【チューニングカー】1001馬力にチューンナップされたアウディRS6をテスト パワーステーションワゴンのドライビングレポート!

1012

MTMから1001馬力のアウディRS 6誕生。アウディRS 6の1001馬力のフィーリングは? 本当に9秒以下で200km/hまで行くのか?チューナー、MTMのRS 6で確認!

アウディの伝説的なパワーステーション・ワゴンを知り尽くし、多くのエピソードを持つチューナーといえば、MTMだろう。ボスのローランド メイヤーは、この2トン車を、ずっとより軽快なスポーツカーとして走らせる必要性を常に感じていた。

今から7年前、メイヤーは、「アウディRS 6(C5)」をこれまでで最も魅力的に改造し、スポーツカー界に衝撃を与えた。2015年、ザクセンリンクサーキットで、760馬力のクラブスポーツサルーンが、1分34秒台というラップタイムをアスファルトに刻んだのだった。

メイヤーはエステートを200キロ軽量化し、インテリアを板金加工し、フルバケットシートとケージを追加し、ギアボックスをマニュアルに換装した。これに580馬力のパワーと、ワイドなホイールアーチの下にミシュラン製タイヤ、カップ2が装着された。

走りはどうだったのか? 信じがたいものだった! ケージがきしみ、8気筒がフロントで唸り、280kmで6速に入り、カーブが直線になったとき、それは信じられないような体験だった。

コース上ではややオーバーステア気味。MTM RS 6の楽しさは格別だ。

しかし、その後、すべてが違う方向へ向かって行った。313km/hでの試みでは、チャージエアホースが切れてしまい、それでおしまいだった。さらに、パイロットのホイバッハがローンチコントロールを使用しなかったため、「RS 6」はスプリントでコンマ数秒を失ってしまった。マイヤーにとっては災難だった。バイエルンはザクセンリンクサーキットでのラップタイムを含め、迅速なリベンジを望んでいた。

話を現在に戻そう。数週間前、MTMはエステートカーの可能性を、911艦隊に示す目的で、パペンブルグ3000に参加した。そしてV8ツインターボは1001馬力でスタートした。

標準型アウディRS 6より401馬力アップ

1001馬力といえば、標準モデルの「RS6」が、なんと401馬力も低いのだから、信じられないような話だ。

出力が極端に向上したのは、主に2基のターボチャージャーを作り直したことによるものだ。ここでは、タービン軸とコンプレッサホイールの大型化、軸受けの強化、ターボチャージャーの入口の拡大などが行われた。

カーボン以外のビジュアルはシリーズと同様。1001馬力? どうやって? 改良型ターボ2基、吸気系、大容量排気系などによるものだ。

さらに、ブースト圧センサー、大容量インテークホース、エアフィルターボックスの改良も行っている。トランスミッションソフトウェアは逆で、低速ギアのシフトスピードを7,100に、ローンチコントロールの初速を2,900回転に上げた。

排気? より余裕のある寸法のステンレスパイプと300セルの金属製触媒コンバーターを採用。シャーシは? 標準装備のエアサスペンションに対応したコイルスプリング。縦方向のダイナミクスには22インチ、ラップタイムには21インチのホイール、そしてミシュラン製カップ2、間違いない組み合わせだ。

3,500回転からMTMで止まれない

ファーストラップの前に、DEKRAテストオーバルの方向にある道路や高速道路に出る。そしてそこには、かつての「RS 6クラブスポーツ」のような、さりげない加速がある。200km/hで「A9」に乗り込むと、まるでアイドリングストップのようなスピードで転がっていく。

ダイナミックモードに切り替えると、エキゾーストシステムがスパッタリングと唸り声を上げながら締め付けを確認し、3,500回転から赤い「RS 6」は止まることを知らず、ただ前へ前へと走り出す。

マクラーレンやポルシェのように、エステートカーで理想のラインを精密に描けるなんて、誰が想像できるだろう?

330km/hにはすぐに到達し、最高速度350km/hと表記されているのも空想の域を出ない。スプリント測定では、パペンブルグの数値を上回ることが目的だ。1,250Nmというマッシブな最大トルクは、スタート時に無情にも「RS 6」を車幅半分ほど左に移動してしまう。

フルドライブトルクでギアがシャフトに叩きつけられ、パペンブルグの数値は簡単に売和まれた。シリーズモデルのスプリントタイムがハエのように砕ける。ゼロから250km/hまで14.7、ゼロから300km/hまで20.4秒。超高速クラブへようこそ!

MTMは2,166kgと扱いやすい重さだ

早速ザクセンリンクサーキットに向かい、ホイールを22インチから21インチに、タイヤをパイロットスポーツ4 SからCup 2に変更し、空気圧を2.0に下げてスタートだ。スタートとフィニッシュで、エステートはその力強い推進力を印象づける。加えて、ブレーキング時には、わずかにオーバーステア気味のリアを使い、コーナリング半径を小さくすることができる。

ビジュアル的にはシリーズモデルと似ているが、技術的には全く違う世界で音を出す。これ以上の騒動はないだろう。

セミスリックタイヤとサスペンションは、標準モデル以上にアウディをレーシングラインに押し上げる。2,166kgは軽く感じられ、扱いやすい。また、山岳セクターでは熟練したスーパースポーツカー並みのタイムが出る。文字通り世界最高峰のステーションワゴンだ。

技術データおよび価格:MTM RS 6
エンジン: V8スーパーチャージングツインターボ 、フロント縦置き
排気量: 3996cc
最高出力: 1,001PS@7,250rpm
リッターあたりの出力: リッターあたり251馬力
最大トルク: 1,250Nm(制限あり)
駆動方式: 全輪駆動、8速オートマチック
タイヤ: ミシュラン パイロットスポーツ4 S
全長/全幅/全高: 4995/1951/1487mm
ホイールベース: 2930mm
トランク容量: 1680リットル
平均燃費: 8.6km/ℓ
CO2排出量: 265g/km
乾燥重量: 2,166kg
パワーウエイトレシオ: 2.2kg/PS
最高速度: 350km/h
基本価格: 123,500ユーロ(約1,670万円)
テスト車価格: 191,316ユーロ(約2,585万円)

【測定値】
【加速】
0-50km/h加速: 1.4秒
0-80km/h加速: 2.2秒
0-100 km/h加速: 2.8秒
0-130 km/h加速: 4.2秒
0-180 km/h加速: 7.2秒
0-200km/h加速: 8.9秒
0-250km/h加速: 14.7秒
0-300km/h加速: 20.4秒
【制動】
100-0km/h制動距離: 35.4 m
200-0km/h制動距離: 133.6m

結論:
1001馬力・・・。文字通り圧倒される。運転できなさそうだ。しかし、そうではない。逆に、V8ツインターボは、発散させるのと同じくらい、リラックスするのも得意なのだ。計測値も、ラップタイムも、まさにMTM(メイヤー)らしいセンセーショナルなものだった。

Text: Guido Naumann
Photo: MTM