このEクラスですか? たったの800馬力です ブラバス製ハイスペックAMG E 63 S その中身と値段

110

サブネームは “THE WOLF IN SHEEP’S CLOTHING”

ブラバスは、フェイスリフトされたAMG E 63 Sにさらに手を加え、800馬力という大量のパワーを絞り出した。その結果、セダンとエステートでスーパースポーツパフォーマンスを実現した。新着情報をお届けする。

「E 63」の最新のフェイスリフトでは、メルセデスAMGは快適性を重視した。
性能面では、Sモデルでおなじみの612馬力にとどまった。
チューナーのブラバスは、改良型「E 63 S」のために強力なパフォーマンスキットをまとめ、さらなる力強さを提供している。
控えめなアピアランスパッケージと相まって、最大で800馬力の出力が可能となっている。
そしてこのチューニングは、セダンとエステートの両方のモデルに用意されている。

0~100km/h加速が3秒に

E 63 S(全輪駆動、9速オートマチック)では、4リッターツインターボV8が最高出力612馬力、最大トルク850Nmを発揮する。
ブラバスは、より大型で強力なターボチャージャー、点火・充電・噴射圧の調整、エアインテークの最適化などにより、188馬力と150Nmのパワーアップを実現した。
これにより、セダンは0~100km/hを3秒でスムーズに到達することができる一方、ステーションワゴンはそれよりも0.1秒だけ遅いタイムだ。

またどちらのモデルも最高速度は300km/hで、電子制御で制限されている。
また、ステンレス製のフラップ式エグゾーストの音が、車内に響き渡る。
ブラバスは、ボディにいくつかのカーボンパーツも用意している。
グリルインサートが吸気ダクトを最適化し、フロントスプリッター、リアディフューザー、そしてセダンではリアスポイラーエッジがダウンフォースを増大させている。

ボディキットは控えめに。このメルセデスが800馬力を備えていることを見て取れる人はほとんどいないだろう。

価格には3年間の保証が含まれている

ホイールについては、最大21インチの直径を持つさまざまなデザインのホイールを選択することができるようになっている。
写真の車両には、9インチと10.5×21インチのモノブロックホイール「プラチナムエディションZ(Platinum Edition Z)」が装着され、255/30と295/25のタイヤが装着されている。
「E 63」は、エアサスペンションのロワリングモジュールを介して、走行モードに応じて10~20mm道路に近づくように車高を下げることができる。
コックピットには、ドアピンやイルミネーション付きのドアシルトリムなど、数多くのアルミニウムパーツが採用されている。
しかし、ブラバスらしく、コックピット内の豪華さには限りがない。
価格はリクエストに応じて公開されるが、3年または10万kmの保証が含まれている。
「メルセデスAMG E 63 S」のセダンは最低でも126,806ユーロ(約1,700万円、日本市場価格=1,867万円)、エステートは129,698ユーロ(約1,740万円、日本市場価格=1,912万円)からとなっている。

800馬力、そんな飛行機みたいなパワーを「Eクラス」に載せて大丈夫かと思ってしまうが、そこはなんとか電子制御でフォローするのだろう。そしてそもそもの「W213 Eクラス」も、基本的にはしっかりしているという証明なのかもしれない。
そうでなければ800馬力というパワーは受け止められないし、いくら様々な電子制御で帳尻合わせしても、必ず破綻してしまうだろう。
それにしても昔の、名車と呼ばれた「W124 500E」は、「たった」330馬力だった。今回の「ブラバスAMG E63 S(ブラバスでAMGというのも、そもそも違和感があるのだが)」は、そんな「500E」の二倍以上のパワーを持っている…。なんとも恐るべき時代になったものである。

Text: Moritz Doka
加筆: 大林晃平
Photo: BRABUS