【新着情報】購入アドバイス マツダ2 優れた動力性能の他にお勧めの点は何? 

421

マツダ2: 購入アドバイス

ヨーロッパではマツダ2はどのように評価されているのだろう? ドイツ人の評価をお届けしたい。小さなマツダは、常に良い走りを約束してくれる。市場投入から5年後の2020年初頭、マツダの小型2シリーズがフェイスリフトを受けた。我々はテストでその評価を改めて行う。

全長約4メートル、ホイールベース2.50メートル、エンジンはフロント横置き、前輪駆動という、一見するとありきたりの小型車に見えるマツダ2。
しかし、マツダ車はいつものように、一見すると型にはまらないようなところに解決策が施されている。
最も重要な例は、1.5リッターガソリンエンジンで、ダウンサイジングとターボチャージャーの両方を回避し、代わりに両方のパワーレベル(75と90馬力)で13:1の比較的高い比率で圧縮されるということだ。
運転席では高圧縮比に伴うエンジンの荒れた走行音を聞くことはない。

6リッター以下の消費量も問題なし

それだけでなく、高速走行時の騒音レベルの低さも魅力のひとつだ。
そして、3速で160km/hに到達する。
思い出してください。このクルマは、400馬力以上の馬力を出す太った5リッターエンジンではなく、冒頭で述べたように4気筒エンジンで、この場合は90馬力バージョンだ。
3速以降の長いギアレシオは、高速回転で瞬時に反応するエンジンとダイレクトなラック&ピニオンステアリング、歯切れの良いギアシフト、そして俊敏なシャシーチューニングの組み合わせから得られるはずの喜びをスポイルしているのが実に惜しいが…。
その代償として、実質燃料消費量は6リッター(リッターあたり約17キロ)を切る。
マツダのマイルドハイブリッドのアプローチは、コスト削減にも役立つ。ブレーキ時に電気エネルギーをコンデンサーに回収し、それを電気消費者への供給に利用している。

マツダ2は、90馬力のガソリンエンジンとして、堂々とした走りをする。そして少しスポーティな走りでもある。

小さいとはいえ、マツダ2はかなり混乱させる

最初の印象では、可憐なマツダ2は当然小型車として分類されていただろうが、実際にはポロと同じくらいの長さがあり、小型車の中でも比較的大きなサイズのモデルの仲間入りをしている。
プロフィールを見ると、その理由がわかる。
長くて緩やかな傾斜のフロントエンドを持つ半球形の室内は、かなり良い空力音響効果を提供するが、使用可能なスペースを大幅に減らしている。
例えば、車内の座席位置が十分に低いにもかかわらず、身長1.86mのテスターの視界にはすでにかなりの量のヘッドライナーが入り込んでおり、フラットで長いAピラーはそれをさらに減少させている。
つまり、オフや信号待ちの際には、脱臼のような頭の動きが時々必要になるのだ。
全体的に、マツダ2は小さい車の割には戸惑うことが多い。
後方操作でもストレスがたまる。
リアビューカメラの装着をお勧めしたいところだ。
そして一体何が我々を押しとどめているのだろうか?
その説得力のない価格設定だ。
エクストラはトップ装備のスポーツラインでのみ利用可能だ。
そして、それらはガソリンエンジンモデルには付いていない。
そしてスポーツラインを選択すると、いきなり5500ユーロ(約68万円)の値上げ、基本価格を38.75%上回ってしまう。
そして、テクノロジーパッケージにさらに800ユーロ(約10万円)を支払う必要がある。
それは我々にとっては多すぎる。
リアとトランクは、フロントよりもはるかにタイトだ。
2列目は、レッグスペースはそれほどタイトではないものの、丸い屋根がヘッドスペースを奪っている。

