800馬力では足りない? 900馬力超マクラーレン セナ チューンナップモデル

93

マクラーレン セナ チューニング: ノヴィテック(Novitec)

マクラーレン セナが900馬力を超える! チューニングスペシャリストのノヴィテックが、500台限定モデルのマクラーレン セナにさらなるチューンナップを施し、4リッターV8から900馬力以上を叩き出す。

800馬力では足りない!

少しでも多く、高い領域のことを常に追い求めるということは、チューニングシーンの現場では当然のことであって秘密でもなんでもない。
だから、どんなに限定で発売されたスーパースポーツカーであってもチューナーのターゲットになりえる。
今回、ノヴィテックが500台限定モデルのマクラーレン セナのチューニングに着手した。

900馬力を超えるノヴィテックのマクラーレン セナ

伝説のF1ドライバー、アイルトン セナにちなんで名付けられたこの軽量スポーツカーは、すでに800馬力の4リッターV8を搭載している。
しかし、ノヴィテックはエンジンコントロールユニットを独自のプラグ&プレーコントロールユニットに変更し、ダブルチャージエンジンからさらに102馬力を引き出し、最高出力をアップさせた。このフルパワー出力は、95mmのテールパイプを2本備えたハイテク合金インコネル製の新しいエキゾーストシステムでしか達成できないものだ。
ノヴィテックは、出力の向上に加えて、トルクもさらに88Nmアップさせた。
その結果、902馬力と888Nmを誇るマクラーレンは、2.7秒で100km/hまで駆け上がり、6.5秒後にはスピードメーターが200km/hを表示する。
これは標準モデルよりも、コンマ1秒と3秒もそれぞれに速い。最高速度は335km/hのままだ。
ノヴィテックは、空力的に最適化されたボディワークには何も変更を加えていない。
しかし、チューナーはフロントに20インチ、リアに21インチの新しいヴォッセンホイールを装着させている。7本スポークのホイールはセンターロック付きで、72色のカラーバリエーションが用意されている。ピレリPゼロのタイヤは、フロントが255/30、リアが325/25の寸法のものが装着されている。

902馬力のノヴィテック セナは、2.7秒で100km/hマークを突破する。

それにしても限定で発売されたマクラーレン・セナをさらにチューンしようという考えは、やはり一般人のわれわれには想像も理解も難しい世界である。
残念ながら価格は知らされていないが、普通のセナの値段でも、ざっと1億円である。

Text: Michael Gebhardt