ゴールデンステアリングホイール賞2020 大型SUV 勝者は?

77

起亜がBMWとアストンマーティンに挑戦?

これは起亜にとっての金字塔である!

続いてはプレミアムSUVと呼ばれる高価格帯となるカテゴリーの登場だ。

ゴールデンステアリングホイール賞2020: 大型SUV
韓国の起亜が「最大の大型SUV(the biggest of the big SUV)」となった。
新型ソレントは、韓国のメーカーが成功している理由を端的に証明する。
それはほんの数年前には考えられなかったことだ。
起亜がBMWとアストンマーティンに挑戦?
ショック!?
しかし、読者やユーザーは、それを望んでおり、そのように評価し、ソレント、X6、DBXに投票、ファイナリストに選んだ。
そしてこのファイナリストに選ばれた3台が決勝に挑むこととなった。
ヒートアップしたレースはすぐに展開され、続いた。
多くの審査員たちが、そのスタイルによってアストンマーティンを愛していた。
偉大なるその趣と、推進力と回転の飽くなき喜び。
しかし、その燃費の悪さ、ハイクオリティとは言えないオンライン接続、または非常に高いコストのためにアストンDBXは3位に終わる。
2位のBMWのX6もパフォーマンス的には、同等だったが、トップポイントを得たのは、これまたコネクティビティのカテゴリーでだけだった。
新型起亜ソレントは、すべてを冷静にそして熱心にポイントを獲得した。
すべてのカテゴリーで。
多くのスペースと明快さを持つ最高の日常的な使用車として、パフォーマンスも良く、コネクティビティもきちんとしており、好燃費で、価格もリーズナブルだ。
最強でも最速でもないが、最終的には最高点だった。

第1位: 起亜ソレント
金メダルに起亜: サプライズ ウィナー? 多くの人にとってはおそらくそうだろう。しかし、絶対に勝者に値する。

第2位: BMW X6
銀メダル: 優れたパフォーマンスを備えるXXLサイズのBMW SUV。

第3位: アストンマーティンDBX
銅メダル: 高貴で、強靭で、多くの人から望まれている人気の高いSUVだ。

品質、動力ではBMW、アストンマーティンに水をあけられている起亜だが、コネクティビティ、価格が高得点を得たことで総合点を伸ばすこととなった。

Photo: C. Börries