【このクルマなんぼスペシャル】希少なワンオフ ピニンファリーナのデザインしたベンツのクーペ 300SEL 6.3 今やその価格は100万ユーロ!!!

1337

このメルセデスベースのワンオフは100万ユーロと言われている。美しいクルマは違う:メルセデス300 SEL 6.3 ピニンファリーナ クーペは、1969年に裕福な実業家のためにデザインされたワンオフモデルだ。

この壮大なメルセデスは、かつて83台の「VWビートル」と同じ値段だったと言われている。ロールス・ロイスや「メルセデス・ベンツ300 SEL 6.3」では物足りないとしたら? 1969年、オランダで成功を収めたあるビジネスマンが直面した問題である。54年後、その奇妙なメルセデスは再び売りに出されることになった。でも、当然ながら、このワンオフモデルは安くはない。

オランダの自動車ディーラー「Ibalo Luxury Sportscars」には、長らく沈黙に包まれていたユニークな「メルセデス300 SEL 6.3ピニンファリーナ クーペ」が新しいオーナーを求めて出品されている。このイタリア製のカスタムメイドのボディを持つユニークなベンツには、なかなか興味深いストーリーがあるのだ。

オーナーは個性的なクルマを望んでいた

1969年、オランダの大金持ちのビジネスマンが新しい車を探していた時のことだ。それまではロールス・ロイスに乗っていたが、何か新しいものを求めていたのだ。個性的でありながら、同時に信頼できるクルマであること。そして当時、メルセデスは「300 SEL 6.3」を発表したばかりだった。パワフルな6.3リッターV8(M100)を搭載した高級サルーン。250馬力を誇る「6.3」は、1960年代に量産されたサルーンの中で世界最速の車であった。VIPやエグゼクティブな人々にとっては、ちょうどいい車だったのだ。

同じサイズでも、見た目はまったく異なる。ピニンファリーナはW109を2ドアクーペにした。

「SEL 6.3」をベースにしたクーペはどうだろう? 彼のためだけの一点もの(ワンオフ)だ。メルセデスはこのアイデアに乗り気ではなく、特別な顧客の要望を拒否したという話である。

しかし、オランダ人は、そう簡単に諦めたくはなかった。彼は、2ドアの「SELクーペ」の夢を抱いてピニンファリーナに依頼した。「パゴダ」をベースにした「メルセデス・ベンツ230 SLクーペ ピニンファリーナ」は、そのわずか5年前に、トリノのカロッツェリアによってデザインされたものだったのである。トリノでは、ビジネスマンと彼のアイデア、そしてもちろん彼の小切手が大歓迎され、ほどなくしてデザインチームが動き出した。

1970年、ワンオフが完成

1970年、新型「メルセデス・ベンツ300 SEL 6.3」をベースとしたワンオフが完成した。この結果は、現在でも意見が分かれるところである。多くのシュテルンファンにとっては、単に史上最も醜いメルセデスとしか言いようがないが、デザインの専門家たちは、ピニンファリーナのデザイン言語を「革命的で時代に先駆けたもの」と今日まで見なしているのだ。ピニンファリーナもメルセデスも、今日、このユニークなプロジェクトに関する情報を持っていないし、公開しようともしていないのは、関係者全員が100パーセント満足していたわけではないことの表れかもしれない。

フロントはベースとなったW109とほとんど共通点がない。

一見すると、ロールス・ロイスの「カマルグ」に似ているが、「カマルグ」はこのワンオフモデルから5年後の1975年に市販された。とすると「ピニンファリーナ クーペ」は「カマルグ」のスタディモデルだったのかもしれない。5.17mのロールス・ロイスも、パオロ マルティンの指揮のもと、ピニンファリーナでデザインされたものだからである。マルティンは、オランダ人のメルセデスの改造も担当している。

