【比較テスト】BMWのバンとメルセデスのSUVとVWのエステート ボディコンセプト対決 バン、エステート、SUV、どれが一番得か?

3873

BMW 2シリーズ アクティブツアラー対メルセデスGLA対VWゴルフ ヴァリアント:テスト、エンジン、価格。バン、エステート、SUV、そのうちのどれが一番得か? ボディコンセプトの戦いでは、バンとしてのBMW 218dアクティブツアラーが、SUVのメルセデスGLAとエステートのVWゴルフ ヴァリアントに出会う。

最近、新型となった「BMW2シリーズ アクティブツアラー」と「メルセデスGLA」とエステートの「VWゴルフ ヴァリアント」。そのなかでどのフォーマットが本当にベストなのか?

3台のサイズ比較では、ゴルフ ヴァリアントの全長4.63mに対し、BMW 218dは4.39m、メルセデスGLAは4.41m、全高はゴルフ ヴァリアントの1.50mに対し、BMWは1.58m、メルセデスGLAは1.62mとなっている。もちろん、SUVやバンはコンパクトエステートより背は高いのだが、同時にゴルフ ヴァリアントの背の低さも際立っている。空間的には、背の高いモデルが有利というわけではなく、むしろゴルフ ヴァリアントが最も風通しが良い。我々の測定値はこの印象を裏付けるものであった。

ロードマスター: 611リットルから1642リットルと、ゴルフ ヴァリアントは最も荷物が多く、積載量も最も多く、荷台は最も低い。

ゴルフ ヴァリアントは最もトランスポートの才能がある

裏を返せば、メルセデスGLAやBMW 218dに比べると乗り降りが少し大変で、ゴルフ ヴァリアントは深くかがまないと乗り降りできないということだ。一方、それでもゴルフ ヴァリアントのラゲッジルームは611~1642リットルと圧倒的に多くの荷物を積むことができ、積載量は508kgと最も高く、荷台は62cmと最も低くなっている。BMW 218dのラゲッジルームは470~1455リットルと、旅行カバン1~2個分にしか満たないが、493kgの積載量はほぼゴルフ ヴァリアントと同等である。

BMW 218dのフロントシートはゴルフ ヴァリアントより8.5センチ高く、リアシートにも十分な広さが備わっているが、比較するとゴルフ ヴァリアントやメルセデスGLAに比べて、長い足のためのスペースが少し制限される。13cmのスライド式リアシートは、バイエルン製バンでは背の高い人でも常に十分なスペースが確保されている。

多くの人にとって、より少し高い位置にあることがSUVの利点で、今回の比較では、GLAが最もそれを実現している。

メルセデスGLAの座席が最も高い位置にある

メルセデスGLAはフロントとリアがゆったりとしたプロポーションで、フロントはBMW 218dよりさらに4センチ高く、つまりゴルフ ヴァリアントより合計12.5センチも道路から遠い位置に座っている。この高尚な感じが好きな人は多いだろう。しかし、積載スペースは425~1420リットルに制限され、積載量も432kgと控えめなものになっている。

しかし、メルセデスGLAには他に強みがあり、最も丁寧に作り込まれており、操作性も圧倒的に優れている。メルセデスGLAのみクライメートコントロールのボタンバーが追加され、2つの10.25インチディスプレイ(3,552ユーロ=約49万円のMBUXハイエンドパッケージ)は、その繊細な外観と美しい計器類で楽しませてくれる。加えて、賢く、親しみやすく、スマートなボイスコントロールであるMBUXシステムが装備されている。

弱点のあるバン: BMWはアクティブツアラーでiDriveコントローラーを廃止し、コックピットのディスプレイは過不足なく表示されるようになったが、依然、使いづらい。

2シリーズのコックピットは説得力に欠ける

BMWは、2シリーズ アクティブツアラーで独創的なiDriveコントローラーを廃止し、2つのスクリーンを統合した曲面ディスプレイを提供している。1つ目(10.25インチ)は、計器のグラフィックが完全にオーバーロードしており、相変わらず三日月型の奇妙で見づらいディスプレイが続いている。2つ目は10.7インチのタッチスクリーンで、ナビゲーションやマルチメディアなど、アプリのようなアイコンが並び、複雑で多岐に渡るメニューの中で迷子になりがちだ。

