【初テスト】カーボン製ロードスター ボールドメンCR 4ファーストサーティ ベースはBMW Z4

278

非常に高価でありながら、非常に高級な、フリードヘルム ヴィーズマンが、ボールドメンというレーベルで再びクルマを造っているのだ。第一弾はカーボンファイバー製ロードスター、「CR 4」。初ドライビングレポートをお届け。

2014年、スポーツカーメーカーであるヴィーズマンの灯が消えたとき、愛好家グループ全体がデュールメンの小排気量メーカーとともに苦悩した。かつては好感の持てる会社だっただけに、このような結末は勿体ない。そして、それ以来、我々はその車を恋しがり続けた。BMWをベースとした独立したスポーツカーで、その外観は紛れもなく、ほぼ無限のカスタマイズが可能だった。しかし、それ以来、そういうものは単純になくなってしまったのだった。

そして今、名前は違えども、その待望論は終わりを告げた。ボールドメン フリードヘルム ヴィーズマンのアイデアで、技術的な部分はアウグスブルク近郊のヴェルデンのケーズ家の専門家に依頼し、ボールドメンの本社もこの地にある。父のハラルドは商業面を担当し、息子のミヒャエルが開発・生産を担当している。新しいデザインやカーボンファイバーに対応するための経験が不足しているわけではない。

ステアリングは作り直されて、手に持った感じもコンパクトになった。

遺伝子提供者に近いボールドメン

パートナー同士がBMWに何らかの縁があるということは、当然ベース選びにも役立つ。「CR 4」のベースは、「Z4 M40i」だ。340馬力は強力だが、少なくとも63,100ユーロ(約870万円)は高い。なぜ? なぜなら、ボディのあらゆる部分がゼロから設計され、カーボンファイバーで精巧に作られているからだ。

これにより、車重は1.5トン未満に抑えられている。特に、ドアを閉めたときに、クルマ全体のかさばりが少なくなったことに気づく。しかし、昔のヴィーズマンに比べると、ボールドメンは技術的に遺伝子提供者に近い。その理由は、現代のクルマは当時よりもはるかにネットワーク化されているからだ。コントロールユニットは深い介入を全く好まないのだ。

オープンドライブ。ルーフを閉じた状態でも、CR 4はエレガントな姿をしている。

それでも、できる限り差別化を図りたいと考えた彼らは、真に革新的なデザインを施し、成功した。トラックとリアはよりワイドになり、印象的なノーズは風に向かって大きく伸びている。よく知らなければ、「CR 4」を半分上の車両クラスに分類してしまうかもしれないほどだ。

それに伴い、走行性能も顕著に向上している。ボールドメンは100km/hまで3.9秒と謳っているが、最初のテストドライブの後、我々はその数字を実際に体験した。68馬力のパワーアップは明らかで、前方への推進力は驚異的なものだった。一から設計し直したエキゾーストシステムは、喉を鳴らしながらも邪魔にならない音で全体を下支えしている。

個性にほとんど制限を与えない

シャシーについて気に入っているのは、「CR 4」がしっかりしているのに、バンピーではないことだ。「Z4」よりもしっかりしたハンドリング、正確なステアリング、片寄りのない走り、カーブ立ち上がりでは必要に応じてリヤエンドを伸ばしてくれる。BMW製のものとそれほど大きな違いはないはずなのに、なぜか扱いやすく感じられるレザーを貼り直されたステアリングホイールは嬉しい限りだ。

視覚的には、斜めに配置されたストラット、カーボンファイバー、ボディカラーに塗装されたカバーが3リッターを際立たせている。68馬力の上乗せは、明らかに目に見えてわかる。

今回試乗した「ファーストサーティ」のインテリアは、全面張りと部分的なボディカラー塗装で、個性的という点ではほとんど限界がない。そして、ここで未払い金の話に戻ろう。価格は最低でも184,900ユーロ(約2,550万円)だ。

技術データ・価格: ボールドメンCR 4 ファーストサーティ
エンジン: 直6ターボ、フロント縦置き
排気量: 2998cc
最高出力: 408PS
最大トルク: 610Nm
駆動方式: 後輪駆動、8速オートマチック
全長/全幅/全高: 4420/1933/1275mm
乾燥重量: 1,495kg
トランク容量: 281リットル
0-100km/h加速: 3.9秒
最高速度: 250km/h
燃料消費量: 12.6km/ℓ
CO2排出量: 181g/km
価格: 184,900ユーロ(約2,550万円)より

結論:
価格は高額だが、ボールドメンは技術的なベースの「Z4」を持続的にアップグレードしており、「ボクスター」を相手にしているのではなく、「911カブリオ」を相手にしているように見える。より軽く、よりパワフルに、より優れたシャシーで。

Text: Alexander Bernt
Photo: Boldmen