【エブリデイテスト】BMWのトップモデルM8を日常生活の足として使用&テスト スイスまでスキーに出かけてみた その結果は?

525

BMW M8コンペティション グランクーペは、完璧なツーリングカーだ。BMW M8コンペティション グランクーペを日常的な試乗車として、我々はスイスにスキーに出かけたのだが、そこでひとつ、とても危険な道へと進路を間違えてしまった。レポート。

アウトー! そうだったのか・・・。20万ユーロ(約2,660万円)モデルが雪に沈んだ。正確には、スイスのスキー場の雪の中で、だ。前進? 不可能だ。後進? ありえない。そして、ゲレンデの真ん中に置かれた「BMW M8」と呼ばれる大きな青い何かに、スキーヤーたちが不審の目を向けるのも無理はない。そして、私が本当にやりたかったことは、ただ駐車場に入れることだったのだ・・・。

M8グランクーペは旅に最適だ

「BMW M8コンペティションxDriveグランクーペ」の日常テスターを連れて、私の故郷であるスイスに休暇に行くことにした。総走行距離は約2,500km、その旅のメインハイライトとして、4人で山へスキーに行くことにした。車内は広々としているし、同僚のデニス ハイネマンがすでにテストしていたように、ハイパワー全輪駆動モデルは雪にも強いはずだ。

スポーツバケットシートは4,500ユーロ(約60万円)の追加料金で、長時間の移動もより快適になる。

ハンブルクのAUTO BILD編集局からスイスのバーゼルまでの約900kmを、BMWは軽々と走破する。穴のあいたカーボン製のバケットシートが、こんなに快適で旅行に適しているなんて驚きだ。交通量の少ないクリアなコースでは160km/hが最適な巡航速度になり、625馬力のパワーがゆったりとした走りを実現する。驚き: 4.4リッターV8ツインターボは、100km走行あたり11.9リットル(8.4km/ℓ)という驚くほど少ない燃料消費量で、130km/h巡航では9リットル(11.1km/ℓ)という数値を確保するほどだ。

ほぼ無限に広がる空間

440リットルの積載量とトランクスルーにより、M8グランクーペは家族旅行にも最適な装備となっている。

翌日、バーゼルで家族全員と荷物、スノーボードを受け取り、正直、「グランクーペ」の広さに驚かされる。4人がゆったりと座れ、440リットルと非常に深いラゲッジルームは、5つの旅行バッグを簡単に飲み込み、トランクスルーのおかげでスノーボードは後部座席の間に滑り込ませることができた。

エンジンとトランスミッションはポエム

凍って鏡のように滑らかになった駐車場も、xDriveの全輪駆動で問題なくマスターできた。ただ、柔らかい雪が問題だった。

グリンデルワルトへの谷間で、M8は初めてスイス連邦の雪を見ることになる。冬用タイヤと「xDrive」全輪駆動のおかげで、冷たく濡れた路面でも十分なグリップを発揮し、エンジンとギアボックスは角度のある舗装路でポエム(詩)のような走りを見せてくれた。V8はスロットル操作に対して極めてダイレクトで、高速道路では8速オートマチックが淡々とギアを供給していたが、雪上では極めて素早く、力強くギアを叩き込む。完璧だ! 本当は「V8サウンドが轟音とともに谷間を駆け抜ける」などと書きたいところだが、それにしてはあまりにも音が小さすぎる。

全輪駆動は深い雪では利用を控える必要がある

グランクーペはたちまち柔らかい雪に埋もれてしまった。助けなしに外に出ることは不可能だった。

とにかく、BMWを谷に置いて、私は写真の課題を思い出す。やはり、ストーリーには視覚的な背景が必要だ。山のパノラマを背景に、雪に覆われた駐車場をイメージしていた。しかし、残念ながら、駐車場のすぐ横にある標識のない分岐点は、雪が深く、2トン車はすぐに柔らかい雪に食い込み、動けなくなってしった。全輪駆動でも、もうどうにもならない。

ここで、冒頭の話に戻る。雪に埋もれたその場所で、「三菱パジェロ」のレッカーサービスが到着するまで待つことになった。しかし、「パジェロ」も「M8」の数メートル手前で立ち往生してしまい、問題を複雑化させるだけだった。その後、スノーチェーンを装着したトヨタの「ランドクルーザー」がやってきて、我々を引っ張り出してくれた。幸いなことに、「M8」には何事もなかったが、深い雪や轍のあるスキー場での使用には冷静な判断が必要だということを改めて学んだ。グリンデルワルドさん、甘く見てすみませんでした。