【テストデータ】

モデル BMW 218dアクティブツアラー メルセデスGLA 200 d VWゴルフ エステート2.0 TDI
0-50km/h加速 2.9秒 3.0秒 3.0秒
0-100km/h加速 8.3秒 8.6秒 8.9秒
0-130km/h加速 11.7秒 14.4秒 14.5秒
0-160km/h加速 22.6秒 24.8秒 23.1秒
60-100km/h加速 4.5秒 4.7秒 5.0秒
80-120km/h加速 5.9秒 6.4秒 6.3秒
乾燥重量 1592kg 1703kg 1552kg
重量配分(前:後) 59:41 61:39 57:43
制動距離(100km/h時より) 33.9m 34.7m 33.5m
テスト時平均燃費 13.3km/ℓ(ディーゼル) 12.3km/ℓ(ディーゼル) 13.3km/ℓ(ディーゼル)
基本価格 39,800ユーロ(約557万円) 42.477ユーロ(約594万円) 34.160 ユーロ(約478万円)
テスト車価格 47.700ユーロ(約667万円) 55.615ユーロ(約778万円) 44.440ユーロ(約622万円)

VWは今回、評判の悪かった「ゴルフ」のマルチメディアシステムを(少し)改良し、10インチのタッチスクリーンの反応はいくらか速くなった。しかし、複雑なメニューや、温度や音量を調節する神経質なスライダーは残されままで、ボイスコントロールもメルセデスやBMWのそれと比べても、賢くも速くもない。エンジン、走行特性、価格、そして比較の最終結果は、以下、フォトギャラリーとともにご覧ください。

ボディコンセプト比較: BMW 2シリーズ アクティブツアラー対メルセデスGLA対VWゴルフ ヴァリアント

BMW 218dアクティブツアラーとメルセデスGLAとVWゴルフ ヴァリアントのボディコンセプトのバトル。
BMW 2シリーズ アクティブツアラーは、コンパクトなバンとして挑戦している。しかし、最近では、腰高のシートのメルセデスGLAやVWゴルフ ヴァリアントのようなクラシックなエステートカーが好まれるようになった。
空間的には、むしろゴルフ ヴァリアントが最も風通しが良い。しかし、乗り降りはメルセデスGLAやBMW 218dより少し大変で、ゴルフ ヴァリアントではより屈まないといけない。
BMW 218dは、前席がゴルフ ヴァリアントより8.5センチ高く、後席もスペースが広く、背の高い人でも常に十分なスペースが確保されている。しかし、比較するとゴルフ ヴァリアントやメルセデスGLAに比べて長い足のためのスペースが少し制限される。
メルセデスGLAはフロントとリアがゆったりとしたプロポーションで、フロントはBMW 218dよりさらに4cm高く、ゴルフ ヴァリアントより12.5cm高い。この壮大な感じが好きな人も多いだろう。
メルセデスGLAのラゲッジスペースは425~1420リットル、積載量も432kgと控えめだ。
ラゲッジスペースは611~1642リットルでゴルフ ヴァリアントは圧倒的に多くの荷物を積むことができ、積載量は508kgと最も高く、荷台は62cmと最も低くなっている。
BMW 218dのラゲッジルームの470~1455リットルの容量と493kgの積載量はほぼゴルフ ヴァリアントと同等である。
BMW 218dには2つの統合スクリーンが搭載されているが、10.7インチのタッチスクリーンは、メニューの分岐が多く、迷いがちだ。
メルセデスGLAは最も緻密に作り込まれており、その操作性は圧倒的に優れている。2つの10.25インチディスプレイ(3,552ユーロ=約49万円のMBUX)は、その繊細な外観と美しい計器類で楽しませてくれ、ボイスコントロールも非常に納得のいくものだ。
VWは今回、評判の悪かった「ゴルフ」のマルチメディアシステムを少し改良し、10インチのタッチスクリーンの反応はいくらか速くなった。一方、複雑なメニューは残されたままでボイスコントロールはメルセデスやBMWのそれと比べても、賢くもなく、速くもない。
ゴルフ ヴァリアントの150馬力の2.0リッターTDIは高速走行に適している。
7速DSGは目立たずスムーズに機能する。
テスト車のゴルフ ヴァリアントはアダプティブダンパー(1,045ユーロ=約14万円の追加料金)を装着していたため、サスペンションは上質で、きれいに調整されたステアリングとともに、かなり調和のとれた、自信に満ちた走りを見せてくれた。さらに、ゴルフ ヴァリアントは最も減速度が高く、100km/h時からブレーキで33.5メートル後に完全停止する。
BMW 218dの制動距離も33.9mと優れている。頑丈な2.0リッター4気筒エンジンも150馬力を発揮し、ゴルフ ヴァリアントよりさらに速い。燃費では、メルセデスGLAがリッターあたり15.8kmであるのに対し、どちらもリッターあたり18.1kmと経済的な数値で勝っている。
「2シリーズ」には7速デュアルクラッチトランスミッションが標準装備され、迅速かつ丁寧なシフトチェンジが可能になっている。
試乗車は、可変ダンパー付きアダプティブMサスペンションと15mmのローダウンを含むMスポーツパッケージ(3,600ユーロ=約50万円)を装着していた。かなり扱いやすいが、ファミリーバンにはあまりにもタイトでラフすぎる。また、スポーツモードでしか、まともなフィードバックが得られないステアリングにも改善の余地がある。
メルセデスGLAの150psの1.9リッターは、他のモデルと同じように生き生きと力強く走り、標準の8速デュアルクラッチは巧みに反応し、素早く作動する。ちなみに、3つのエンジンはいずれもディーゼルエンジン独特の音を丁寧に消音している。
メルセデスGLAは繊細で正確なステアリングで楽しませてくれるが、直接比較すると、BMW 218dやゴルフ ヴァリアントよりも控えめな走り、つまりより快適な走りをするのである。
メルセデスGLAの車重はゴルフ ヴァリアントより150kgほど重く、それに応じて乗り心地も硬く、アダプティブダンパー(オプション)を装着すれば、サスペンションはわずかに起伏する。
値段は?テスト車のトリムでメルセデスGLA 200dは55,615ユーロ(約778万円)、BMW 218d アクティブツアラーは47,700ユーロ(約667万円)、ゴルフ ヴァリアントは44,440ユーロ(約622万円)で最も安い。

