速報 IAAレポート メルセデス・ベンツのショーカーその2 メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+

231

電気自動車「メルセデスAMG EQS 53」を真のAMGにするものとは?

ミュンヘンで開催されているIAA(ドイツ国際モーターショー)会場からのレポート。AMG初の電気自動車であるEQS 53は、真のAMGであることも目指している。それは、十分なパワーに加えて、テクノロジーの大幅な変更を意味する。我々はすでにそのコックピットに入り、すべての情報を入手している。第1報。

➤ 市場ローンチ時期と価格
➤ 外観
➤ インテリア
➤ ドライブトレイン/パワートレイン
➤ シャシー
➤ AMG電動プラットフォーム

価格は150,000ユーロ(約2,000万円)以上になる見込み

メルセデスは、「Sクラス」で常にラグジュアリーとスポーティさを両立させてきた。
AMGになって、高級セダンは、スポーツマシンになったが、このバランス感覚は、「EQS」でも成功するはずだ。
「メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+」は、限定車の「SLS AMGエレクトリックドライブ」に続き、量産型AMGとしては初の完全電動化モデルだ。
鳴り響くV8サウンドがなくても、本物のAMGのフィーリングを伝えることができるようになっている。
その結果、最高出力761馬力、最大トルク1,000Nmを実現している。
しかし、アファルターバッハに本拠を置くメーカーは、大きなレンチを入れて、残りの技術をひっくり返してしまった。
価格は、2022年には、15万ユーロ(約2,000万円)という高価格でスタートする予定だ。
我々はすでにシートにも座り、「EQS 53」を、本物のAMGにする要素を明らかにする。

メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+の主要データ
● AMG初の電動量産モデル
● 最高出力: 761馬力
● 0-100km/h加速: 3.4秒
● 最高速度: 250 km/h
● 2022年に市場投入
● 価格: 約150,000ユーロ(約万円)より

見た目はEQSのAMGラインに非常に近い

この話題はすぐに片付けられてしまうが、まずは外観から見ていこう。
実は「53」は、ノーマルの「EQS」からAMGラインのボディを、ほぼそのまま採用している。
その理由は、Cd値0.2という驚異的な数値を達成しているのが、AMGラインだけであり、「53」もそれに近づけようとしているからである。
フロントでは、標準的なデジタルライトと、AMGのパナメリカーナグリルを彷彿とさせるフロントマスクの、縦型ストラットに変更された程度だ。
リアでは、ダウンフォースを高めるために、スポイラーリップが大きくなり、よく見るとエプロンのサイドに2本のクロームの支柱が追加されている。
リアには、AMGの文字が刻まれており、AMGモデルであることが一目瞭然だ。
フロントフェンダーには、内燃機関仕様の、「Turbo」が省略され、「4MATIC+」と表示されているのが特徴だ。
写真の車両のように、ブラックアクセントとダーククロームトリムを備えた、「ナイトパッケージ」がオプションとして用意されている。

オプションのナイトパッケージを装着すると、ブラックのEQS 53はさらに邪悪な印象を与える。リアの変更点:スポイラーとクロームトリム。

専用ディスプレイを標準装備したハイパースクリーン

コックピットでは、その変化はすでにややディープなものとなっている。
特別な装飾ステッチが施されたレザーシートに加えて、マイクロファイバー、カーボンインレイ、AMGロゴ、ドアシルのイルミネーション付きAMGレタリングなどが多用されている。
スポーツステアリングホイールには、滑り止めカバー付きの異なるリムと、ドライビングモードや、ESPを設定するための2つのコントロールサテライトが付いている。
AMGによれば、ESPは完全に解除することができるとのこと。
また、「53」のデジタルコックピットに、2つの表示スタイルを追加した「ハイパースクリーン」も標準で搭載されている。
さらに、助手席のスクリーンにも、独自のグラフィックが表示されるようになっている。

