【新車情報】X5の燃料電池バージョン BMW i Hydrogen Next正式発表

42

BMW X5の燃料電池バージョン登場。BMWからハイドロゲン(水素)を燃料とするX5の新しい詳細が発表された。このSUVは、2022年からスモール(少量生産)シリーズで製造され、BMWの最新世代の電動モーターを搭載する。すべての情報をお届けする。

2019年、BMWは「X5」の水素仕様を発表したが、2022年には今度は「BMW i Hydrogen Next(ハイドロゲン ネクスト)」が実現する。
燃料電池を搭載したパワートレインは、システム出力が最大275kW(374馬力)となる予定で、iX3 e-SUVに搭載されている。
また、水素仕様BMWでは、燃料電池のみで、125kW(170馬力)の電気出力を得ることができるようになっている。
発電に必要な水素は、700バールのCFRP製高圧タンク2基にガス状で貯蔵される。
BMWによれば、このタンクには合わせて最大6kgの水素を貯蔵することができるようになっているとのこと。
短時間の走行に必要なエネルギーを確保するため、BMWはトランクの下に設置されたバッテリーパックに電気を蓄える。

2つの水素タンクのうち1つは、X5のジンバル(1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種)トンネルを使用。

2022年に少量生産シリーズ化を予定

しかし、大量生産はまだ予定されていないとのことだ。
BMWの元開発担当取締役のクラウス フレーリッヒは、2019年に、「我々の視点では、エネルギーキャリアとしての水素は、まず十分な量が、グリーン電力で、競争力のある価格で生産されなければなりません」と、適切な生産のための前提条件について述べている。
さらに、BMWの目には、2021年になっても給油所の適切なインフラが不足していると映っている。
枠組みのための条件が整っていない限り、ミュンヘンに本拠を置くメーカーは、顧客に水素自動車を販売したいとは考えていないようだ。

X5の水素駆動用の部品の多くは、ランツフート(バイエルン州)のBMW工場で生産される。

視覚的な変更を加えたBMW X5

「Hydrogen Next」は、ひと目で「BMW X5」であるとわかるようにするため、外観上の変更は最小限にとどめられている。
しかし、その一方で、このBMWには、「BMW i」モデルであることを示す多くのブルーのアクセントが施されている。
例えば、ボンネットにはブルーの特別なパターンが施され、エプロンのエアインテークにもブルーのエレメントが装着され、非常に大きくなっている。
サイドでは、アクセントの効いたアルミホイールが目を惹く。
そしてリアには、ディフューザーと小さなウィングレットが装着されている。

BMWの長年の課題である水素

このスモール(少量生産)シリーズに搭載される燃料電池技術は、BMWとトヨタが共同で開発したものだ。
両社は2013年から協力関係にあり、2015年夏からはBMWが燃料電池を搭載した「5シリーズGT」のフリートで、共同開発したパワートレインの実用性を検証している。
BMWは、長年にわたり燃料電池車の開発に取り組んできたが、これまで大きな成果は得られていない。
2002年に、「E66 7シリーズ」をベースにした「BMW Hydrogen 7」を100台生産したものの、販売には至らなかった。

E66をベースにしたBMW Hydrogen 7は、わずか100台しか製造されなかった。

当時のミュンヘン市長、クリスティアン ウーデをはじめとする、セレブや著名人、そして政治家たちが、「Hydrogen 7」をリースベースで受け取っていた。
水素は、燃料電池ではなく、ピストンエンジンに注入される。
「BMW 760i」のエンジンを少しアレンジしたものが駆動源となっている。
しかし、水素エンジンのため、出力はかなり低い。
ガソリンエンジンでは445馬力、600Nmを発揮するが、「Hydrogen 7」では260馬力、390Nmにとどまっていた。

Text: Andreas Huber
Photo: BMW