第3位 800点満点中530点: メルセデスGLA 200d
快適な広さ、高い作り込み、最高のハンドリング。しかし非常に価格が高い。

第2位 800点満点中553点: BMW 218d アクティブツアラー
広々とした空間、活発な動き、経済的なエンジン。スペース効率ではかなり優れている。

第1位 800点満点中、564点: VW ゴルフ ヴァリアント 2.0 TDI
最高のスペース、最大のラゲッジルーム、全体的に調和のとれた走り&比較的安価である。

結論:
今回はVW ゴルフ ヴァリアントの勝ち。合理的に考えれば、最も広いスペースと確実な操作性、そして最も安い価格という、まさにベストなコンセプトと言える。BMW 218d アクティブツアラーはエステートに比べてスペースが少なく、また価格も高い。そして、メルセデスGLAは、着座位置が高く、まさにトレンドに合致しているのだが、価格がかなり高めだ。

【ABJのコメント】
本国AUTO BILDのスタッフは「BMW 218d アクティブツアラー」のことを「バン」と言っているが、まあ間違いではない。スペースユーティリティのことを最優先すれば自動車はこういうものスペース的な、最終的には食パンに似た1ボックスカーのような形態になるわけで、今回の中ではバンなのかもしれない・・・。という感慨はひとまず置いておいて・・・。さて今回の3台、勝者は「フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント」であった。これはもちろん価格と総合バランスの勝利で、つまりお買い得で、毎日の使用に一番適しているのはこの「フォルクスワーゲン ゴルフ」のライトバン(失礼、ステーションワゴンですね)だった、ということである。

個人的にまったく異論はない。何故ならば、昨今はSUVが大流行で、ステーションワゴンの人気はちょっと低調なのだが、自分で毎日乗るとしたら(というか、今持っているのもそうだけど)、ステーションワゴンくらいがオールマイティでちょうどよい落ち着き先なのではないか、と思うからである。特に高速性能に関しては、やはりSUVよりも一歩先の性能を持っていると思うし、都市部に多い立体駐車場などでも断られることなく入庫できることも多く、そういう意味では万能車はステーションワゴンなのではないだろうか、というのが個人的な見解なのである。でもSUVのあの見晴らしのいいアイポイントの高さも捨てがたいし、ファッションアイテムとしての流行り物はSUVだろう。

自動車の魅力のひとつには、こういう時代の流れに即したスタイルというものも大切だし、機能だけではないからこそ面白い。そういう見方をした場合、今の時代の空気は、SUVとソロキャンパーというのは否定しがたい事実なのである。(KO)

Text: Dirk Branke and Mirko Menke
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de