SELとほぼ同サイズ

印象的だったのは、サルーンをクーペに改造しても、寸法がほとんど変わらなかったことだ。全長5m、ホイールベース2.85mというワンオフモデルだ。ウィンドスクリーンはリアに移動してよりフラットになり、ボンネットは延長された。ルーフは手作りで、クーペはベース車より7cmほど平らになっている。ピニンファリーナは当初からクーペを想定していたため、グリーンハウスは当然ながら「SEL」よりもはるかに小さい。

特に前面は見応えがある。ホイールアーチを除いて、マルティンは一切のカーブを排した。角張ったフロントマスクには、2つの丸いヘッドライトとターンシグナルが収まっている。その間に、「パゴダ」を彷彿とさせるワイドで直立したラジエターグリルを配置し、ワンオフ車の表情を一新した。

フロントやサイドビューに比べ、ピニンファリーナ クーペのリアはやや地味である。

ピニンファリーナらしいビーディングは、リアに向かって車幅いっぱいに広がり、最後はやや地味なリアビューになる。1970年当時、このユニークな作品の価格は40万オランダギルダー(約3千万円)と言われており、当時のVWビートルの新車83台分にも相当する。

しかし、ピニンファリーナの初期のデザインの方がずっとエレガントに見えたという話もあり、ビジネスマンの満足度は十分ではなかったようである。それでも、イタリアの特注ボディワークを施した特別な「W109」を納車し、定期的にクーペを走らせた。

しかし、決定的な問題があったと言われている。このピニンファリーナ製クーペは、実業家の妻(匿名希望)が乗るのを嫌がっていたと言う。排気ガスが室内に入り込んで不快な思いをしていたのだという。また、不思議なことに4ドアセダンより重いと言われるクーペは、エアサスペンションを搭載しているにもかかわらず、快適性に欠けるものであった。

6332ccのV8、250馬力は、信頼性の高い車を求める顧客の要望でそのまま残った。

そんなこととは関係なく、ワンオフはよく走った。オランダ人オーナーが1970年代末にピニンファリーナ製クーペを手放したときの走行距離は約6万5,000kmだったと言われている。ちなみにそれ以降、彼は再びロールス・ロイスに乗るようになった、という話である。

走行距離わずか71,875km

セカンドオーナーは30年以上所有していたというが、その間ほとんど乗っていなかったという。「イバロ ラグジュアリー スポーツカーズ(Ibalo Luxury Sportscars)」が納屋で見つけたこの車は、走行距離わずか71,875kmというものだった。長い間放置され、厚い埃を被っていたが、新しいバッテリーでV8はよみがえったのだ。

長い間、大型クーペの現代的な写真は数枚しかなかったが、現在ではピニンファリーナSELの新鮮な写真も存在する。これらのことから、このワンオフカーはほぼオリジナルの状態であることがわかる。黒いヘッドライトフレームだけは、セカンドオーナーによってクロームパーツに交換されている。

50年以上前の車としては驚くほど良好な内装状態。

しかし、この50年という長い時間は、「グレーメタリック」という色のメルセデスに何の痕跡も残していないわけではない。ドアエッジに錆の泡が見られ、下回りも錆を免れていない。塗装は部分的に色あせや欠けがあり、フロントガラスも傷だらけだ。これは修復されていないオリジナルで、それに見合ったヤレ感である。

一方、コニャック色のレザーとグリーンのカーペットが敷かれたインテリアは、比較的よく手入れされているように見えるが、木部はもう少し手を入れたほうがよさそうだ。ディーラーではすでに一部の部品を交換している。今後、この「ピニンファリーナ クーペ」は、オリジナル状態を可能な限り残しながら、少しずつ丁寧にレストアされ、保存される予定だ。

このユニークな作品は、999,999ユーロ(約1億4千万円)で販売予定

この奇抜なワンオフの価格は、999,999ユーロ(約1億4千万円)とされている。これが実際の価格なのか、それとも何らかのプレースホルダーなのか。それは販売店が本気で興味を持ったお客様にだけ明らかにする質問だ。しかし、ピニンファリーナのクーペが100万ユーロ(約1億4千万円)で販売される可能性もないわけではない。

Text: Jan Götze
Photo: Ibalo Luxury Sportscars