日産、フォーミュラEドライバーのパフォーマンス向上を目指した脳機能研究プログラムを開始

17

日産自動車は、日産のフォーミュラEドライバーであるセバスチャン ブエミとオリバー ローランドを対象に、脳機能および脳構造の研究をもとにトレーニングを開発する革新的なプログラムを開始しました。

日産「ブレイン・トゥ・パフォーマンス」と名付けられたこのプログラムは、高精度な脳の撮像データを解析することで、高いパフォーマンスを発揮するプロドライバーの脳機能を、解剖学的な見地から明らかにすることを目的としています。このプログラムでは、運転やレースに関連する脳機能を高めるために、オーダーメイドで最適なトレーニングを開発することを目指します。

日産のグローバル モータースポーツ ダイレクターであるトマソ ヴォルペは語りました。「日産には、『他がやらぬことを、やる』という精神があります。今回の画期的なプログラムはこれまでなかったもので、レーシングドライバーの脳機能を理解することで、サーキットでのパフォーマンスさらに向上させることを目指しています。高度な脳機能分析とトレーニングによって、ドライバーのパフォーマンスを向上させることができたら何が起こるのか。フォーミュラEのレースではコンマ1秒が勝敗を分けます。日産の最先端の研究チームが、すでに高いパフォーマンスを発揮しているブエミとローランドの脳機能をどのように向上させられるか、期待しています」

このプログラムは、脳の分析とトレーニングの分野における第一人者で、人と日産車の関係をより良いものにするための研究を続けているルチアン ギョルゲによって推進されます。日産の「ブレイン・トゥ・パフォーマンス」の当面の目標は、日産のフォーミュラEドライバーのパフォーマンスを向上させることです。

ギョルゲは述べました。「私たちの脳は驚くほど強力です。私たちがそのことを意識することはありませんが、脳はクルマを運転する瞬間毎に多くの重要な機能を働かせています。高度な訓練と経験を積んだ日産のフォーミュラEドライバーは、常により速いラップタイムを求めて、強いプレッシャーの中、高速で脳機能を働かせています。日産の『ブレイン・トゥ・パフォーマンス』プログラムでは、脳の電気信号がどのようにドライバーの行動を可能にしているのかを明らかにする予定です。そして可能であれば、オーダーメイドの脳トレーニングによって、彼らのパフォーマンスをさらに向上させたいと考えています。将来的にこの最先端の研究が、平均的なドライバーの運転技術を向上させたり、市販EVの開発にも役立つかもしれません。そう期待しています」

本プログラムの第一段階では、フォーミュラEドライバーの脳機能を詳細に分析・テストし、レーシングドライバーではない平均的なドライバーのグループと比較します。そのために、プログラムに参加するドライバーが、最先端のドライビングシミュレーターでさまざまなタスクをこなす際の脳活動をモニターし・記録します。そして、その結果に基づき、脳を電気的に刺激する独自のドライバートレーニングプログラムを開発し、ドライバーのパフォーマンスを向上させることを目指します。

主要研究領域の概要
1.日産のフォーミュラEドライバーと一般的なドライバーの脳機能の比較と違いの観測。
-ドライバーの様々な脳活動のデータを集積することで、電気信号が脳に与える影響を観測します。
2.脳を電気的に刺激することで、プロドライバーの脳を強化し、サーキットでのパフォーマンスを向上させる可能性。
-脳の通常時の活動を把握し、脳を電気的に刺激するオーダーメイドのトレーニングプログラムを開始します。結果をモニターし、フィードバックします。
3.ブレイン・コンピュータ・インターフェース・トレーニングを活用した一般ドライバーの運転技術向上の可能性。長期的には、トップレベルのドライバーが体感するワクワク感や集中力の持続に焦点を当て、日産の未来のEV開発へ反映することを検討。
-ドライビングエクスペリエンスを向上させる生体信号の理解を深め、直感的でワクワクするようなEVの開発に役立てることを検討します。

Text&photo:日産自動車