【短い動画付き】 オーマイガー! クラッシュ またもやテスラ モデル3オートパイロット作動せず 欠陥? リコールは?

324

中国で、新たにオートパイロット事故発生。テスラ モデル3が曲がれない、曲がらない。急なカーブ、モデル3、テスラオートパイロット、そして一見アイドルのようなドライバーが、この不思議な事故の原因だ。短い動画とともにレポート。

またしても、テスラの「オートパイロット」システムにまつわる不思議な事故が、今度は中国で発生した。
「テスラ モデル3」がカーブで路外に出て木にぶつかる。
なぜかは不明だが、障害物はなかった。
この23秒の動画は、2021年7月上旬にTwitterの微博にアップロードされたものなので、どうやらかなり最近のもののようだ。
テスラは、公道での「オートパイロット」を「積極的にドライビングを監視するデバイス」と表明していることは周知の事実だ。
つまり、危険が迫っているときには、「オートパイロット」が介入することになっているということだ。
しかし、その自動回避行動は、このビデオを見る限り、おきなかったようだ。

オートパイロットは最後の1秒まで介入しようとしない

電気自動車は片側一車線の道路を時速約30マイル(約48km/h)で走行している。
道路の左右には、フェンスや茂み、小さな木が並んでいる。
その一部始終を助手席から撮影している。
中央の大画面に表示される青地のステアリングマークは、オートパイロットが作動していること、つまりクルマが自律走行していることを示している。
その下には、いつものように、検出された車線のマークと、この車線における「モデル3」の位置が表示されている。

ドライバーは両手を膝の上に置いてリラックスしている。
直線走行中に対向車のかなり近くを通過してもひるむことはない。
その後、かなり急な右カーブがやってくる。
モニターを見ると、車は危険なほど左に大きく傾いている。
そして、道路からはみ出し、ピーッと音を立てて木に衝突する。
ドライバーは最後の最後でハンドルに手を添えて衝突を回避しようとしたようだ。
エアバッグは作動せず、運転手と助手席の人はおそらく軽傷を負ったと思われる。
衝突した車の写真を見ると、木の中央に衝突したように見える。
事故後のテスラはバンパーが半円状に前方に突出している。

オートパイロットは、どうやら急カーブで機能しないことが多いようだ

この問題をよく研究していると思われる、あるTwitterユーザーは、車が道路から飛び出した理由について、可能性のある説明をしている。
彼のテストでは、約半分の確率で、「オートパイロット」が、急カーブで十分に減速せず、自車線からはみ出してしまうと報告し、その旨の動画を投稿している。
中国では、このような事故の場合、例え、「オートパイロット」が機能しなかったことが事故の要因だとしても、ドライバーが責任を問われる。
なぜなら、彼は最後までブレーキをかけたりハンドルを握ったりすることなく、ただ事故を放置していたからだ。

24秒の短いYouTube動画はこちらをどうぞ。

テスラというと、事故、火災、そんな話題があがるようになってずいぶん久しい。
今回の事故も、自動運転(あるいは自動運転車支援システム)による事故の話題だが、映像を見る限り、これがドライバーの責任なのか、「テスラ モデル3」の「オートパイロット」システムの不具合によるものなのか、ちょっと判断しにくい。
それでも、こういった場合になんらかの支援システムによって、事故が防げなかったことは事実だし、そういう意味では自動運転という名称をテスラは堂々と使うべきではないだろう。
聞くところによるとイーロン マスク氏は、自動車の完全自動運転システムに関して、かなりの難易度のためあきらめる方向にあるという。いまさらな気もするし、やっぱりという気もする。自動車の自動運転とは宇宙に行くのと同じか、それ以上の複雑な難しさがあるのではないか、という気持ちにもなる。
いずれにしろ人命が関わっていることだけに、真摯で誠実な判断と対応が必要であることは言うまでもない。

Text: Katharina Berndt
加筆: 大林晃平
Photo: Weibo/Top-laputa.