【最新トップニュース】メルセデスから打倒テスラの切り札登場? 航続距離1000km以上 メルセデス ヴィジョンEQXX初公開

135

電気自動車EQXXは、他のディーゼル車よりも遠くまで行けるのだ!メルセデスは、最新のスタディモデルにより、電気自動車が今日すでに驚くべき航続距離を達成できることを示した。それが、このコンセプトの重要なところだ。

メルセデスは我々のために、オール電化の未来を銀色に染めている。
現在、ラスベガスで開催中の「CES(コンシューマー エレクトロニクス ショー)」で、新型スタディ「Vision EQXX」を発表、展示している。
これは、1,000km以上の航続距離を、追加の充電なしで可能にする電気自動車だ。
デザインとエアロダイナミクス、軽量化と革新的な製造、そしてショーカーとプロトタイプの出会いがここにある。
開発期間はちょうど1年半!?
これはもう、「EQXX」が今年一番話題のスタディモデルとなることを予感させる。

外観: 将来のEQモデルを予見させるEQXX

「ヴィジョンEQXX」は視覚的にも非常に印象的で、エアロダイナミックなフォルムは車輪の上にエレガントに立ち、ある種の軽快さを与えている。
ほぼクローズドなフロントには、もちろんEQファミリーを彷彿とさせるヘッドライトが装着され、メルセデスの次期ライトグラフィックを垣間見ることができる。
小さな吸気口は通常はほとんど閉じた状態で、必要なときだけ開けるようになっている。
サイドには、エアロダイナミクスに最適化されたホイールと、空気の乱れを最小限に抑えるように設計された専用タイヤが際立っている。

リアエンドは2015年のIAAモーターショーでお披露目されたコンセプトモデルを彷彿とさせるが、EQXXはよりエレガントなソリューションになっている。アクティブディフューザーにより、適切な空力が確保されているのだ。

リトラクタブルドアハンドルは、「EQS」、「Sクラス」、「SL」からの標準部品だ。
ミラーハウジングとガラスは、ポールスターを彷彿とさせる一体型で、エアロダイナミクスにも一役買っている。
リアでは、「EQXX」は視覚的に収束しているだけでなく、トランク部分もフロントより狭くなっている。そして、格納式のディフューザーを採用し、適切な空力特性と、スムーズな流れを確保している。
リアエンドは2015年の「コンセプトIAA」を彷彿とさせるが、こちらはより実用的な印象だ。

エアロダイナミクス: メルセデスの機能を追及したデザイン

まずは航空力学者の出番である。
彼らによって、「EQXX」のビジュアル開発以前から、車の多くの部分が定義されていた。
そのため、ボディだけでなく、ホイールやタイヤも専用品を用意し、空気の流れをスムーズにする工夫が施されている。

EQXXは、エアロダイナミクスを最大限に引き出すためにトリミングされている。これは、フロントのエアダクトにも表れている。

メルセデスは1978年に「C111 III」というテスト車両で、すでに0.18という驚異的なCd値を達成していたのだ。
実験車であった「C111」との大きな違いは、「EQXX」は公道走行が可能であり、ホイールスパッツを必要としないことだ。このスタディモデルにはシャーシナンバーまでついており、後に正規の登録番号で、実際の条件下で、その能力を発揮することができるようになっている。

ドライブとバッテリー: 電気航続距離1000km以上のEQXX

「EQXX」は、単なるショーカーではない。
メルセデスは、1回の充電で1,000km以上、それもドイツの高速道路を標準速度で走行することを研究課題としている。
これを可能にするのが、前述の流線型ボディと高効率駆動の組み合わせだ。
リアに搭載する最大150kW(204馬力)の電動モーターは、開発者が社内のF1やフォーミュラEのレーシングチームからサポートを受けて適応させた。効率は95%とされている。
また、動作電圧も900ボルト以上と異常に高い。
バッテリーパックは「EQS」の半分の大きさで、30%軽量化され、容量はほぼ同じ約100kWhとなっている。

EQXXは、1回の充電で1000km以上走行することを想定している。

メルセデスは、セルの供給元であるCATL社と手を組み、電池セルに含まれるシリコンの比率を高めた。他の調整と合わせて、電池のエネルギー密度をほぼ2倍にすることができるのだ。
遠い将来の夢?
そんなことはない。
これは非常に現実的な話だ。
また、このバッテリー技術は、今後数年間のうちに、生産される自動車にも採用される予定だ。100kWhの容量と10kW/100km以下の消費電力。このレシピなら、これまでディーゼル車にしかできなかった距離も、手が届きそうだ。
これはルーフにある117個の太陽電池によるもので、良好な条件下ではさらに25kmの追加航続距離が得られるとされている。
車全体の消費電力を大雑把に換算すると、「EQXX」は初の「1リッターカー電気自動車」とさえ、言えるだろう。

