横浜ゴム、米国の過酷なヒルクライムレースに参戦する13台をサポート、2年連続の総合優勝を目指す

22

横浜ゴム(株)の米国のタイヤ販売会社であるYokohama Tire Corporation(ヨコハマタイヤコーポレーション=YTC)は2021年6月27日に米国・コロラド州で開催される「第99回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に参戦する13台にADVANレーシングタイヤを供給します。昨年の同レースでは総合優勝を果たしており、2年連続のチャンピオン獲得を目指します。タイヤは「ADVAN A005」、「ADVAN A052」を供給します。

オープンホイールクラスには昨年総合優勝したClint Vahsholtz選手の息子であるCodie Vahsholtz選手が優勝車両「2013 Ford Open」で参戦するほか、パイクスピークオープンクラスでは2019年タイムアタック1クラス優勝者のRaphael Astier選手が「2015 Porsche BBI Turbo Cup」でエントリーしています。加えて、Joshua Allan選手の「2021 Tesla Model 3」、Tanner Foust選手の「2020 Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport」なども参戦します。

Tanner Foust選手が駆る「2020 Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport」

なお、YTCは同レースをさらに盛り上げるためワンメイクタイヤ供給を行っており、「Porsche Cayman GT4 Clubsport」で競われる「ポルシェ パイクスピークトロフィー by Yokohama」クラスに4年連続でストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」を供給します。

「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」は1916年から開催されている伝統あるヒルクライムレースです。別名「雲へ向かうレース」と呼ばれ、標高2,862mのスタート地点から標高4,300m にあるゴールまでの約20kmのコースにて競われます。これまでヨコハマタイヤ装着車は電気自動車でも参戦しており、2010年から3年連続で電気自動車の最高タイムを記録しクラス優勝しています。さらに昨年は「ADVAN A005」を装着したClint Vahsholtz選手の「2013 Ford Open」が総合優勝を果たしました。

Text&photo:横浜ゴム