LEXUS、LCのオープンモデル「LC500 Convertible」を発売開始

40

特別仕様車「LC500 Convertible“Structural Blue”」を限定発売するとともに、「LC」を一部改良

LEXUSは、LC500 Convertibleを新たに追加するとともに、LC500h/LC500を一部改良し、全国のレクサス店を通じてLC500h/LC500は6月18日、LC500 Convertibleは7月15日に発売開始する。さらに特別仕様車LC500 Convertible“Structural Blue”を設定し、60台限定で発売。

ルーフを開いても閉じていても美しい

ルーフオープン時は、ソフトトップが完全に格納される自動開閉式のトノカバー付きフォールディング機構を採用。クーペ同様に低く構えたフロントフェンダーに加え、ドアエンドのベルトラインのキックアップ形状と、トランクの後端を跳ね上げたリヤシルエットにより、キャビンまわりの適度なタイト感と前後の伸びやかさを併せ持つプロポーションを実現している。
ソフトトップを採用することで、車両重量の軽量化に貢献。さらにルーフの収納スペースを最小化でき、ルーフオープン時の美しいスタイリングを実現。また吸音材を組み合わせた4層構造とすることで優れた静粛性も実現している。
エクステリアカラー11色とソフトトップ2色、内装色3色で44通りの組み合わせから選択が可能だ。

LC500 Convertible

インテリアでは、ヘッドレストの後部にさりげなく主張するLマークのエンボスなど、ルーフを開けた際の車外からの見え方にこだわり、細部に至るまで作りこみを行っている。
ルーフの開閉時間は約15秒。さらに速さだけではなく、その動き方にもこだわり、優雅で自然な動きを実現している。
パームレスト内にあるルーフスイッチは、ルーフ開閉とスイッチを傾ける方向を合わせることで直感的に操作が可能。開閉作動中は、マルチインフォメーションディスプレイにルーフの動きをグラフィックで表示することにより、作動状況が一目でわかる。ルーフは約50km/h以下の走行時でも開閉することが可能。

5.0L V8エンジンとDirect Shift-10ATの組み合わせで、伸びのあるリニアな加速を追求。
自然吸気V8エンジンの官能的なサウンドをLC500 Convertibleでも楽しめるように、吸気音をキャビン内に共鳴させるサウンドジェネレーターや、より迫力のある排気音を演出する外装バルブをクーペと同様に採用。ルーフオープン時のより気持ち良いサウンド演出がなされている。