【動画付き】最強のランボ?  レゴ テクニック 1/8ランボルギーニ シアン

233

レゴ テクニック最新モデル ランボルギーニ シアン近々登場

ポルシェ、ブガッティに続いて、レゴ テクニックは間もなくランボルギーニを8分の1サイズに変更して発売する。それがどのようなものになるのかが明らかになった。我々が入手した情報をお届けする。

レゴ テクニックは間もなくランボルギーニで、究極モデルシリーズを展開するとのことだ。
どのモデルになるのかは今まで明らかにされていなかったが、この度、デンマークのブロックモデル会社はビデオを公開した。
レゴは中途半端なことはしない。ポルシェ911GT3 RS、ブガッティ シロンに続き、最新の究極モデルはランボルギーニ シアンだ!

史上最強の生産型ランボ

ティザー映像には、レゴモデルと本物のランボルギーニの2つのリムが映し出されており、これは間違いなくシアンであることがわかる。
2019年に導入されたこのスーパースポーツカーは、アヴェンタドールをベースにしており、ランボルギーニ史上最もパワフルな市販車となっている。
スーパーレージングブル、実車のシアンは6.5リッターV型12気筒アスピレーターと電動モーターを組み合わせ、合計で819馬力を発揮する。
発表前にもかかわらず、単価が300万ユーロ(約3億6千万円)を超える価格であっても、限定生産分の63台はすべてが購入されたモデルだ。
レゴのテクニック モデルがどれほど高価なものになるかはまだわかっていない。レゴを商品として扱っている業者からの情報によると、価格は379.99ユーロ(約4万5千円)くらいになるだろうとのことだが、レゴ側からの公式発表はまだない。
この8分の1レゴ テクニック ランボルギーニ シアンは、2020年6月1日からレゴのオンラインショップで販売開始され、2020年8月1日には通常の店舗でも購入できるようになる予定だ。

レゴはランボルギーニ最強の市販車シアンをテクニックモデルとして登場させる。

プロモーションビデオ

【歴代レゴ テクニック モデル名車シリーズ×3台】

ポルシェ911 GT3 RS(2016)。1/8サイズ。2700ピース。
ブガッティ シロン(2018)。1/8サイズ。3599ピース。
ランチア ストラトス(2019)。1/8サイズ。2704ピース。

Text: Moritz Doka