トヨタ博物館に新展示コーナーオープン「クルマづくり日本史」

135

トヨタ博物館(愛知県長久手市)は2022年4月16日(土)、クルマ館2階に新しい常設展示コーナー「クルマづくり日本史」をオープンする。

常設展示となる新コーナーは「日本の自動車産業はいかに生まれたか」をテーマに、日本で自動車産業が基幹産業として発展してきた道程、すなわち20世紀初頭の産業黎明期から1970年代の産業確立期まで約70年の歴史を紹介する。主要なトピックスが投影されるダイナミックな「動く年表」を中央に、壁面では鮎川義介と豊田喜一郎の比較や、鈴木道雄、松田恒次、本田宗一郎など自動車産業創出・確立に寄与した創業者たちを取り上げている。また、現存メーカー12社の系譜図、生産台数推移の数的データなどを映像やインフォグラフィックスで表現し、「日本の自動車産業の誕生から確立」をわかりやすく理解できる内容となっている。

フォード モデルA(日本製 1929年)
ダットサン11型フェートン(1932年)
白揚社 オートモ号(1925年)

あわせてクルマ館2階のZone5では、日本人が国産乗用車製造に挑戦し始めた1920年代から40年代にかけての車両展示も始まり、これまで以上に日本の自動車産業をわかりやすく理解、体験ができる。

オープン日:2022年4月16日(土)
場所:トヨタ博物館 クルマ館2階
内容:日本に世界有数の自動車産業がどのように誕生し、発展したのかを紹介。
展示内容:
①ヒストリーロード 自動車との出会いから現代まで日本のクルマづくりの主要な出来事を記載した「動く年表」
②物語:日本の自動車産業の基盤確立までを、4章立ての短編物語で紹介する「大型4面スクリーン」
③人物:日本のクルマづくりのパイオニアと産業形成に貢献した創業者についてスマートフォン感覚で学べる「タッチパネル」
④系譜:日本自動車メーカー12社の誕生から現在に至るまでの変遷を一望できる「大型系譜図」
⑤数字:日本の年間自動車生産台数の推移や、現在の自動車産業の姿をデータで紹介する「インフォグラフィックス」
協力:独立行政法人 国立科学博物館、一般社団法人 日本自動車工業会、いすゞ自動車㈱、スズキ㈱、㈱SUBARU、ダイハツ工業㈱、日産自動車㈱、日立金属㈱、日野自動車㈱、本田技研工業㈱、マツダ㈱、三菱自動車工業㈱、三菱ふそうトラック・バス㈱、UDトラックス㈱(順不同)

「クルマづくり日本史」資料(チラシ)PDFはこちら

Text:アウトビルトジャパン
Photo:トヨタ博物館