シトロエン 日本独自企画の特別仕様車「C3 MODERN SALON」発売

44

C3 モダンサロン成約で同じグラフィックの特製クッションをプレゼント

もっとコンフォートなリビングのように。

C3はシトロエンの100年以上にわたるコンフォート(快適性)を追求したリーズナブルなコンパクトカー。リラックス感あるインテリアのしつらえや、シトロエンならではのセッティングによる柔らかな乗り味など、投入された快適性実現の技術、知見はオリジナリティ溢れるものだ。また、C3 SHINEグレードに設定されたエメラルド内装のはシート生地裏に特別なフォームを追加し、さらにボリュームを従来の2mmから15mmへと大幅にアップしたもので、しっとりふっかりとした比類ない柔らかさはクラスを超えた快適性を実現している。

今回の特別仕様車C3モダンサロンの発想は、そんなC3のリラックスした快適性を”居心地のいいリビング”の延長ととらえたことから始まりまった。人に優しい居心地のよさと、C3のデザインキーである”角を落としたやわらかな四角”という要素からインスパイアされたのがミッドセンチュリーモダンのテイスト。

チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソン、イサム・ノグチらの作品で知られるミッドセンチュリーモダンの名作家具の数々は第二次世界大戦の戦後復興期における当時の最先端素材であるプライウッド(積層合板)やFRP(繊維強化樹脂)を意欲的に取り入れたインテリアなどのムーブメントが結実したもので、戦後の開放的な空気感を背景としたポップな意匠とグラフィック、色を特徴としている一方、当時の最先端テクノロジーを使いながらも、技術や手段におぼれることなく、そこにあったのは使う人の気持ちと実用性に配慮した人への優しいまなざしだった。それこそが現在においてもミッドセンチュリーモダンが愛され普遍性を持っている理由といえる。

同様にシトロエンもまた普遍的な快適性の追求と”Inspired by You”のブランドタグラインにある人へのまなざしをもっており、ミッドセンチュリーモダンとシトロエンが共通して持つ理念が、この特別仕様車C3 モダンサロンへと結びついたのだ。

サーブル×オレンジ

C3 モダンサロンは、前述アドバンストコンフォートシートを備えたSHINEをベースに、フォグランプベゼル、Airbump(エアバンプ)®アクセント、Cピラーステッカー、そしてダッシュボードパネルにミッドセンチュリーモダンのテイストの特別な意匠が施された。グラフィックのモチーフとなったのは、C3のシグネチャーのひとつであるボディサイドのエアバンプ®。積層合板の優しげなカーブにも相通じるエアバンプ®の角を落としたやわらかな四角を要素として取り入れ、まるで当時実在したかのようなミッドセンチュリーモダン的なオリジナルのグラフィックが実現した。

ブラン バンキーズ×ブルー バイア

ボディカラーはサーブルとブラン バンキーズの2色を設定。基準車のSHINEではスプリングブルーかブランバンキーズのボディカラーに限定されていたアドバンストコンフォートシートをサーブルに展開、このシートは初回導入限定車のC3 EDITION 2021に装備されていたものと同じもので、テップレザーを一部にあしらった特別な仕様のものとなっている。

なお、アクティブセーフティブレーキ、LEDヘッドライト&インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックカメラ、16インチアロイホイールなどの主要装備はSHINEグレードと同一。

C3 モダンサロン成約で同じグラフィックの特製クッションをプレゼント

C3 モダンサロン成約記念として、購入したボディカラーに合わせたグラフィックの特製リラックスクッションを2個セットでプレゼントされる。
この機会にC3 モダンサロンを検討されてはいかがだろうか。

リラックスクッション
ミッドセンチュリー ブルー デザイン、ミッドセンチュリー オレンジ デザイン (2個セット)

ボディサイズ

モデル名全長全幅全高ホイールベース車輌重量
C3 MODERN SALON3995mm1750mm1495mm2535mm1140kg

グレード構成

モデル名ボディドライブトレイントランスミッション税込価格
C3 MODERN SALON5ドアHB1.2 ℓ直列3気筒ターボ
81kW/5,500rpm(110ps)
205Nm/1,750rpm
6速オートマチックEAT62,725,000円

*ペイントオプション代込みです。

シトロエン コール TEL:0120-55-4106

Text&photo:Groupe PSA Japan