【耐久テスト】ホンダの万能バイクが我が耐久テストメンバーとして合流! ホンダCB650Rはあらゆるシーンで活躍するバイクなのか?

1001

ホンダCB650Rは、あらゆるシーンで活躍するバイクなのか? ホンダCB650Rをテスト。長所、短所、キャラクター・・・。それを知るには、普段の走りを含めた耐久テストが一番だ。

エキサイティング! まだ1メートルも走っていないのに、みんな大喜びで、すでに気に入っている。テストチームのメンバーは、「ホンダCB650R」に熱中しており、全員耐久テストマシンとのライディングを楽しみにしている。それはこのホンダが、見た目が華やかなのと、神経を逆撫でするからだ。

新型「ホンダCB650R」は、しばらく我々と生活をともにする。AUTO BILD MOTORRAD耐久テストでは、エンジンが日常生活にどのように対処しているか、誰がどのように乗っているか、信頼性、燃費、ブレーキやタイヤの摩耗はどうなっているか、などがテストされレポートされる。

同時に、ライディングインプレッションやツーリングレポートもたくさんおこなわれる。私たちは、あえてネイキッドマシンのタイプコードである「RH08」を選んだ。ホンダはこのタイプを「ネオ・スポーツ・カフェ」と呼んでいる。

丸いもの: ヘッドライトの形はクラシック、明るいLEDランプはモダン。

「CB650R」は、現在流行しているレトロなトレンドに対応している。しかし、それは決して先祖返りしているわけではなく、独立性と現代性を感じさせるものだ。

95馬力のホンダは、ミドルクラスの典型的な代表モデルのひとつである。48馬力の「A2」スロットルのオプションは、ここでのプラスの副次的効果を提供する。そのシステムは、とにかく末端の圧力を明らかにするコレクションを約束する。4気筒は、スポーティで妖艶な走りだけでなく、ストレスの少ないクルージングや長期のツーリングにも好適なはずだ。

フルグリップ: 180/55-17のリアタイヤとトラクションコントロールにより、ドライ路面でもトップクラスのグリップを実現。

ツーリングでは、ラゲッジシステムやタンクバッグをホンダに装備したい。また、長距離走行時の燃料消費のレポートも予定している。ホンダは、どのような場面で、特に経済的なのかがテーマだ。2021年モデルでは、4気筒は「Euro 5」に適合するよう入念にアップデートされている。

ホンダCB650R耐久テスト: ファーストインプレッション

ラース ヘンシュ ペーターセン
ホンダはVWゴルフを2輪にしたようなもの。誰でもすぐに扱えます。素晴らしい。シート高810mmは、比較的足の短い私の足によく合っています。2本の指で操作できるセンシティブフロントブレーキを採用。誰も思いつかなかったのは、タンクパッドだけです。これがないと、ジャケットのボタンで塗装が見苦しく傷つくんです。

ミルコ メンケ
「キャンディークロモスフィアレッド」は、「CB650R」の耐久テスト車両を彩る美しい色の名前です。「CB600Fホーネット」の曾孫にあたるこのモデルは、都会の渋滞を抜けて通勤するのにも、田舎のワインディングロードを爽快に走るのにもちょうどいい。4気筒は、どんな状況でも教養を失わない。成功した日常のバイク。

コックピットはデジタル、レブカウンターはアナログ、警告灯はクリアな表示。

マティアス モエッチ
「CB650R」は、レトロにならないクラシックなスタイルを示しています。特徴的な丸いヘッドライト、芸術的なカーブを描くエキゾーストマニホールドなど、際立った技術力が光る。2気筒や3気筒よりも、ミシンのような4気筒の方が私には合っています。着座位置と膝の角度は、1.79mの私には理想的ではありません。

ヤン ホルン
この排気量と性能のリーグでは、基本的にほぼすべてのエンジン設計が網羅されています。単気筒、V2、3連装・・・、すべて揃っている。しかし、このバイクにこれほど似合うものは、ホンダのクラシックな650直列4気筒以外にないだろう。それとともに、「CB」では心地よく普遍的な4気筒の心臓が鼓動している。部分負荷領域ではベルベットのような滑らかさを持ちながら、アンダーレブ領域ではこれが鋼鉄と強靭な内部構造を持つ本物のマシンであることを誇らしげに示し、5桁回転に向かって快調にワインディングを楽しむことができる。遅くともその時には、約束された95馬力をはっきりと感じることができるのです。

非常にフレッシュ: テストは開始されたばかりで、まだフリクションはゼロ。

耐久テストに備えよう

ヤン ホルン
「CB650R」のサスペンション、シャシーガイダンス、ブレーキ、シートの座り心地とポジションは、すべて控えめな範囲にあり、ギアスティックは非常にきれいに機能し、最新のコックピットは非の打ちどころのない情報を提供してくれる。つまり、私たちの新しい耐久テスト候補では、バイクがライディング体験を支配しているのです。エンジンは存在感があり、ハンドリングは権威あるものです。私にとっては、ぴったりなテストモデルだ。今後数カ月で、この状態が続くかどうかがわかるでしょう。

耐久テストについては、次回で詳しくご紹介する。お楽しみに。

技術データ&価格: ホンダCB650R
• エンジン: 直4、水冷式
• 排気量: 649cc
• 最高出力: 95PS@12000rpm
• 最大トルク: 63Nm@9500 rpm
• 最高速度: 197km/h
• シート高: 810mm
• 重量: 203kg
• 燃料タンク容量: 15.4リットル
• 価格: 7,775ユーロ(約105万円)

Text: Jan Horn
Photo: autobild.de