【動画付き】 マジか 見るも無残 高級車やスポーツカーたちの墓地? 中国で見捨てられ放りっぱなしにされたアストン、ベントレー、そしてポルシェも・・・

109

ラグジュアリーなスクラップヤード。

非常に残念なことに、アウディR8、シボレーコルベット、ポルシェパナメーラなどなどなど、打ち捨てられ、放置され、中国の車の墓場で腐りつつある。アウディからアストンマーティン、シボレー、ベントレーからポルシェまで、数え切れないほどの高級車やスポーツカーが中国の車の墓場で腐り果てている状況なのだ。その光景は、あまりにも無残で、胸が痛くなる。

通常、ジャンクヤードには、不良品や修理不能な老朽化した、文字通りジャンク品が大量に積まれている。
しかし、この中国のジャンクヤードは例外だ。
ここでは多くの車が埃をかぶっているのだ。
しかし、決して、旧い朽ち果てた車ではなく、アウディ、ポルシェ、シボレーなどの、罪深いほど高価なスポーツカーである。
これらトップクラスの車たちは、すべて警察に没収されたもので、所有者の身元や犯罪関連の事情が調査されている間、ゆっくりと朽ち果てて行っている。
ユーチューバーの「Geely Uncut」は、最新のビデオで、失われた宝物の一部を紹介している。

エアサスペンションに欠陥のあるポルシェ パナメーラ ターボ

この悲惨なツアーは、真っ赤な「シボレー コルベットC7スティングレイ」から始まる。
しかしそれでもまだ、466馬力のスポーツカーの状態はそれほど悪くないようだ。
他の車は、フロントガラスが割れていたり、ロゴが欠けていたり、ホコリをかぶっていたり、何かが生い茂っていたりする。
もしかしたら修理して再生することができるかもしれない。
一方、最新世代の「ポルシェ パナメーラ ターボ」には、かなり手を加えなければならないだろう。
ハブキャップが欠けているだけでなく、エアサスペンションにも欠陥があるようだ。
フロントガラスのメモによると、この16万ユーロ(約2,112万円)のポルシェは、2020年4月に押収され、それ以降は放置されているという。

パナメーラ ターボの塗装には傷がついているようだ。ロゴやハブキャップがなくなっている。

車の上には植物が繁茂している

アウディR8は、ずっと放置されていたようだ。
初代、4.2リッターV8、430馬力。
車は非常に汚れており、エンジンルームからはすでに雑草が生えている。
リムからは塗装が剥げ落ち、フロントガラスはブラインドになっている。
やれやれ。
コックピットに植物が生えているCanAmのオープンバギーは、どうやら警察が事業を停止された怪しげな車屋から没収したものらしい。

アウディR8は、長い間、放置されている感じだ。

救いようのない車たち

ビデオの最後の2台は、さらに最も哀れな印象を与える。
「アストンマーティンV8ヴァンテージSロードスター」は、ロゴやミラーガラスが欠落し、ルーフは苔むし、ブレーキは完全に錆びついている。
さらに、イギリスのスポーツカーの半分には、すでに雑草が生い茂っている。
最後に、2000年代前半の、ボロボロの「ベントレー コンチネンタル フライングスパー」も、長い間、捨て去られているのがわかる。
560馬力のW12エンジンを搭載した、この高級セダンには、多数のへこみや傷がある。
さらに、ロゴやハブキャップが盗まれ、トランクにも侵入された跡が見えるし、エアサスペンションもなくなっているようだ。
ステアリングホイールの爪は、ほとんど無味乾燥なジョークにしか思えない。
しかし、かつての華やかなスポーツカーは、もはや救出される見込みはない。
残念ながら、彼らを待っているのは、いつかスクラップされる日々だ。
胸が痛む。

かつてアラブの国々で起こっていたような顛末が、中国で起こっているらしい。なんとも残念な光景ではあるが、いったいどうしてこうなってしまっているのか、そこも気になるところだ。
バブルがある程度はじけて、所有できなくなってしまったから、なのか。
なんらかの事情で飽きてしまってポイ捨てなのか(ありえないけれど)。

それとも車が壊れて修理できずに放置なのか、いったいどうしてこんなことになってしまっているのだろう。怖いのは警察に没収されている車、というくだりで、その部分だけ読むと、なんとも不気味で恐ろしい。
香港の今の状況を見ると、本土でいったいどんな厳しいことが行われているのか、ちょっと考えるだに、背筋が寒くなる思いである。

Text: Moritz Doka
加筆: 大林晃平
Photo: Geely Uncut