まるでスポーツカーのようなドライビング、新型BMW X3 Mコンペティション

45

BMW X3 Mコンペティション: テスト、エンジン、価格

新型BMW X3 Mコンペティションは日常的な用途にこそ向いていないかもしれないが、豊かなパワーを備えたエンジンと強固なシャシーを兼ね備えた、とても素晴らしいスポーツモデルだ。

SUVはいかようにも訳せる。スポーティでユースフルな(使い勝手の良い)ヴィークルとか・・・。しかし世の中の150psディーゼルエンジン+4.7mのSUVが果たしてスポーティと呼べるだろうか?
 
むろん、パワフルなエンジンを搭載したSUVもあれば、見た目ハイスピードオフローダーのような低いシルエットを備えたSUVもあるにはある。しかしそれらは真の意味でアスレチックだろうか? 厳格に言えば、そういうのは存在しない。しかし、BMW Mモデルなら、それに近いものを提供する。我々がテストしたX3 Mコンペティションはその意味で合格点を獲得した。このSUVは弾けている!

X3 Mコンペティションのショッキングなスポーツカー並み動力性能

最高出力510psに最大トルク600Nmで、このSUVは静止状態から100km/hまでをたったの4秒で駆け抜ける。スピードメーターには290km/hが刻まれているが、平均燃費はリッターあたり8.3km/lと、その分ガソリンもたくさん必要だ。
果たしてそのパフォーマンスは?

シャシーの完成度は驚くほど高く、まさにスポーツカーのレベルといえよう。
あたかも道路に吸い付くかのようなコーナリングには心底驚く。他のSUVと比べても、X3 Mコンペティションは、とても堅固でSUVにありがちな腰高のロールもほとんどない。 
牽引力も非常に強く、BMW製全輪駆動システムは、スタート時から一部のスポーツカーにもまねできないほど強力なパワーでX3 Mコンペティションを引き回す。

ドライバーは、ステアリングホイールで設定可能なスポーツドライビングプログラムを選ぶことによって、よりスポーティにセッティングできる。その他、例によって電子的にショックアブソーバーをより強固にしたり、ステアリング特性を調整したり、ギアセレクターレバーでシフトタイミングを変更したりすることもできるようになっている。

そういう観点から、間違いなく、X3 Mコンペティションは直列6気筒を備えたトップアスリートに仕上がっている。その3リッターエンジンは心地よい唸りとともに、すばらしいパワーを、8速ATを介して全輪に滑らかに伝え、強力に駆動する。
Mオリジナルブレーキディスクと幅265ミリのミシュランスポーツタイヤの組み合わせは非常に優れた機能を発揮するため、時速100kmからのハードブレーキングで2トンもあるSUVは33.5メートルで完全停止することが可能である。

このMモデルは最低93,400ユーロ(約1167万円)もする。さらにトップスピードが増すMドライバーズパッケージを選ぶと、追加でさらに2450ユーロ(約30万円)必要となる。そして2050ユーロ(約25万円)払えば、LEDアダプティブライトと重要なドライバーアシスタント機能を備えた推奨イノベーションパッケージも追加できるが、そこですでに車両価格は10万ユーロ近く(約1200万円)になっている事実があった。

息を飲むようなドライビングパフォーマンスの代償はリッター8.3km/lという燃費だ。

結論: SUVのSがスポーツを意味するのであれば、このBMW X3 Mコンペティションこそお薦めだ。そのドライビング時の挙動とパフォーマンスは想像できないほどSUVらしくない! しかしこの手の車に決して乗り心地を求めてはならないことは追記しておく。
AUTO BILDテストスコア: 2-

信じがたい: X3 Mコンペティションはスポーツカーのように道路に吸い付くが、同時に激しく揺れる。

Text: Jan Horn
Photos: Toni Bader / AUTO BILD