ボルボの次世代電気自動車は、LiDAR技術とAI駆動の スーパーコンピュータを標準装備し、より多くの人命を救う

20

2022年に公開が予定されているXC90の後継モデルにあたる電気自動車には、Luminar(ルミナー)が開発したLiDAR技術を含む最先端のセンサーと、NVIDIA DRIVE Orin™システムオンチップを搭載した自律走行スーパーコンピュータが標準で搭載される。

ボルボ・カーズは、この最先端ハードウェアと、ボルボ、Zenseact(ゼンセアクト)、Luminarのソフトウェアを組み合わせ、次世代の安全パッケージによる衝突回避技術を実現することで、死亡事故の減少を目指す。

この新しい安全パッケージにより、衝突事故の減少を目指しており、オンラインによる継続的なソフトウェア・アップデートにより、時間の経過とともに衝突事故の減少率が加速することが予想される。また、この新技術は、今日の重傷者や死亡者の大部分を占める交通状況に特化して設計されている。

Text&photo:ボルボ・カーズ