ガチンコ勝負 6気筒カブリオレ対決 BMW M440iカブリオレ対アウディS5カブリオレ はたして勝者は?

105

青空がいっぱいに広がる。アウディS5とBMW M440iのスポーツカブリオレ比較。

ファブリックルーフを開いて日光浴。我々は、BMW M440iとAudi S5のオープントップバージョンを試乗し、比較した。この2台のパワーカブリオレは新しくもあるが、古い自由への大使でもある。以下にレポートをお届けする。

真っ青な空、オープンストリートのカフェ、見渡す限りの陽気な雰囲気。
さらに、運動神経抜群のバイエルン車2台は、屋外のカフェで女の子や男の子を振り向かせるために、服を脱ぐのが好きなのだ。
「BMW M440iカブリオレ」と「アウディS5カブリオレ」は、それぞれのシリーズの中で、現在最も強力なオープントップの延長線上にある。

BMW M440iでは、直6エンジンが特に印象的だ

「M440i」に搭載された374馬力のターボチャージャー付き直6エンジンと48Vマイルドハイブリッドシステムの組み合わせは、他の追随を許さない。
パワーだけではなく、レスポンス、トランスミッション、サウンド、そして効率の良さにも感嘆の声があがる。
このパワートレインのスムーズさについても満点をつけたいと思う。
10万ユーロ(約1,300万円)の価格帯には、これ以上のエンジンは存在しない。
絹のように滑らかなスタートアップ(ベルトスタータージェネレーターによる)から、1000rpmを超えるところでの滑らかな回転(実際、偉大なZF製オートマチックはここでシフトダウンしない)、そして最高速度(7000rpm弱)での振動のないエンジン走行まで。
そして極めつけは、なんといってもそのサウンドである。
どのような状況でも心地よく、しかし決して邪魔にはならず、フードを付けずに鼓膜をマッサージするような感覚で楽しめる。

これ以上のものはない: BMWの直列6気筒エンジンは、絶対的にクリームのようなエンジンだ。

S5のエンジンにはドライビングプレジャーもある

情熱が心をオーバーヒートさせる前に、ルーフをソフトトップのコンパートメントに降ろし、クールダウンのためにカントリーロードに出る。
ここでアウディは、マイルドハイブリット化されていない3リッターターボと8速コンバーターからなるエンジン+トランスミッションユニットで、とても追いつけないことを示す。
そして、ホットV(シリンダーバンク間のターボチャージャー)を搭載したV6は、喜びもひとしおだ。
オープントップの「A5」では、ディーゼルでもガソリンでも4気筒が主流だが、S5の6気筒はパンチが効いていて(1370rpm時に500Nm)、サウンドもよく響くので、オープンでは印象的なショーを見せてくれる。
BMWのようなリニアなレスポンスと一貫性のあるトランスミッションワークには及ばないものの、ペダルを踏んでから走り出すまでのタイムラグは少なく、オートマチックは決して眠くはない。
とはいえ、素晴らしい「4シリーズ」と比べると、パフォーマンスには差がある。
そして、ミュンヘンからのライバル車が、高価な燃料を少しでも経済的に使うことができるのも、ポイントだ。

アウディのボディは、特にルーフを開けたときのねじり剛性が低いことがわかる。

アウディのソフトトップはしっかりとフィットし、裏地もしっかりしている。
しかし、アウディのボディは、特にルーフを開けたときのねじり剛性が低いことが感じ取れる。
インゴルシュタットの車は、甌穴(おうけつ)によってスチール構造がより大きく震える。一方で、布製ルーフを閉じたとき、BMWは布地の下にある硬質プラスチックのシェルの恩恵を受ける。
布地の下に硬質シェルを持たないアウディに比べ、市街地走行時と160km/h走行時の両方で、明らかに静かだ。

スポーティなオープントップドライブは、どちらも安い喜びではない

「S5」の1,000ユーロ(約13万4千円)のダイナミックステアリングは、まずまずの効果を発揮する。
BMWの可変スポーツステアリングは標準装備されているが、「M440i」がセンターポジションで緩すぎるとすれば、「S5」はステアリングの精度が高いと感じる。
総じて言えば、BMWの方がすでに工場出荷時に搭載されているグッズが多い。
一方、アウディは、ナビゲーションシステム、レザー、パーキングセンサーなどに追加料金を払わなければならないため、「S5」はベース価格が大幅に安いにもかかわらず、コスト面での評価は明らかに負けている。
また、「M440i」の購入者はスポーツディファレンシャルを別途注文する必要がないが、アウディの場合は1,350ユーロ(約18万円)かかる。
閉鎖されたサーキットで、リアを煙に巻いてカーブを駆け抜けるのが好きな人には、「M440i」はうってつけだ。
とはいえ、「440」は決して野蛮ではなく、快適性の面でもアウディを大きく引き離している。
特に注目すべきは、きめ細かく反応するサスペンションで、最もスポーティな設定にしても、アウディほど過酷ではない。
今回も、ドライバーは太陽の下で輝く。

高価な喜び: 今回のテストに供された2台は、BMWが77,830ユーロ(約1,042万円)、Audiが81,825ユーロ(約1,096万円)と価格だった。

第2位 800満点中522点: アウディS5カブリオレ
上質なボディワークとドライビングダイナミクスの面では、「S5」がわずかに上回っている。

第1位 800満点中540点: BMW M440iカブリオレ
特にBMWは、快適性やドライビングプレジャーの面で説得力がある。すべての面でより好ましい。

結論:
「M440i」の素晴らしいパワートレインは、特にオープントップでの楽しいドライブを体験させてくれる。
さらに、BMWはより少ないコストで、より多くの快適性を提供している。
最高品質の「S5」も成功を収めているが、最終的には4シリーズに20ポイント近くの差をつけられてしまった。
ただ、2トン弱と、どちらも重すぎるのは、いただけない。

BMWと今回はメルセデス・ベンツではなくアウディの対決となった。どちらも1,000万円以上の豪華な4シーターカブリオレであり、駆動方式を考えれば全天候型でオールマイティーな、ビジネスにもプライベートにも使用できるオープンカーである。
メルセデス・ベンツの「Cクラス」か「Eクラスカブリオレ」もライバルではあるとも思うが、そちらは(特にEは)より安楽仕様なところもあるし、今のところ「Cクラス」はまだ新型カブリオレが出ていないので、今回は比較対象から外されたのだろう。
さて今回の勝者は「BMW 440i」となったが、推測するに、これはエンジンの魅力とオートマチックトランスミッションの魅力に負うところが大だったのではないだろうか。アウディももちろん高性能(今や超がつくほど高性能だ)ではあるが、よりドライバーを喜ばすという点においては、ややアウディはドライであり、BMWのほうが一枚上手であったと、そういうことなのではないだろうか。
それにしても本文の最後にも記してあるが、2トンという車重はさすがに重い。
フルタイム4輪駆動で、オープンカーとしても剛性を保つためにかなりの補強材が使われているとはいえ、さすがに2トンは重いだろう。タイヤにも負担がかかるし、せっかくのオープンカーなのに、ドライビングをしている間中、心のどこかに常に重さが残ってしまっているとしたらあまりに残念である。

Text: Stefan Novitski, Mirko Menke
加筆: 大林晃平
Photo: Tom Salt / AUTO BILD