横浜ゴム「ADVAN]パイクスピーク・ヒルクライムの2部門でクラス優勝

47

横浜ゴムのグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」装着車が2021年6月27日に米国・コロラド州で開催された「第99回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」の2部門でクラス優勝※を果たした。

優勝したのは、パイクスピークオープンクラスの「2015 Porsche BBI Turbo Cup」、エキシビジョンクラスの「2021 Tesla Model S Plaid」。また、オープンホイールクラスでは昨年、総合優勝を飾った父のClint Vahsholtz選手から優勝マシン「2013 Ford Open」を受け継いだCodie Vahsholtz選手が2位を獲得。さらにタイムアタック1クラスでもヨコハマタイヤ勢が3位を獲得するなど活躍した。なお、「ADVAN A052」のワンメイクで競われる「ポルシェ パイクスピークトロフィー by Yokohama」クラスではTanner Foust選手がクラストップでフィニッシュした。

パイクスピークオープンクラスで優勝したRaphael Astier選手の「2015 Porsche BBI Turbo Cup」
エキシビジョンクラスで優勝したRandy Pobst選手の「2021 Tesla Model S Plaid」

「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」
1916年から開催されている伝統あるヒルクライム競技で、別名「雲へ向かうレース」と呼ばれ、標高2,862mのスタート地点から標高4,300m にあるゴールまでの約20kmで競われる過酷なレース。

※ワンメイクで競われる「ポルシェ パイクスピークトロフィー by Yokohama」部門でのクラス優勝を除く