【テスト】ベンツのデカくて広い4WDバン 新型メルセデス スプリンター4×4の性能と実力は? ジェニーが試し乗り

2240

メルセデス スプリンター4×4で新しい次元の冒険を。新型メルセデス スプリンター4×4は、先代モデルとは多くの点で異なっている。その全輪駆動システムの実力やいかに?

長距離移動のシーンでは、メルセデスの「スプリンター4×4」が長らくベース車両として人気を博している。高い走破性、乗り心地の良さ、多くのドライビングコンフォートなど、そのメリットは明白だ。何しろ、世界を飛び回る人たちは、その距離の大部分を舗装道路で移動するのだから。

メルセデス・ベンツが従来、前後軸に35:65のパワー配分を行う選択式全輪駆動に頼っていたのに対し、昨年登場した「スプリンター」は、電子制御フルタイム全輪駆動を採用した。この原理は決して新しいものではない。しかし、シュトゥットガルトの会社は、それを新しいレベルに引き上げようとしているのだ。

190馬力ディーゼル&9速オートマチックEXワークス

私たちの試乗車はフル装備だった。これには、数々のアシストシステムのほか、93リットルの燃料タンクやLEDヘッドライトなどが含まれる。190馬力のディーゼルエンジンには素晴らしい9速オートマチックトランスミッションが組み合わされ、この高貴な貨物ロバの全輪駆動バージョンには、マニュアルギアボックスの設定はなくなった。

メルセデス スプリンター4×4: 乗る、走り出す、楽しむ。

メルセデス・ベンツ・バンのミルコ ベニッシュ氏は、「乗って、走って、楽しむ」というのが新開発の四輪駆動車のコンセプトのひとつだという。そして、「スプリンターにはすべての仕事を任せてください」と語る。

勾配、滑りやすい斜面、水の中を難なく通過

こんなふうに走る: 4×4システムがうまく機能することは、最初のドライブの前にすでに分かっていた。しかし、「スプリンター」は、厳しい傾斜や滑りやすい坂道、水たまりの横断を難なくこなすので、我々は文字通り驚かされる。ただ、クローズドバンならではの重心の高さが、その可能性をやや限定している。

メルセデス スプリンター4×4初試乗

新型「スプリンター4×4」は、先代モデルとは異なる点が多くある。そのひとつが全輪駆動システムの良さだ。
長距離移動のシーンでは、メルセデスの「スプリンター4×4」が長らくベース車両として人気を博している。高い走破性、乗り心地の良いサスペンション、多くのドライビングコンフォートなど、そのメリットは明白だ。
メルセデス・ベンツが従来、前後車軸に35:65のパワー配分を行う選択式全輪駆動に頼っていたのに対し、昨年新たに投入された「スプリンター」は、電子制御フルタイム全輪駆動を採用した。この原理は決して新しいものではないが、シュトゥットガルトのメーカーは、それを新しい次元にまで引き上げた。
一方、190馬力のディーゼルと素晴らしい9速オートマチック。この高貴な貨物ロバの全輪駆動バージョンには、マニュアルギアボックスの設定がなくなった。
「4×4」のシステムは、最初からうまく機能すると考えていたが、「スプリンター」は、厳しい傾斜や滑りやすい坂道、水たまりの横断を難なくこなすので、我々は正直驚かされた。
試乗車はほぼフル装備だ。例えば、93リットルの燃料タンクやLEDヘッドライトだけでなく、数々のアシストシステムも搭載していた。
荷室は最大3.34メートル×1.79メートルの大きさだ。
スプリンターは、地上高が高く設定されている。
スロープ角度は、リアが24.6度、フロントが26.3度だ。

結論:
長距離ドライブが好きで、オフロードにも意欲的な人なら、「スプリンター4×4」以上のベースはないだろう!その快適性はもちろん、オフロードでの才能も無敵だ。しかし、標準価格は55,959ユーロ(約800万円)で、フル装備の我々の試乗した「スプリンター4×4」は90,833ユーロ(約1,300万円)と非常に高価だ。

Text: Jenny Zeume
Photo: Mercedes Benz AG