アウディ Audi RS 3 がニュルブルクリンクで記録更新!

61

Audi RS 3がコンパクトクラス最速モデルとなる

7分40秒748。Audi RS 3 Sedanが、ニュルブルクリンクのノルトシュライフェ(北コース)で、これまでのコンパクトクラスのラップタイムレコードを4秒64上回り、新記録を樹立。ステアリングを握ったのは、レーシングドライバー兼開発ドライバーのフランク スティップラー。

・7分40秒748。コンパクトセグメントにおける新記録を達成
・トルクスプリッター、セミスリックタイヤ、RSスポーツサスペンションプラスによる理想的なセットアップ

「グリーンヘル」(緑の地獄)と呼ばれる過酷なコースでの記録達成には、リヤアクスルのトルクを完全に可変配分できるトルクスプリッターが大きく貢献。トルクスプリッターは、アウディの量産モデルとしては初めてRS 3に採用されたものである。

アイフェル山脈に広がるニュルブルクリンク ノルトシュライフェでのタイムアタックは、理想的な気象条件の中、Audi Sportレーシングドライバー兼開発ドライバーのフランク スティップラーがステアリングを握って行われ、記録となるラップタイムを計測する前に、チームが行った作業は、ピレリ P Zero “Trofeo R”セミスリックタイヤの空気圧を、サーキットコンディションに合わせて調整しただけ。スティップラーは、次のようにコメントしている。「このような記録を出せるチャンスは、 いつでもあるわけではありません。だからこそ、走行前につねにファインチューニングを実施する必要があるのです。特にタイヤ空気圧に関しては、トルクスプリッターの機能にも影響を及ぼします。そして、私たちのアプローチは成功しました。この日は、すべてがうまくいきました」

セグメント最高レベルの加速と最高速度

この記録達成で主役を演じたのが、新型Audi RS 3に搭載される伝説的な5気筒ターボエンジンだ。この最新世代のコンパクトスポーツカーでは、2.5 TFSIエンジンのトルクがこれまで以上に高められており、RS 3 SportbackおよびRS 3 Sedanの0~100km/h加速は3.8秒。RSダイナミックパッケージとセラミックブレーキを装着すると、最高速度は290km/hに達る設定。Audi RS 3は、加速性能および最高速度においてもクラス最高の数値を誇る。

敏捷性を最大限に高めるトルクスプリッター

この新しいテクノロジーは、左右のリヤホイール間で、駆動トルクを完全に可変配分する。各ドライブシャフトはそれぞれ電子制御式のマルチプレートクラッチがあり、スポーティな走行をすると、システムはコーナー外側の後輪のトルクを増加させる。それにより、左右駆動輪の推進力に差が生まれ、コーナー進入時の挙動が改善されるとともに、ステアリング操舵角に対する追随性がより正確なものとなる。その結果、特に高速でコーナリングする場合に、最適な安定性と最大の敏捷性が両立できる。

サーキット走行用に特別に設計されたRSパフォーマンスモード

トルクスプリッターの特性は、アウディドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステムを介して、用途、路面状況、ドライバーの好みに応じて、さまざまなモードに変更することができることだ。トルクスプリッターは、新開発されたRSパフォーマンス ドライビングモードと組み合わせることで、アンダー ステアおよびオーバーステアを最小限に抑え、狙った走行ラインに沿った、非常にダイナミックでスポーティな走りを実現する。これにより、コーナー出口でより早く加速することが可能になり、ラップ タイムも短縮される。RSパフォーマンスモードを選択すると、今回初めて工場出荷時に装着することが可能になったオプションのピレリP Zero “Trofeo R”セミスリックタイヤに合わせて、エンジンやトランスミッションも制御が最適化され、ニュルブルクリンク北コースでラップタイム 記録を出すための理想的なセットアップとなる。

さらに、RSスポーツサスペンションプラスでは、オプションでアダプティブダンパーコントロールも 装着することが可能。このシステムは、路面条件、運転状況、アウディドライブセレクトで選択されたモードに合わせて、各ショックアブソーバーを連続的かつ個別に調整するというもの。RSパフォーマンスモードには、異なる性質のサーキット用に2つのセットアップが用意されています。1つは、ノルトシュライフェのように起伏の激しいサーキットに適したモード。このモードでは、優れたコーナリング性能を維持しながら、アンジュレーションに対するボディの揺れを柔軟に抑え込み、もう1つは、 ホッケンハイムのようにフラットな路面に適した設定。RS用に調整され、ステアリング操舵角に 応じてギア比を変化させるプログレッシブステアリングは、路面からの情報をダイレクトにドライバーに伝え、ステアリングを切るにつれて、ギア比も小さくなり、ステアリングフィールは非常にダイレクトなものに変化する。

Text&photo: AUDI AG./Audi Japan