日本ミシュランタイヤ、被災時のモビリティ支援を目的とした「モビリティ・レジリエンス・アライアンス」に署名

18

日本カーシェアリング協会と過去10年の活動を経て、災害発生時の被災地の移動を強化へ

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤 元、以下、ミシュラン)は、一般社団法人日本カーシェアリング協会(事務局:宮城県石巻市、代表理事:吉澤 武彦 以下、日本カーシェアリング協会)と「モビリティ・レジリエンス・アライアンス」を2021年7月28日に締結したことをお知らせします。

ミシュランは、2011年に発生した東日本大震災直後から日本カーシェアリング協会の活動に賛同し、これまで10年間にわたり、全国から寄付により集められた支援車にタイヤを提供してきました。大規模災害時では被災者が車を失うことも多く、被災直後の片付けや生活再建のための行政手続きにも車による移動は欠かせません。当協定は被災地に車両を無償提供する[※1]日本カーシェアリング協会が事務局となり、平時から企業や団体、自治体が連携し、災害が起きた際により効果的なモビリティ支援を迅速に行うことを目的にしています。

日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 須藤 元は次のように述べています。
「ミシュランの企業理念である“モビリティの継続的な発展に貢献する”ことは災害など有事の際はもちろん、将来のリスクに備えた活動も含まれます。この協定締結により、大規模災害時に車を失い、移動に困難を抱える被災者の支援と迅速な対応が可能となり、災害時に必要とされるタイヤをいち早く供給し、被災者への確実なモビリティ支援を実現し、そしていち早い復興の助けとなるよう願ってます」

実際の大規模災害時では、地域社会の復興において多種多様な連携支援が必要不可欠です。
ミシュランは、この協定に賛同するより多くの企業や団体、自治体と共に「災害時に車に困らない社会の実現」に向け、地域社会とそこに住む人々の安心と安全に貢献できることを目指しています。

[※1]車の維持費、燃料代、駐車場代、役員手当等の経費を会員が利用頻度に応じて平等に分担しています。ルールを決めて積み立てを行い、年1回の総会の時期に精算を行っています。

■ミシュランについて

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万7,000人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。69製造拠点で、約2億本のタイヤを製造(2019年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。

■一般社団法人日本カーシェアリング協会について

日本カーシェアリング協会は、2011年3月11日に起きた東日本大震災をきっかけに同年4月から車を失った被災者や高齢者を含めた地域社会を支援するため全国から寄付による車を提供する活動を開始しました。現在、災害発生時に車による復興支援をすることを目的として宮城県石巻市を本拠地とし、佐賀県武雄市に九州支部を置く一般社団法人です。車をシェアして支え合う仕組みを地域につくる「コミュニティ・カーシェアリング」、車を貸し出すことで人と地域を元気にする「ソーシャル・カーサポート」、そして災害時、車のことで困らない仕組みを作る「モビリティ・レジリエンス」をその主な活動としています。

問い合わせ先:一般社団法日本カーシェアリング協会 担当:西條・吉澤
本拠所在地:〒986-0813 石巻市駅前北通り1丁目5-23
TEL:0225-22-1453  FAX:0225-24-8601
E-Mail: info@japan-csa.org
ホームページ: http://www.japan-csa.org