アウトモビリ・ランボルギーニ& LEGO® Technic™  LEGOブロックで実物大のLamborghini Sián FKP 37を製作

33

アウトモビリ・ランボルギーニとLEGOグループが、40万ピースを超えるLEGO® Technic™のブロックを使用し、Lamborghini Sián FKP 37の実物大レプリカを製作しました。昨年LEGO® Technic™から発売されたLamborghini Sián FKP 37の1/8スケールモデルに続く今回の実物大レプリカでは、限定版のスーパースポーツカーLamborghini Siánをより大きなスケールで再現します。使用するLEGOブロックは、このプロジェクトのために特別に成型された20種を含む154種。総重量2,200㎏のレプリカモデルは、Lamborghini Siánの寸法をミリ単位で完璧に再現し、強烈な個性を持ったそのデザインを細部に至るまで忠実に表しています。

アウトモビリ・ランボルギーニのPresident and CEOのステファン・ヴィンケルマンは次のようにコメントしました。「ランボルギーニは世界中の人々にとって夢であり、LEGOも多くの人々に創造的なインスピレーションを与えてきました。このたびLamborghini Siánというユニークなモデルに関するコラボレーションで、ランボルギーニとLEGOの両方のファンの皆様の想像力に訴えることができ、とてもうれしく思っています。」

両社のコラボレーションは、デザイナー、エンジニア、テクニシャンの名から成るチームが開発と綿密な組み立て作業に8,660時間もの時間を費やして実現しました。完璧な比率のシャシーはLamborghini Siánの実物と同じ長さ、4,980㎜幅2,101㎜、高さ1,133㎜です。ボディパネルは、ランボルギーニのデザイン言語の欠かせない一部である六角形へのオマージュを表し、六角形にかたどられたLEGO Technicの専用パーツが複雑に結合する構成です。LEGOグループのエキスパートたちは、ボローニャ地方の方言で「閃光」「稲妻」を意味するSiánの名前の由来にも敬意を表し、Technicのブロックのみで組み立てられたライトとボディに沿って流れる稲妻のデザインに、実物のY字型のヘッドライトと六角形のテールライトが点灯、消灯する様子を反映させました。コックピット内も、ランボルギーニのエンブレムとイタリア国旗をあしらったステアリングホイール、ダッシュボードのコントロール、レーシングシートがLEGOブロックで細部まで再現されています。

今回、グループでは大型モデルでは初のペイントブラシ効果のUVカラー塗料を施しています。LEGO Technicの1/8スケールモデルと全く同じ色の塗装は、アウトモビリ・ランボルギーニのペイントショップで行いました。

LEGOグループのSenior Vice President of Product and Marketing レナ・ディクセンは次のようにコメントしました。「当社のデザイナーはチャレンジ精神が旺盛ですので、今回のモデルは通常より大きめで考えるようにとの注文を出したときの彼らの喜びは想像に難くないでしょう。彼らは、チェコ共和国のクラドノにあるLEGO社のモデル生産工場で実物大モデルを作製しているエンジニアと協力して作業を進め、LEGO Technicでできる可能性を極限まで押し広げるチャンスに飛びつきました。LEGOシステムでは自由に創意工夫できるため、Lamborghini Sián FKP 37の類いまれなるデザインを十分に表現できました。」

LEGOグループ初のバーチャルアンベールでは、仮想空間に設けられたLEGOのワークショップに実物大モデルが再現され、ランボルギーニのエンスージアストやLEGOファンはフルスケールバージョンを間近で見ることができます。さらに、ここでは夢を実現することもできます。1/8スケールモデルの運転席に座ると、当日アンベールされるフルスケールバージョンに変わります。仮想空間で運転席に座ったまま、この実物大モデルを生み出したアウトモビリ・ランボルギーニとLEGOグループのデザイナーたちの話を聴くことができます。

Text&Photo: アウトモビリ・ランボルギーニ