アルファロメオ 新型SUV「Alfa Romeo Tonale(トナーレ)」を発売

752
- Advertisement -

Stellantisジャパンは、Alfa Romeo(アルファ ロメオ)としてブランド初となるマイルドハイブリッド(MHEV)システムを搭載した、ミドルサイズのSUV「Alfa Romeo Tonale(トナーレ)」を発表した。発売は2月18日。価格は5,240,000円から。

アルファロメオ3番目のブランド

「Tonale(トナーレ)」は、ステルヴィオと同じようにアルプスの峠の名にちなんで名づけられている。トナーレはイタリア北部にある、スイスの国境にほど近いアルプスを望む “トナーレ峠 ”だ。このアルファ ロメオらしいスポーティなミドルサイズのSUVのトナーレは、セダンのGIULIA(ジュリア)、SUVのSTELVIO(ステルヴィオ)に次ぐ3番目のモデルとなる。

シャープなエクステリアデザイン

アルファ ロメオ初の採用となるマトリクスLEDヘッドライトと、3連のU字型デイタイムランニングライトが、シャープなフロントマスクを形成。リアにも3連型のLED式コンビネーションランプを採用することで際立ったデザインとなっている。ボディサイズは全長4,530mm×全幅1,835mm×全高1,600mmと取り回しの良いコンパクトサイズだ。

アルファ初のマイルドハイブリッド(MHEV)

パワートレインは、新開発の1.5ℓ直列4気筒直噴ターボエンジン(最高出力160PS、最大トルク240Nm)、48V モーター(最高出力20PS、最大トルク55Nm)を内蔵した7速デュアルクラッチトランスミッション(7速DCT)、エンジン始動と回生ブレーキ機能を担うベルト・スターター・ジェネレーター、リチウムイオンバッテリーで構成されており、低速時(15-20km/h前後まで)の走行はモーターで行い、モーターの負荷が高まるとエンジンが起動し、加速をアシストする。また、アクセルをオフにすると、燃費向上に寄与するコースティングモードに切り替わり、減速時には制動エネルギーから電気を生み出す、回生充電が行われる。センターコンソールに備わるALFA DNAドライブモードシステムでは、エンジンやトランスミッションのレスポンス、サスペンション設定の切り替えにより、走りの性格を任意に変更できるほか、ESC(横滑り防止装置)をOFFにすることも可能となっている。

My Alfa Connect(マイ・アルファ・コネクト)

Tonaleのインテリアは、ブラックを基調としたドライバーオリエンテッドな作りになっている。デジタル化が進み、ダッシュボード中央の10.25インチのタッチスクリーンと、計器盤に12.3インチの大型デジタルクラスターメーターが備わるところが最大のトピックだ。オンライン機能も備え、アイシン製ナビゲーションシステムと連携して施設名称による検索や天気予報、ガソリン価格、駐車場満空情報や渋滞情報(VICS)などが利用できる。さらに、アルファ ロメオ初の、車載通信モジュールが全グレードに標準搭載され、タッチスクリーンによる操作のほか、スマートフォン専用アプリ「My Alfa Connect(マイ・アルファ・コネクト)」やWEB専用ポータルサイトを介して、ナビゲーションの目的地設定、ガソリン残量やタイヤ空気圧、走行距離などの車両コンディションの確認や自車位置情報の閲覧が可能となる。

トナーレのラインナップは2グレード構成

Tonaleは、マトリクスLEDヘッドライトや、フルADAS(先進運転支援システム)をはじめとする充実した装備のスタンダードモデル “ Ti ” と、ダークフロントグリルや専用20インチアルミホイール、ステアリングヒーター、レザーシート(電動調整シート・シートヒーター・ベンチレーション付)、harman/kardonプレミアムオーディオシステムなどにより、ラグジュアリーな導入記念モデル “ Edizione Speciale ” の2グレード構成で、ボディカラーは両グレード合わせて6色展開。気になるメーカー希望小売価格(消費税含む)は、「Tonale “ Ti ” (ティーアイ)」が5,240,000円、導入記念モデルの「Tonale “ Edizione Speciale ” (エディツィオーネ・スペチアーレ)」が5,780,000円となっている。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Stellantisジャパン