オペル日本語サイトオープン 発売およびディーラーオープンは2022年上半期を予定。

125

Groupe PSA Japanは日本市場参入を発表したオペルの日本語版ウェブサイト(https://www.opel.jp/)をローンチした。

•オペル日本語版ウェブサイトオープン
•日本におけるオペルの発売およびディーラーオープンは2022年上半期を予定
• 初期導入モデル:コルサ(欧州名)、モッカ、グランドランド
• 電動化*モデルも導入、モデルレンジは随時拡大
• 詳細は随時公開予定

日本語版ウェブサイト(https://www.opel.jp/)

オペルの発売開始およびディーラーオープンは、2020年2月の発表で2021年中としていたが、当初の想定を超えるCOVID-19感染症の拡大および半導体の世界的な供給不足などの外的要因が理由で2022年上半期に延期となった。

初期導入モデルは、電動化モデルを含む3モデル。BセグメントハッチバックのCORSA(コルサ)とCORSA-e(BEV)、BセグメントSUVのMOKKA(モッカ)とそしてCセグメントSUVのGRANDLAND(グランドランド)。MPVのコンボを含め、モデルレンジは随時拡大予定としている。

CORSA(コルサ)
CORSA(コルサ)
MOKKA(モッカ)
MOKKA(モッカ)
GRANDLAND(グランドランド)
GRANDLAND(グランドランド)

※写真は欧州仕様車。日本仕様は、右ハンドルとなり、他に内外装仕様が一部異なります。

オペルについて
1862年ドイツのルッセルハイムにてアダム・オペルにより創立された大手欧州自動車メーカーのひとつ。自動車の製造を本格的に始めたのは1899年であり、2017年8月からグループPSA(現ステランティス)の傘下入っている。英国にはヴォクソールのブランド名で進出しており、両ブランド合わせて世界60カ国で展開、2018年には販売台数100万台を突破しており、電動化戦略を推進している。2024年までに欧州内で展開するすべての乗用車モデルの動力源になんらかの電動化機能を備えたものが揃う予定だ。2006年に日本市場を撤退してから15年の時を経て再上陸となる。

OPEL Japanウェブサイト:https://www.opel.jp/

問い合わせ:オペル コール TEL:0120-792-120