バイオニックキャスティング: 無駄なものを排除した高剛性構造

しかし、メルセデスのスタディがこの広大な航続距離を実現できたのは、駆動力やセルケミストリーだけが要因ではない。「EQXX」は約1,750kgと、電気自動車としては驚異的な軽さを実現している。それを実現したのが、メルセデスの技術者たちによる、新しいタイプの鋳造部品の製造方法だ。
これはバイオニックキャスティング(鋳造)と呼ばれ、最小限の材料で最も頑丈な部品を作ることができる。

このスタディモデルのリアエンドは、バイオニックキャスティングで製造されている。

その際、キャスト(鋳造)の要素は、ソフトウェアによって完全に計算されている。
その結果、どの部分も同じ肉厚で、少なくともシミュレーションでは衝突試験にも耐えることができる、非常に美しい鋳造品を実現しているという。
「EQXX」では、フロントスプリングドーム、ワイパーモーターのマウント、リアカーストラクチャーにこの方法で開発された部品が使用されている。
メルセデスでは、この技術はすでに量産化されているが、まだ、EQSのリアシートベルトリトラクターマウントのような非常に小さな部品にしか使われていない。

インテリア: ビーガン素材と次世代MBUX

すべての非常に技術的な革新にもかかわらず、「EQXX」はまた、最高のマナーで特に魅力的なインテリアを備えている。ここでは、動物性素材を一切使用しない完全菜食主義を貫いているのだ。使われるのはサボテンやキノコの革、竹の繊維といった素材だ。
インテリアのハイライトは、車幅いっぱいに広がるダッシュボード内のモニターだ。
インストルメントクラスターとインフォテインメントの画面を兼ねており、将来の「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)」システムの方向性を示している。
音声コントロール「ヘイ、メルセデス」は、「MBUX」の未来像の中では、より人間的なキャラクターを持ち、画面上にアニメーションで様々な機能を表示し、音声出力も以前より本物の人間の話し方のように聞こえるようになっている。

他の多くのコンセプトスタディとは異なり、EQXXは実車だ。従って、その実力を路上で証明できるはずだ。

また、ユーザーインターフェースもより多様化し、乗員のそれぞれのニーズに適応できるようにする予定だ。
「EQXX」のすべての座席で適切な雰囲気が得られるように、座席のヘッドレストには、スピーカーが設置されている。ドライバーが音楽を聴いている間、助手席の人は同時に他のアプリやデバイスを使ってリラックスすることができるようになっている。また、シート内のアクチュエーターは、音の体験を増幅させるか、警告のための触覚サポートを提供するように設計されている。特に長時間の移動では、より個性的なクルマになるはずだ。

今後の見通し: EQXXはインスピレーションを与える方法を知っている

このメルセデスの最新EVスタディモデル、「ヴィジョンEQXX」によって、これまで電気自動車では考えられなかったルートで、快適な走行が可能になるはずだ。
技術的な要素だけでなく、インテリアのアメニティも正しいものを目指して開発は進む。今後は、当然、自律走行も視野に入れた新たな要求がそこには含まれるであろう。
「EQXX」が実際に1,000km以上を無停止で走りきることができるかは、まだわからない。
しかし、すでに個々の機能や部品が量産を目指しているのは、喜ばしいことだ。
それとも、「EQXX」は結局シュトゥットガルトのコンパクトEVモデルの具体的な前身なのだろうか?
そんなことは基本的にはどうでもいいことだが、ひとつだけ確かなことは、テスラを筆頭とする競合他社は、メルセデス・ベンツの動向に注目しており、今、確実に恐怖心を抱いているということだ。

結論:
航続距離への不安?
それはもう過去のことだ。なぜなら、メルセデスは「ヴィジョンEQXX」で、「e-mobility」が長距離走行も可能であることを示したからだ。
これほどまでに、すぐに道路で見られるようなイノベーションを提供するスタディモデルを実際に目にするは、めったになかった。
すでに2022年カーイヤー全体のハイライトになっている。

EVの気になる部分はとにもかくにも「航続距離」だ。であるなら航続距離が1000kmだったらどうだ、という一台が今回の「メルセデス・ベンツEQXX」である。満充電にどれだけ充電時間が必要なのだろうか、ということは不明ではあるが航続距離の他に気が付いた部分は2つ。ひとつは1,750kgという軽さで、これは従来までのEVの車重を考えれば不思議なほど軽い。現行のメルセデスのラインナップの中で比較しても、「Eクラス」よりも軽いほどで、これなら確かにEVの短所は重さである、という部分は克服できているといえよう。
もう一点は開発期間の短さで、「EQXX」の内容などを考えれば驚くほど短い。その理由はレポートの中にも記してある通り「コンピューターシミュレーションを駆使した設計」であることで、現在でもシミュレーションを駆使した開発は一般的だが、これからますます自動車の開発は、シミュレーションを主体としたものになっていくのだろう。
まだエクスペリメンタルモデルではあるものの、この「EQXX」の内容が現実の生産車に反映されたならばなかなか興味深いし、メルセデス・ベンツがあと数年で完全EVに移行する、という話も現実味のあるものに感じられる一台である。

Text: Andreas Huber
加筆: 大林晃平
Photo: Daimler AG