【スペシャルコンテンツ】 元F1チャンピオン ジェンソン バトンのドライブする新型ロータス エミーラに同乗&初インプレッション

67

Auto Expressエクスクルーシブ スペシャルコンテンツ: ジェンソン バトンによる新型ロータス エミーラ初ドライブ その助手席に座らせてもらっての初インプレッション

元F1ワールドチャンピオンであり、ロータスのファンでもある、ジェンソン バトンほど、世代を超えて最も重要な英国製スポーツカーであるロータスに、最初の評価を下すのにふさわしい人物はいないだろう。英Auto Express誌によるエクスクルーシブレポート!

我々、Auto Express誌は、ジェンソン バトンが、改装刷新されたロータスの本拠地、ヘセル(Hethel)で、新型ロータス エミーラを運転する際に、同乗するよう招待された。
バトンはここで、チームとロータスに関するあらゆることを話し合ったという。
バトンが注文している新しい電気自動車「エヴィージャ(Evija)」ハイパーカー、ロータスがテクニカルパートナーを務めるエクストリームEレースチーム、そしてバトンがオーナーを務める新しいコーチビルド会社、「ラッドフォード(Radford)」がロータスと共同で最初の車を生産していることなどだ。

バトンが1速を選択すると、第1コーナーに向かって走り出す。
これは生産ラインから出荷された最初の1台ので、バトンは「気楽に走っている」と言うが、とてもそんな感じはしない。
しかし、バトンのトレードマークであるスムーズさは健在で、バトンがギアを変えると同時にクルマも素早く方向転換する。

「ギアスティックをステアリングホイールの近くに移動させることで、とてもレーシーな感じになりました」と彼は言う。「また、ペダルの位置など、ヒール&トーイングのための工夫もあり、それらはサーキットに持ち込む場合には、すべてがうまくいくのです」。

「車をよく見ることは重要です。その美しさもさることながら、ドアを開けて車に乗り込んだときに、その車のすべてがちょうどよく感じられなければなりません。小さな車ですが、私はこの車にすっかり馴染んでいます」。
「また、本格的なエンターテインメントシステムもシンプルで使いやすいです。私は、いろいろなものをスクロールして目的のものにたどり着くのが嫌いなのですが、これなら実際に車を運転する時間を増やすことができます」、とバトンは笑顔を見せた。

その直後に、イギリスらしく、雨が降ってきたが、バトンはこれまで以上に笑顔で次の周回に向かった。

「今はウェットだけど、グリップがとてもいいんだ。マシンの空力性能が向上したことで、高速コーナーで、ダウンフォースが得られるようになりました。メカニカルグリップだけでなく、高速グリップも得られるようになったのです。つまり、クルマが滑らないようにするためですが、そうするとクルマにすべての仕掛けをする必要がなくなり、その結果クルマが軽くなるのです。ロータスがいつも言っているように、”軽さを加える”のです」。

バトンは、数々のロータスに乗った思い出があり、自宅にも「エヴォーラ」を置いている。「初めてロータスに乗ったのは17歳のときで、ロータス エリーゼだったのを覚えています。コックピットを見ると、基本的にはギアスティック、3つのペダル、ステアリングホイール、そしてシートがあり、他には何もありませんでした」。

「この車では、ロータスとしては初めての試みである快適性が向上しています。これまでのロータスではできなかったことだと思います」。

新型エミーラには、2.0リッター4気筒のAMGエンジンと、バトンが乗っている「エヴォーラ」と同じ、大型エンジンとマニュアルボックスが用意されている。「3.5リッターのV6を搭載していて、ギアボックスもよく知っているんだ」と彼は言う。「このエンジンのパワーカーブは、スーパーチャージャーを搭載しているにもかかわらず、すべてがとても自然に感じられます」。

では、「エミーラ」との違いは何だろうかと尋ねたところ、「車内でのポジションのせいかもしれませんが、私にはよりスポーティに感じられます。ギアスティックの形状のせいもあると思いますが、車幅が非常に広いので、機械的に少しだけグリップが増しています。短い車では、グリップが良くても、ひっかかりを感じることがありますよね。このクルマでは、そのようなひっかかりがないのがいいですね」、と応じてくれた。

バトンのコメントを聞いていると、後ろに座っているV6の素晴らしいサウンドが聞こえてくる。時折、エキゾーストからポップ音やバン音が聞こえてくるが、彼のハンドル操作の流れやクルマへの賛辞を妨げるものではない。彼はステアリングを「非常に反応が良い」と評しているが、これもロータスの軽量化のおかげだ。

「エミーラの車重は約1,400kgと予想されています。これは十分軽いので、ブレーキやタイヤがオーバーヒートすることはありません。だから、燃料がなくなるまで何周でも走れるんですよ」とバトンは再び笑顔を見せる。「ジュニアスーパーカーとは言いたくありませんが、サーキットでは多くのスーパーカーに引けを取らないと思っています」。

「この車はロータスにとって本当に重要な車で、彼らの将来を形作るものだと思います。そして、私はいまだにその価格に驚かされています」と、語る。ロータス エミーラは、6万ポンド(約800万円)以下での販売開始を予定している。

サーキットでエミーラに乗ってみて、気に入ったところはどこですか?との問いには、「シャシーは最初から良いものだと思っていました。そして、サーキットでの経験は、いつも私の顔を笑顔にしてくれます。サーキットでの運転は何でも楽しいものですが、特にロータスの場合は、ステアリングホイールやペダル、そしてお尻から得られるフィードバックがとても魅力的です。私にとっては、そのフィードバックが最も重要なのです」。

「でも、この車を買う人は、さらにロータスのドライビングエクスペリエンスを得られることに満足すると思います。しかし、ロータスのドライビングエクスペリエンスが得られるだけでなく、車の快適性も得られます。刺激的なドライビングや空力特性はそのままに、長距離の移動も可能になり、4ポットエンジンも選択できるようになりました」。

では、彼は、将来手にするハイパーカー、「ロータス エヴィージャ」と一緒に暮らすために1台購入するのだろうか?

「ああ、100%そうだね」。

助手席からのインプレッション
運転していたのはジェンソン バトンだったが、新型車は乗る前から多くのことがわかるものだ。
今回のエミーラでは、2つのことが印象に残った。
まずダイナミックな面では、非常にバランスのとれたクルマだと感じた。
ウェットな状態でも、グリップレベルは高く、運転手はドラマチックな演出なしに素早く方向転換できたし、3.5リッターV6のパンチ力は印象的で、うねった状態のカーブの端を捉えたときの乗り心地もなかなかのものだった。
しかし、生産ラインから最初に出荷された車として最も印象的だったのは、ロータスの伝統的な強みとは言えない、快適性と品質だった。
そして乗り降りのしやすさはもちろんのこと、インテリアのスタイル、素材の選び方、ネジの締め方など、本格的な生産が始まってからも十分に通用するものだったことも印象に残った。

Story: Auto Express/Steve Fowler
Pictures: Auto Express/Pete Gibson

オリジナルのコンテンツをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

https://www.autoexpress.co.uk/lotus/emira/355544/new-lotus-emira-driven-first-review-jenson-button