速報 IAAレポート メルセデス・ベンツのショーカーその4 スマートにSUVモデル登場 スマートSUVコンセプト#1

244

スマートはもっと大きくなる。

ミュンヘンで開催されているIAA(ドイツ国際モーターショー)会場からのレポート。次期「スマート」のSUVがどのようなものになるかを示すスタディモデルが発表された。デザインはより大人っぽく、インテリアはよりデジタルになる。すべての情報。

➤ 市場ローンチ時期
➤ 初チェック@IAA
➤ デザインとサイズ
➤ インテリアとコネクティビティ
➤ 装備と価格

市場投入: シリーズ生産バージョンは早ければ2022年に発売される可能性も

2005年、スマートは「フォーモア(formore)」という名前の小型SUVを発表し、話題になった。
このプロジェクトはその後中止されたが、今、再びテーブルの上に戻ってきた。
今回、スマートは、ミュンヘンで開催されているIAA 2021(9月7日~12日)で、計画中のSUVのスタディを展示しており、その名も「コンセプト#1(Concept #1)」と呼ばれている。
一方で、スマートは、全電動モデルのブランドとなり、2020年初頭に、ダイムラー社は、中国の自動車メーカーである吉利(Geely)社とスマートのジョイントベンチャーを設立した。
吉利社は、将来的に、スマートの新モデルの技術的基盤を開発し、デザインはシュトゥットガルトが担当することになる。
このスタディモデルでは、これが新型車でどのようになるかを示している。

その他の重要なトピックについては、まだ情報はほとんどない。
例えば、新型SUVの名称や、どのようなエンジンが用意されるかはまだ明らかにされていない。
しかし、吉利社は、ポールスターやリンク アンド コー(吉利とボルボの合弁会社)による既存の電気駆動に頼ることができる。
市場への投入もまだ発表されていないが、我々は、早ければ2022年には、市場投入されるのではないかと予想している。

ミュンヘンで開催されたIAAでファーストチェック

スマートSUVコンセプトのテールライトは、フロントのヘッドライトと同じデザインを採用している。

我々は、今回、IAAの会場でこのコンパクトSUVを見ることができた。
第一印象は、スマートにしてはかなり大きいということだ。
このブランドにしては珍しいサイズだが、決して不適切なものではない。
窓の縁に描かれた小さな絵など、遊び心のあるディテールが、このコンセプトカーを競合車とは一線を画し、スマートが若い購買層にアピールすることを意図していることを示している。
光るフロントグリルは、量産化も予定されている。
現時点では、インテリアはまだ少し奇抜に見えるが、このコンセプトは現実に近いものだ。
完全なコネクティビティ、AIで制御された機能、そして空気のような空間感覚がここでは基調となっている。

デザイン: 新しいSUVは遊び心がないように見える

フロントデザインは、基本的に新しいスマートブランドの顔を表している。

「コンセプト#1」のスタディでは、SUVのデザインがどのようなものになるかを示している。
基本的な形状も、これまでのスマートの遊び心のあるデザインとは異なる。
しかし、現代の角張ったデザインのトレンドに従うのではなく、角やエッジは丸みを帯びているという点では、ブランドに忠実であり続けている。
LED技術を採用したヘッドライトは、互いに連続した光の帯で結ばれている。
一方、LEDテールライトは、フロントヘッドライトの形状と呼応している。
クラシックなラジエーターグリルの代わりに、この電気自動車には、金色の留め具を備えた大きなエアインテークがはるか上まで伸びており、事実上、口のようになっている。
同じく金色の幅広のフレームがパノラミックルーフを囲んでいる。
そして、サイドビューにはフィリグリーミラーが配置されている。
対照的に、ルーフレールや全周の板張り、21インチの大径ホイールなど、SUVらしい特徴が見られる。
スタディモデルのドアは逆向きのヒンジになっており、小さなSUVに乗り込みやすいようにBピラーが省略されている。
これは典型的なショーカーのギミックだが、市販車にも引き継がれる可能性がある。
なぜなら、「フィアット500e 3+1」や「BMW i3」など、他の電気自動車にもこのドアコンセプトが採用されているからだ。

サイズ: 吉利社のモデルよりも小さい

この新型SUVは、すでに「ボルボXC40」や「ポールスター2」のベースとなっているCMA(Compact Modular Architecture)プラットフォームをベースにしていると思われる。
もちろん、よりコンパクトなサイズだ。
全長はかろうじて4.29メートルで、吉利のモデルよりもわずかに小さい。

サイズ一覧:
● 全長: 4290mm
● 全幅: 1910mm
● 全高: 1698mm
● ホイールベース: 2750mm

インテリア: 12.8インチのスクリーンですべてを把握

今回発表されたスタディでは、室内に4つの独立したシートが用意されているが、メルセデスによれば、製品版は5人乗りになるとのこと。
そして、おそらく後部座席には、ベンチシートが配されるだろう。
「コンセプト#1」では、ホワイト、ゴールド、ブルーの色がインテリアを支配している。
目を引くのは、ダッシュボードから突出したフローティングセンターコンソールだ。
12.8インチのセンタースクリーンは、3Dでコンテンツを表示するという。

インフォテイメントについては、スマート社は最先端のインフォテイメント機能と、無線によるアップデートを約束している。
このシステムが、メルセデスの「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)」システムをベースにしているのか、それともボルボとポールスターの「Android」ベースのバリアントをベースにしているのかは、まだ明らかにされていない。
アニメーション化されたアバターが、メニューや機能を通じてユーザーをガイドし、人工知能によってユーザーの好みに合わせてサポートすることになっている。
さらに、専用のアプリも用意されている。
このアプリは、デジタルキーとして使用することができ、その他の機能も備えている。

スマート コンセプト#1には4つの個別シートがあるが、市販版のSUVは5人乗りで、リアベンチシートを備えることになるだろう。

装備と価格: 半自律走行も可能になる予定

スマートは、プロダクションバージョンのパワートレインや、航続距離についてはまだコメントしていないものの、将来のSUVに搭載されるいくつかのアシスタンスシステムはすでに決定しているようだ。
駐車支援システム、回避支援システム、高速道路支援システム、半自律走行支援システム、緊急車線支援システムなどが用意されている。
価格については、「VW ID.3」の31,000ユーロ(約410万円)程度からの価格帯になると予想される。

結論:
スマートはこのコンセプトカーで、ブランドの将来的な拡大の可能性を示している。
メルセデスモデルのデザインも採用している。
このように、吉利との合弁事業は実を結んでいるようだ。
しかし、このような大きなクルマが人々に受け入れられるかどうかはわからない。
価格の面では、多くの車を手ごろな価格で提供し、顧客を増やすことができると考えられる。

Text: Katharina Berndt and Andreas Huber

Must Have Auto Bild JAPAN オリジナルTシャツ

Must Have Auto Bild JAPAN オリジナルフーディー