メルセデスはこのクルマのことは何も知らなかった!

595

bb CW 311 (1978): メルセデス300SLの後継モデル?

6.3リッターV8、375ps、ガルウィングドア: 1978年、チューナーのレイナー ブッフマンは、メルセデス300SLの理想的な後継モデルとしてこのCW 311を作成した。

このガルウィングを備えたスペシャルモデルは1987年に、チューニングカンパニー、“bb”のオーナー、レイナー ブッフマンによってデザインされ、ポルシェの開発エンジニアだったエーベルハルト シュルツの手を借りて開発された。主にポルシェとメルセデスの備品を使って作られた。メルセデスのマーク、スリーポインテッドスターもノーズに備えていたが、当時メルセデスは、まったくこのクルマのことを知らなかった。

メルセデスエンジン+ポルシェパーツ=高性能

CW311はスペースフレームにまたがるファイバーガラス製ボディを備えていた。エンジンはメルセデス600に搭載されていた6.3リッターV8をAMGがチューンナップしたものを搭載し、ミッションはZF製5速トランスミッションを介してリアタイアを駆動した。そしてテールパイプはレーシングマシンのメルセデス300SLR同様、左のリアホイールの手前に装着されていた。
AMGがチューンしたV8エンジンから生み出される375psと580Nmは、CW311を0-100km/hは4.8秒、0-200km/hは12.7秒で加速した。トップスピードは320km/hと言われていたが、本当かどうかこの件に関しては最後まで公にはされなかった。
ステアリング、イグニッションロック、そしてスピードメーターのユニットは911から、サスペンションは928からの転用と、ポルシェのパーツも使われている。

ルーフの上のこぶは、ペリスコープミラー用のケースであり、ここからリアの視界を確保する。Bbのロゴがなんとも懐かしい。

CW311は日常使用にも適していた

CW311のルックスは、300SLのオマージュとして同じくガルウィングを備えていたメルセデスのテストカー、C111-1とC111-2に類似しているが、その名前は空気抵抗係数がCw 0.311であることに由来する。
その超スポーティなルックスと、すばらしいドライビング性能とともに、CW311は毎日の使用にも適していた。パッセンジャー用には驚くほどのインテリアスペースを提供し、性能の良いエアコンも彼らに快適さを与えた。トランクも十分実用になりそうな大きさだった。
ルーフにはペリスコープリアビューミラーが装着されていて、ドライバーに十分なリア視界を提供していた。
ホワイトパールカラーのペイントはメルク社からの世界初の製品で、CW311に初めて使われた。(その後、同社のフラットノーズ911などにも使われたものである)

唯一のプロトタイプは失われた

メルセデス300SLの後継モデルという想定で作られたCW311はラジエターグリルにスリーポインテッドスターを取り付けていた。だが問題は、このクルマが発表するまで、メルセデスがこのクルマに関して何も知らなかったことだ。つまりスリーポインテッドスターはメルセデス純正、とはいえなかったのである。
しかしショーを訪れた観客たちがCW311を熱狂的に歓迎したために、メルセデスはこの車(と作ったメーカー)に制裁を課することをあきらめ、逆に祝福した。その結果、CW311は、古今東西、メルセデスが開発しなかったにもかかわらず、スリーポインテッドスターを備える唯一のクルマとなったのである。
しかし結局CW311は1台きりのプロトタイプに終わり、現在の動向や所在は知られていない。
開発にたずさわったエーベルハルト シュルツはその後1982年にスポーツカーブランド、イズデラ(Isdera)を起ち上げ、30台のインペレーター(Imperator)108iを作った。そしてそのインペレーター108iは紛らわしいほどCW311に似ていたのである。

Text: Moritz Doka
Photos: Werk