シトロエン C5エアクロス SUVにフランスのエスプリはあるのか?

1199

人気SUVロングドライブシリーズ第3弾は、シトロエン C5 エアクロス SUVだ。ドイツ製SUVのフォルクスワーゲン T-Rocとその兄貴分のティグアンは、素晴らしいクルマであった。そこで、今度は手堅いドイツ車に比べて、おしゃれで走りに定評があるフランス車はどうなのか?その疑問を晴らすべくABJスタッフがシトロエンを駆り出して能登へ向かった。

試乗した「C5 エアクロス SUV SHINE Blue HDi」はノアール ペルラネラという簡単に言うとブラックメタリックだが光の加減で色が変化する深みのあるボディカラーだ。テスターはシトロエンのSUVには馴染みがないため、非常に興味深くクルマを走らせた。

想像以上に速い

エンジンは2ℓ直4DOHCターボディーゼルで出力は177psと、以前テストしたプジョー308SWの1.2ℓターボディーゼルとは排気量が増えた分以上に速さを感じた。8速A/Tとの相性の良さも相まって欲しい時に欲しいだけのパワーが得られる。
乗り心地はフォルクスワーゲンのSUVとは当然異なる。C5は直進性が低く、常にステアリング修正を求めるタイプ。スピードが上がるにつれて風切り音がとてもうるさくなるのは残念な部分だ。
試乗車のタイヤはミシュラン プライマシー4が装着されており、サイズは225/55/R18。このクルマにジャストフィットなタイヤであると言える。
シトロエン独自の現代版「魔法の絨毯」と言えるサスペンションシステム「プログレッシブハイドローリッククッション(PHC)」が採用されており、優しい乗り心地を提供してくれる。
PHCについては、是非以下の「技術レポート」を参考にしていただきたい。

結構強面のフロントマスク
荒れた日本海をバックに。個性あふれるカッコイイSUVである。

燃費はまあまあ

最終的な燃費はメーター読みで13.1㎞/ℓだった。走行パターンに関わらず燃費は一定なタイプで、高速道路走行で燃費が伸びないのはSUVならではの空力の悪さが影響していると思われる。

外観からは想像できないが、ここは石川県輪島市黒島地区重要伝統的建造物群保存地区にあるカフェ。クルマが好きで、ランチア プリズマインテグラーレなど複数台エンスーなクルマを所有するオーナーは東京出身。間もなくこのカフェに加えて海岸沿いに宿泊施設をオープンさせるとのこと。
世界中から集められたアンティーク家具のインテリアが、とても落ち着く空間を演出している。
撮影協力:かぞく會館 石川県輪島市門前町黒島町ロ74番地1 旧森岡家

シトロエン最上級モデル

C5エアクロスSUVはシトロエンブランドの最上級モデルに位置付けられている。エクステリア、インテリア共にデザイン性が高く、個性的なところはしっかりとシトロエンの伝統を受け継いでいると言える。
少々残念なのが、インテリアだ。ダッシュボード、ドアパネルのプラスチックむき出しの安っぽい素材感は上位モデルに相応しくないレベルだ。

コンベンショナルなレイアウトのダッシュボード。
座り心地はとてもよく、デザインもおしゃれで素材をうまく使っているシート。
ステアリングシャフト、シート下の金具などむき出しなところがむしろ目新しい。リアシートのシートベルトアンカーが出っ張っていてお尻に当たるととても痛い。是非ここは改善してほしい。
シフトノブはプジョーと共通だが、操作性はとても良い。
こういったところのデザイン性の高さはシトロエンならでは。
ハンズフリー電動テールゲートは便利だが、閉まるときの大きな音にはちょっと興ざめ。

結論:
オリジナリティの高さ、十分に速く、優しい乗り心地を提供してくれるC5エアクロスSUVはクルマ好きのドライバーに十分応え、パッセンジャーにも優しい。
金額的にも戦略的な設定になっているため、トータルでお勧めできる1台だ。
シトロエンならではの、他に類を見ないデザイン性の高さにフランスのエスプリを十分感じることができたのは嬉しい限りである。

【シトロエン C5エアクロス SUV SHINE Blue HDi】

車両型式3DA-C84AH01
全長×全幅×全高4,500×1,850×1,710mm
ホイールベース2,730mm
車両重量1,640kg
車両定員5名
燃費(WLTCモード)17.1km/ℓ
エンジン直列4気筒 DOHC ターボ
排気量1,997㏄
最高出力(ネット値)177PS(130kW)/3,750rpm
最大トルク(ネット値)400Nm(40.8kgm)/2,000rpm
燃料タンク容量52ℓ
使用燃料軽油
トランスミッション8速オートマチック
駆動方式FF
タイヤサイズ225/55 R18

車両本体価格(オプション込み):¥4,731,330(消費税10%込み)

Text&Photo:アウトビルトジャパン