ル・マン初制覇なるか TOYOTA GAZOO Racing ハイパーカー GR010 HYBRID

61

WEC 2021年シーズン 第4戦ル・マン24時間レース

TOYOTA GAZOO Racingはル・マン覇者としての防衛と、ハイパーカーでの歴史を作るべく、8月21日(土)から22日(日)にかけて行われる第89回ル・マン24時間レースに挑む。

TS050 HYBRIDでTOYOTA GAZOO Racingは、2018年のル・マン初勝利以来、3連覇しており、今年はGR010 HYBRIDでサルト・サーキットに挑み、チームの連勝記録を伸ばすと共に、ハイパーカーでのル・マン初勝利を目指す。

GR010 HYBRID 7号車をマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスがドライブ。前戦モンツァ6時間レース勝利の勢いに乗り、シーズン最大のイベントに挑む。
GR010 HYBRID 8号車はセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーがドライブ。今季開幕2戦目のスパ6時間とポルティマオ8時間レースを制し、ドライバーズ選手権首位でル・マンを迎る。

そして、今大会はル・マン4連覇を目指すというだけでなく、ハイブリッド車でWECに挑戦して10度目という節目のレースとなる。

数字で見るル・マン24時間耐久レース
サルト・サーキットを24時間に渡って戦う間に、レースカーは約4000kmをほぼスロットル全開で走行。その間におよそ2万5千回に渡るギアチェンジを行い、タイヤは200万回以上回転する。

photo:TOYOTA MOTOR CORPORATION