【過激な動画付き】本物のアウディ スポーツ クワトロより400馬力以上もアップしたレプリカドリフトマシン 730馬力クワトロの正体とは?

2481

ケン ブロックがスポーツ クワトロ レプリカで過激にドーナツターン。ドリフトスポーツマンにとって、待ちに待った願いが叶った。しかし、オリジナルのアウディ スポーツ クワトロではない。レプリカには何があるのだろうか?

ラリードライバーのケン ブロックにとって、「アウディ スポーツ クワトロ」は子供の頃の夢だった。そして彼は2021年にその夢をほぼ叶えた。それは、アメリカのアメリカ人が白い「スポーツ クワトロ」を初公開したときのことだ。というか、正確に言うなら、アウディのアイコンモデルのレプリカだ。なぜなら、オリジナルは214台しか製造されておらず、決して、すべてが一般道用に設計されたものではなかったからだ。だから、単純に「スポーツ クワトロ」を買うのは難しいのだ。そこでブロックは、最もわかりやすい解決策をとり、LCE Performance社からレプリカを購入したのだった。

ホワイトのホイールはアウディ スポーツ クワトロにとっては、ほぼ必須であり、真のクラッシックである。

元々、このレプリカは赤く塗られており、「ターボモンスター」と呼ばれていた。そして、ドリフトスポーツカーのために、スポーツカーは白く塗り直された。製作にあたっては、フロントは「アウディ80サルーン」、リアは「アウディ クワトロ」から流用した。

そして、ホワイトレプリカの心臓部はどうなっているのだろうか? アウディが「ターボモンスター」と呼ばれるようになったのは、そのパワーユニットのためだったのだ。オリジナルの「スポーツ クワトロ」は、2.1リッター直列5気筒エンジンを搭載し、最高出力306馬力、最大トルク330Nmを発揮した。当初から、400馬力、500馬力と比較的簡単にパワーアップできるように設計されていた。しかし、LCE Performanceにとって、それは決して十分なものではなかった。

アウディ スポーツ クワトロより400馬力以上向上

「アウディA6 TDI」、「アウディS2」、「VWバス(ディーゼル)」の2.5リッターエンジンの一部をターボチャージャーと組み合わせて、なんと730馬力を発生できるまでに寄贈した。さらに、オリジナルモデル同様、全輪駆動と6速マニュアルギアボックスを搭載している。

ウィロースプリングスのケン ブロック: ここで彼はレプリカの730馬力をテストしている。

ケン ブロックは、最近YouTubeで公開したビデオで、この巨大なパワーをどのように動かすかを紹介している。「ウィロー スプリングス インターナショナル モータースポーツ パーク」では、タイヤに煙を吐かせる。

※ 過激なドリフトのシーンから始まるYouTube動画はこちらをどうぞ

Text: Kim-Sarah Biehl
Photo: Youtube/Ken Block