BMW M8コンペティション グランクーペ日常走行テスト
• 通勤: 毎日のショートトリップには燃費も含めてM8は向いていない 5点満点中3点
• ショッピング: 360度カメラを搭載しながらも、狭い駐車場は広々とした「M8」の敵だ 5点満点中2点
• トランク: 折り畳み式のリアシートベンチは、非常に実用的だ 5点満点中4点
• 休日: パーフェクト! 長距離ドライブでは絶対的なドリームカーで、スペースもちゃんとある 5点満点中5点満点
• 趣味: 人それぞれ、ゴルフには最適だが、マウンテンバイクにはあまり適していない 5点満点中3点
• 日常生活: 経費を見なくて済むならオーケー 5点満点中4点
• 私自身について: モーリッツ ドカ(Moritz Doka)、AUTO BILD編集記者
• 居住地: ハンブルグの中心部、St. Georg
• 交通の便: バス、地下鉄、郊外鉄道、長距離交通に最適
• 使用用途: 日常生活では主に公共交通機関と自転車、長距離は車のみ
• 好きなクルマ: 日産スカイラインR34 GT-R

最後に、壮大なエンジンを見てみましょう。ビターボV8は、最高のパワーと洗練された性能を提供します。

技術データおよび価格: BMW M8 コンペティション グランクーペ
• エンジン: V8ツインターボ
• 出力: 625PS
• 全長/全幅/全高: 5098/1943/1420mm
• トランク容量: 440リットル
• 0-100 km/h加速: 3.2秒
• 最高速度: 250km/h、305km/h(オプション)
• 燃費: 8.9km/ℓ
• 価格: 167,700ユーロ(約2,200万円)より

AUTO BILDの新しい日常テスト
10万kmの耐久試験(最終的に全分解)は、何十年も前から行われている。これは従来通りだが、AUTO BILDは、今年から日常的なテストも導入した。このテストは、長期的な品質というより、日常的な使用への適合性を評価するものだ。コンセプト: 異なるテスターが、日常生活で、より長い時間クルマを運転する。そうすることで、そのクルマが自分の生活に適しているかどうかを正確に知り、レポートすることができるのだ。

BMW M8コンペティション グランクーペ日常走行テスト

エブリデイテスト用の1台、「BMW M8コンペティションxDriveグランクーペを連れて、私の故郷であるスイスに休暇に行った。総距離は約2,500km、今回の旅のハイライトは、家族4人での山のスキーだった。車内は広々としているし、パワー全輪駆動モデルは雪にも強いはずだ。ハンブルクの編集局からバーゼルまでの約900kmを、BMWは軽々と走破する。穴のあいたカーボン製のバケットシートが、こんなに快適で旅行しやすいとは驚きだった。クリアなコースでは160km/hが最適な巡航速度になり、625馬力のパワーがゆったりとした走りを実現する。驚き: 4.4リッターツインターボV8は、リッターあたり8.9kmという許容範囲の燃料消費量だった。驚くほど少なく、130km/hではリッターあたり11.1kmだった。
翌日、バーゼルで親族+荷物+スノーボードを受け取り、今度はグランクーペの広さに驚かされた。4人がゆったりと座れ、440リットルと非常に深いラゲッジルームは、5つの旅行バッグを簡単に飲み込み、ハッチのおかげでスノーボードは後部座席の間に滑り込ませることができた。
グリンデルワルトに向かう谷間で、「M8」は初めてスイスの雪を見ることになる。冬用タイヤと「xDrive」全輪駆動のおかげで、冷たく濡れた路面でも十分なグリップを発揮し、エンジンとギアボックスは角度のある舗装路でポエムのような走りを見せてくれた。V8はスロットル操作に対して極めてダイレクトで、高速道路ではトランスミッションが淡々とギアを供給していたが、今では極めて素早く、力強くギアを叩き込んでいる。完璧だ! 「V8サウンドが轟音とともに谷間を駆け抜ける」などと書きたいところだが、単純にそのための騒音が足りない。
しかし、残念ながら、駐車場のすぐ横にある標識のない分岐点は、雪が深く、2トン車はすぐに柔らかい雪に食い込み、動けなくなってしった。全輪駆動でも、もうどうにもならない。そこで、三菱パジェロによるレッカーサービスが到着するまで待つことになった。しかし、「パジェロ」も「M8」の数メートル手前で立ち往生してしまい、問題を複雑化させるだけだった。スノーチェーンを装着したトヨタのランドクルーザーだけが、我々を引っ張り出してくれた。幸いなことに、「M8」には何事もなかった。雪深い轍のあるスキー場には注意が必要だと改めて学んだ。

Text: Moritz Doka
Photo: autobild.de