、ブラインドスポットワーニング、ブレーキインターベンション付きリアビューアシストなどは、追加料金を支払えば、追加の保護が提供される。

1.5リッター3気筒エンジン(ターボなし)は92馬力、電気モーターは82馬力を発揮するが、2つのパワーユニットが同時にフルパワーを発揮することはないので、システム出力は116馬力となる。1249kgという気持ちの良い軽さではあるが、決して速くはない。どちらかというとキュートでダイレクトなステアリングと合わせて、ヤリス クロス ハイブリッドは、快適性を重視している。
残念ながら、もっとパワーが必要な場合は、3気筒エンジンがすぐに出番となる。小さなバッテリーは、プラグを介してではなく、走行中のブレーキエネルギーによって充電される。モードの使い方によっては、スピードが出過ぎず、使い勝手の良い快適な足回りも気持ちいい。
価格は22,690ユーロ(約300万円)からで、我々のテスト車は30,000ユーロ(約396万円)近くになる。参考として、110馬力でDSGを搭載したVW T-Crossの価格は23,635ユーロ(約312万円)からとなっている。

結論:
「ヤリス クロス」が多くの共感を集めているのは、モダンなデザインとハンディなフォーマットを兼ね備えているからだ。
充実した装備や低燃費も魅力だが、広さや走行性能はあまり期待できない。
AUTO BILDテストスコア: 3+

Text: Gerald Czajka und Dennis Heinemann
Photo: Toni Bader / AUTO BILD