時速440km、0-200km/h 6秒以下 新型ブガッティ シロン スーパースポーツ登場 全情報

98

この1,600馬力のスーパースポーツは、ブガッティ シロンの中でも最速のモデルだ。

2019年にブガッティは、スーパースポーツ300+で最高時速491km/hを達成した。そして今、この記録を持つ車が生産モデルとして登場することになった。最速のシロンは限定生産されており、莫大な価格となる。以下のすべての情報をお届けする。

以前レポートしたように、ブガッティは「シロン・スーパースポーツ300+」で、自動車メーカーとして初めて時速300マイル(約490km/h)以上の走行を実現した。
今回、そのプロトタイプが「スーパースポーツ」として生産モデル化されることになり、最速のシロンとなる。約440km/hの最高速度は、依然として息を呑むような速さであり、先代の「ヴェイロン スーパースポーツ」よりも9km/h速い。
ブガッティはこの車を30台の限定生産としており、価格はこの国の税金を含めて400万ユーロ(約5億4千万円)弱という、ブガッティらしい、いつも通りの高価な価格だ。

シロンのリアエンドは25cm延長された

400km/h以上の速度で安全に走行するためには、高度な空力特性が非常に重要となる。
例えば、「スーパースポーツ」は、レーストラック向けの「ピュアスポーツ」よりも、安定性が高く、よりスムーズに走行できるようになっている。
特にリアエンドは、他のシロンモデルとは明らかに異なる。
約25cm長くなり、エグゾーストパイプが中央ではなく横方向に配置されている。
これにより、ディフューザーを44%拡大することができ、その結果、失速が小さくなり、空気の乱れによる減速が少なくなっているという。
また、ボディ自体のダウンフォースにより、高速走行時にアクティブリアスポイラーを大きく後退させることができ、空気抵抗の低減に貢献している。

ブガッティによれば、シロンに比べて、センターから左右に分けられたエキゾーストパイプからはこもったような音が出るとのこと。

EB110のようなエアアウトレット

フロントには、新しいヘッドライトと、車両を通過する空気を最適に導く2つのエアカーテンと呼ばれるものが両サイドに備わっている。
世界にたった1台の「EB110スーパースポーツ」のような丸いエアアウトレットがフェンダーに設置されており、気流の空気圧を低減している。
「スーパースポーツ」を他のシロンモデルと区別するために、特別なホイールが採用されているが、「ピュアスポーツ」用の超軽量のマグネシウム製ホイールはオプションだ。
インテリアについては、「大陸での高速走行に完全に適している」とだけ言われている。

スーパースポーツのコックピットは、シロン同様、レザーとメタルを基調とした、洗練されたタイムレスなデザインとなっている。

100馬力アップしたW16エンジン

推進力を担うのは、8リッター クワッドターボ(4基のターボ)のW16だ。
「スーパースポーツ」用にこのエンジンは23kgも軽量化され、出力は1500馬力から1600馬力、トルクは1600Nmにパワーアップされている。
出力の向上は主に、コンプレッサーホイールの効率を高めたターボチャージャーの大型化によるものだ。
また、オイルポンプ、シリンダーヘッド、バルブトレインも変更された。
加えて、トランスミッションやクラッチも見直されている。
レブリミットが7,100rpmに引き上げられたスーパースポーツは、403km/hに達するまで7速にシフトアップしないという。

0から200km/hまで6秒以下!

続いて、走行性能についての情報だ。
「スーパースポーツ」は、0~200km/hまで5.8秒、300km/hまで12.1秒で到達する。
300km/hまでは12.1秒、400km/hまでは「シロン」よりも7%速く、40秒以下ということになる。
最高速度は440km/hだ。
このために、ミシュランは、世界で唯一、500km/hでの走行が認められている特別なタイヤ「パイロット・スポーツ・カップ2」を開発した。
また、シャシーは再チューニングされ、硬いスプリングが与えられ、ステアリングも引き締められている。

価格は税込380万ユーロから

ブガッティによると、納車は2022年初頭に開始される。
「シロン スーパースポーツ」は、世界市場を対象に合計30台のみ製造される予定だ。
価格は320万ユーロ(約4億3,200万円)と設定されており、ドイツでは税込みで約380万ユーロ(約5億1,300万円)になる。

スーパースポーツには、水平方向に分割されたツートンカラーの塗装をオプションで選択することもできる。

先日レポートしたモデルが20億円だったからか、感覚がマヒしているのか、5億という価格をみても「そんなものかな」と思ってしまうが、普通の感覚に戻れば驚く価格であることには確かだ。
何しろ普通のシロンは2億ちょいで買えるのだから、ざっとその2倍以上の価格だ。ただでさえものすごい最高速度やパワーをさらに上昇させることの大変さもさることながら、かなりの価格上昇の部分は「プレミアム」な付加価値の部分なのだろうな、とも思う。
とにかく人よりも上のモデルが欲しい、普通のじゃいやだ、そんな人は必ずどこにもいるが、個人的には30台という生産台数は「かなり多い」ようにも感じられるのだが…。

Text: Moritz Doka
加筆: 大林晃平
Photo: Bugatti