AMGに標準装備されているハイパースクリーン。マイクロファイバーとカーボンがコックピットにスポーティなテイストをもたらす。

ダイナミック+パッケージで最大761馬力を発揮

そして、いよいよパワートレインの紹介だ。
「EQS 53」は、フロントに174kW、リアに310kWの2基の電動モーターを兼ね備えている。
どちらも、ソフト面とハード面での改良が施されており、合わせて484kW(約660馬力)を発揮するという。
オプションで用意されている、「Dynamic+」パッケージを装着すると、出力は560kW(761馬力)、トルクは1000Nm以上に上昇し、「ポルシェ タイカン ターボS」のオーバーブーストパワーに近づくことになる。
しかし、この値も、AMGではレーススタート時にのみ達成される(ローンチコントロールを介して)。
そして、「EQS 53」は、0から100km/hまでを3.4秒で加速する。
2.6トンもの重量を持つ高級セダンとしては、十分すぎるほど立派な値だ。
最高速度は250km/h。
「Dynamic+」がない場合は220km/hで、これは「EQS 580」よりも10km/h高い値だ。

独自のサウンドワールド

電源は107.8kWhのバッテリーを搭載している。
このバッテリーには、改良が加えられており、より長く安定して電力を取り出せるようになっている。
また、冷却性能も向上している。
航続距離の数字はまだ公式には発表されていないが、「EQS 580」の600kmという良好な数値を少し下回る程度だろう。
ところで、音が心配な人は安心してほしい。
AMGは「EQS 53」に、走行状況に応じて音を変化させる、いわゆる「オーセンティックサウンドスケープ」を仕込んである。
通常のAVASサウンドでも、ベーシックな「EQS」とは異なる音がする。
「Dynamic+」パッケージでは、独自の「Performance soundscape」が追加され、サウンド体験をさらに高めている。
これがどのような音なのかは、今後のテストで、明らかにしたい。

EQS AMGは、パナメリカーナグリルと同様に、フロントに縦型のクロームストライプを採用している。

AMG GT 4ドアのダンパーを採用したシャシー

AMGのエンジニアは、シャシーとその周辺にも微調整を加えた。
「53」は、フェイスリフトされた「AMG GT 4ドア」のダンパーユニットを含む、エアサスペンションを採用し、基本的な高さは変わらないものの、伸側と縮側の減衰力を個別に調整できるようになっている。
また、リアアクスルビームを変更し、より剛性の高いスタビライザーバーを装着している。
標準のリアアクスルステアリングは、10度ではなく9度しか回らず、最小のコーナリング半径ではなく、走行安定性を重視して切り詰められている。
また、幅広のホイール(21インチと22インチの間で、3種類から選択可能)と同様に、幅広のタイヤを装着することで、グリップ力が向上している。
さらに、要望に応じて、フロントアクスルに、440枚のマイティーディスクを搭載した、セラミックブレーキも用意されている。

EQS 53に用意されているすべてのホイールは、空力的に最適化されており、ベースモデルよりも幅が広くなっている。

電動式の63が登場する可能性も

メルセデスによると、「AMG EQS 53」は、明確にレーストラック用ではなく、公道でのスポーティなドライビングエクスペリエンスを提供することを目的としていると言う。
そのためか、「63」という数字は意図的に省略されており、現行のEQモデルには、もう使われない。
しかし、AMGはすでに独自の電動プラットフォームの開発に着手しているため、この数字は、近いうちに使われることになるだろう。
遅くともその頃には、初のオールエレクトリック「AMG 63」が登場し、レーストラックを中心に活躍することになるだろう。
しかし、その前に、まずは、「AMG EQS 53」をテストしたいと思う。
市販化されるのは2022年になるだろう。
価格的には、特別なオファーは期待しないほうがいい。
ひょっとしたら、15万ユーロ(約2,000万円)を大きく上回るスタートになるかもしれない。

結論:
「EQS 53」では、単にパワーを増すだけではAMGにとって十分ではなかった。
なぜなら、初の量産型電動AMGは、アファルターバッハのフィーリングが、大きなV8だけで生きているわけではないことを示すはずだからだ。
この手順が成功したかどうかは、デビューした後で、ハードテストで確認するしかない。
しかし、その材料はすでに期待できるものだ。
我々は期待を込めて言う。
頑張れ、AMG!

Text: Andreas Huber and Moritz Doka
Photo: Daimler AG

Must Have Auto Bild JAPAN オリジナルTシャツ

Must Have Auto Bild JAPAN オリジナルフーディー