日本上陸!ランボルギーニ 最後のV12 Aventador LP 780-4 Ultimae

108

・V12自然吸気エンジンを搭載するアヴェンタドールの真髄を具現化したファイナル:Ultimae
・ クーペは350台、ロードスターは250台のナンバリング付きのリミテッドエディション
・「LP-780-4」という名称が示すとおり、出力アップした縦置き(LP)V12エンジンが780hp/8500rpmのパワーをフルタイム4WDに伝達

Lamborghini Aventador LP 780-4 Ultimae Japan Premiereが東京で行われ、ランボルギーニ・ジャパンの代表ダビデ・スフレコラ氏によるプレゼンテーションで最新が最後となるアヴェンタドールが日本上陸を果たした。

2020年に生産10,000台を達成したアヴェンタドール最後のエディション

最後のV12NAエンジンは780馬力まで高められ、1,550㎏の軽量ボディを0-100㎞/h2.8秒という速さで引っ張る
アヴェンタドールの特徴の一つであるプッシュロッド式サスペンションのダンパーが見える
インテリアにはアルカンターラがふんだんに使われている
カーボンセラミックブレーキディスクとオプションのホイール

技術的な仕様などの詳細はこちら