シャープに傾斜したルーフラインが後部座席に乗る背の高い乗客を窮屈にする。

センターライン装備がお勧めだ

基本装備はとても充実しているとは言えないものの、LEDヘッドライト(ハロゲンデイタイムランニングライト付き)、コンフォートインジケーター、およびスタートボタンがすでに含まれている。
さらに、運転席も高さ調節可能だが、背もたれの設定を調整するには、レバーではなく、より正確なギザギザのあるホイールの方が正確に調整できる。
ベースモデルの場合、いくつかのメタリック塗装を除けば、価格表にはオプションはない。
しかし、これには、いくつかの魅力的なセットオプションが用意されていることを意味する。
エクスクルーシブラインには、控えめなレーン逸脱警報装置が装備され、ツーリングパッケージにはブラインドスポットディテクター(890ユーロ=約11万円)が含まれているので、本体価格は19,000ユーロ(約237万円)にまでアップする。
スポーツラインだけが緊急ブレーキアシストを搭載している。
それは多くの競合他車が標準装備しているものだ。
テクノロジーパッケージナンバー2(1,000ユーロ=約12万5千円)には、360度カメラとアダプティブクルーズコントロールが追加される。

素材や加工品質は小型車セグメントの中では最先端。

テクニカルデータ: マツダ2スカイアクティブG-90(マイルドハイブリッド)
● エンジン: 直列4気筒、フロント横置き ● 排気量: 1496cc ● 最高出力: 90PS@6000pm ● 最大トルク: 148Nm@4000rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT / 6速AT ● 最高速度: 177km/h ● 0-100km/h加速: 9.8秒 ● 燃費: 16.9km/ℓ ● CO2排出量: 133g/km ● 価格: 16,890ユーロ(約211万円)より

結論:
何という喜び!
今回90馬力のマツダ2に乗って、旧き良き時代にタイムスリップしたような気分になった。その小さなエンジンは、このターボの時代にあって、とても優れた小さな芸術品とも言える。スロットルレスポンスはダイレクトな上に、6000回転超の高回転型で素晴らしいが、そのギア比の長いトランスミッションが、パフォーマンスを損ねるのがやや残念だった。それでも、マツダは、素敵なアナログなドライビング体験と、現代のドライビング用のアメニティ(Bluetooth、エアコン、タッチスクリーン)を兼ね備えていて、とても楽しめる。
2列目やトランクをほとんど必要としないプレジャードライバーには、この小さな車はとても良い選択だと思う。

マツダ2はこのクラスで大変魅了的な車、という結論に私も賛同したい。
テスターが記しているように、室内スペース(特にリアのスペースとトランクルームの容積)が少ないことと、グレードによっては価格がやや割高であるということを除けば、登場して時間は経過しているものの、十分以上にこのクラスの車たちのなかで魅力的な一台だろう。
特にひとつまえのデミオも、今回のモデルも、運転した時の楽しさや、上質な感じなどは他社のモデルよりも優れていると思うし、年次改良されることで年々ウイークポイントは少なくなっていると感じる。

だがここから先は、あくまでも日本だけの事情となることを理解したうえで苦言を呈するのだが、マツダ2というネーミング展開に関しては疑問が多い。もちろんグローバルな視点から、世界的に統一のネーミングであるマツダ2に改名することに文句はないが、文句があるのはそのタイミングである。つい先日までデミオと言って売っていた車を、マイナーチェンジで質感が上がっているとはいえ、基本的に同じ車を、いきなり今月から「デミオはなくなって、マツダ2です」と言って売るのはいかがなものなのだろう。
これはマツダ6、つまりアテンザにも言えることだが、フルモデルチェンジの時期ならまだしも、マイナーチェンジを期に、いきなり「デミオ」とか「アテンザ」という、すでに認識され、オーナーもたくさん存在している車のネーミングをあっさり捨て去ることには、抵抗と疑問を感じざるを得ない。
自分の乗っている車がいきなり、2とか3とか6になってしまったユーザーにも失礼だし、せっかく定着したネーミングがもったいないではないか。
マツダの目指すプレミアムな路線や他社と違う道を歩むことは重々理解しているつもりだが、今のユーザーを失いかねないような荒行こそ、一番プレミアムとは程遠い行為であると私は思う。
どのマツダ車も魅了的なだけに、日本のマーケティング展開だけは残念でならない。

Text: Attila Long Hammer
加筆:大林晃平
Photo: Lena Willgalis / AUTO BILD