【ありえねー!】え?これですか?ランボです(笑)世界には変態がいる しかし6輪のランボルギーニ ウルスというのは・・・

7709
- Advertisement -

6輪のランボルギーニ ウルス: ランボルギーニ ウルスのチューニングカーは珍しくない。しかし、6輪のウルスは・・・。

アメリカの超変わり者?「ランボルギーニ ウルス」があなたにとって少し控えめすぎるなら、このコンバージョンがうってつけだ。目立つことだけは間違いない。「ウルス」の4輪を6輪にしただけ?追加タイヤがランボルギーニに視覚的に良い影響を与えるかどうかは議論の余地がある。余分なスペースがどのように活用されるかも不明だ。収納スペースの拡大や3列目シートの設置は可能だろう。

いずれにせよ、6×6への改造は容易ではなかった。「ウルス」のルーフはBピラーの後ろで切り落とされ、延長された。3つ目の窓も追加された。古い写真では、「ウルス」にはまだメルセデスのタイヤが装着されていたが最近の写真では、「ウルス」に6本のマッチングタイヤが装着されている。

残念ながら、「ウルス」が搭載する666馬力のV8ツインターボエンジンによって、2つのリアアクスルが実際にどの程度駆動されているかはわからない。そのため、本当に6×6なのかどうかはわからない。総じて、このコンバージョンはまだ最終決定していないようだ。今後この「ウルス」に何が施されるのか、ある意味で楽しみでもある。6輪の「ウルス」がこれ以上オフロード性能を高めることはないだろう。しかし、その改造は並外れたものであることは間違いない。通常の4輪「ウルス」ドライバーからの羨望(軽蔑?)の眼差しは避けられない?

結論:
「ランボルギーニ ウルス」に2つのホイールを追加するのは確かにユニークであり、ある意味クリエイティブとも言えよう。しかし、私見ではあまりかっこ良くは見えないし、追加ホイールがハンドリングに良いとは到底思えない。

Text: Jasper Bitter
Photo: instagram/carlifestyle