クラス1番のカッコよさ プジョー 508 SWはイケメン優等生

502

アウトビルトジャパンスタッフによる恒例のインプレッション「弾丸ドライブ」、人気SUV3モデルに続いて行ったのは「バンパイア顔」になった新生プジョーのフラッグシップ508 SW GT HYBRIDのテストドライブだ。

まずはスペックのおさらいから、プジョー 508 SW GT HYBRIDの大きさは、メルセデスCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4、VWパサートとほぼ同じ。パワーユニットは1.6リッターガソリンエンジンを搭載するプラグインハイブリッドシステム。タイヤは235/45/18で試乗車はミシュラン パイロットスポーツ4が装着されていた。ボディカラーはセレベス・ブルーという緑がかった素敵な色である。色のセンスの良さはプジョーの真骨頂だ。

エッジが効いた複雑な造形のフロントマスクはオリジナリティが高く、そしてカッコイイ。

プジョーは「208」を皮切りに、顔つきが「バンパイア顔」などと呼ばれる共通デザインに変更され、さらにはロゴマークまで変わるという大きな変革が行われた。そのスタイリッシュなデザインが広く受け入れられ、プジョーブランドは記録的な販売実績を得ることになる。

ブラックアウトされたテールレンズとワイパー下に「PEUGEOT」のレタリング。

カッコイイ!

さて、プジョーも例外なく「2008」などSUVの評価が非常に高いが、セダン、ステーションワゴンのタイプは低い着座位置からくる落ち着き、安定感が私は好きである。特に508SWはスポーツカーのごとく低いと感じさせるのだ。膝を大きく曲げて乗り込む必要があり、コンベンショナルなセダン、ワゴンに乗るのとはちょっと違う印象。サッシュレスのドアもスポーティーな印象を増幅する。運転席に乗り込むとグラスエリアの狭さも相まって、囲まれ感が強く実にスポーティーで“やる気”が増す。プジョー独自の小径のステアリング、コンソール周り、着座してまず思ったのが「508カッコイイ!」であった。近頃感じたことがない感覚である。

やる気にさせるコックピット。ピアノキースイッチの操作性はイマイチ。
座り心地良し、見た目も良い前後のシート。
身長170㎝のドライバーにポジションを合わせた際の足元は広く快適。

セッティングはシビア

さあ、逸る気持ちを抑えながら高速道路で西へ西へ。ハンドリングは以前乗った一世代前の308SWに似ているのはプジョーだから当たり前としても、ガチっとした直進安定性はなく、常にドライバーに補正を要求するタイプ。それにしても不安定というか左に行きたがる傾向が強いので、タイヤの空気圧のバラツキを疑い、サービスエリアで空気入れをお借りしてみると・・・見事にバラバラ。適正値で均一にして再スタートすると、ビタッと安定の直進性を示し、それはそれは素晴らしいハンドリングへと早変わり。というか、これが本来の走りだったのだ。

空気圧を調整したらバッチリ決まった。結局使えなかったサービスエリアの充電器。EVは「計画的ドライブ」が必要だ。

余裕の長距離ランナーだけど

パワーユニットについては控えめなで十分なパワーで、流れをリードすることも可能だ。しかし、ハイブリッドシステムについては、そのメリットを感じることは最後までできなかった。システム合計出力は225psで過不足ないパワーだが、パワーアシストというよりは、燃費向上をアシストするタイプのようだ。何しろ電動モーターのみでの航続距離が56kmと短い。実際には56km走る前にバッテリーが空になってしまうと思われた。ならば、回生して充電すればいいのだが、どれだけ頑張っても回生では半分も充電されることはなかった。おまけに、燃料タンクが43リットルと小さいため、頻繁にガソリンスタンドへ行く必要がある。

数パターンのグラフィックが選べるメーターはキレイだが、外気温など必要な情報は得られにくい 。小さなガソリンタンクなので、すぐお腹がすく。名古屋でうな丼を食べてドライバーの空腹を満たした。

燃費は一般道、高速道路合わせたトータルで約14km/Lとなった。良くもなく、悪くもない現実的な数字であるが、乗り心地の良さ、カッコ良さが際立っているのは声を大にして言いたい。是非フランス本国仕様(左ハンドル)に乗ってフランスの空気、エスプリを感じながら乗りたい。兎にも角にも、今買える新車の中で一番欲しいクルマだ。

右側に「FOCAL」オーディオシステムのスーパーウーファーが見える。

【プジョー 508 SW GT HYBRID】

車両型式3LA-R85G06H
全長×全幅×全高4,790×1,860×1,420mm
ホイールベース2,800mm
車両重量1,850kg
車両定員5名
燃費(WLTCモード)15.5km/ℓ
エンジン直列4気筒 DOHC ターボ
排気量1,598㏄
最高出力(ネット値)180PS(133kW)/6,000rpm
最大トルク(ネット値)300Nm/3,000rpm
電動機(モーター)交流同期電動機
最高出力 110ps(81kW)/2,500rpm
最大トルク320Nm/500-2,500rpm
バッテリーリチウムイオン電池
燃料タンク容量43リットル
使用燃料無鉛プレミアム
トランスミッション8速オートマチック
駆動方式FF
タイヤサイズ235/45 ZR18

車両本体価格(オプション込み):¥6,547,000(消費税10%込み)

Text&Photo:アウトビルトジャパン