今週末の注目レース F1アゼルバイジャンGPではありません ニュルブルクリンク24時間耐久レースです

19
Porsche 911 GT3 R, Frikadelli Racing Team (#31), Patrick Pilet (F), Frédérik Makowiecki (F), Maxime Martin (B), Dennis Olsen (N)

ニュルブルクリンク24時間耐久レース。“緑の地獄”での24時間レース。今週末の注目のレースは、レッドブルホンダが二連勝を遂げるかどうかが注目されるF1ではなく、間違いなく、第49回を迎えるニュルブルクリンク24時間耐久レースだ。GT3マシンを駆って、500名ものドライバーが、栄光と名誉とクラス優勝のために戦う。果たして王者BMWを倒すのは誰か?

ニュルブルクリンクで開催される伝説の24時間レースは、残念ながら、2回(2年)連続して観客が少ない状態(1万人に限定)で開催される。
しかし、レースファンが、1年に1度のフルスロットルパーティーを見逃すことはありえない。
今年で49回目を迎えるクラシックレースには、パワフルな「ポルシェ911」から「デイシア ローガン」まで、合計125台の車両が出走する。
そして、約500人のドライバーがスターティンググリッドに着く。

すべてのドライバーが、アイフェル地方で最も成功しているメーカーであるBMWを追撃する。
昨年、このブランドは20回目という記念すべき勝利記録を樹立した。
優勝したロウ・レーシングは、ニック キャッツバーグ、アレクサンダー シムズ、ニック イェローリーが駆る「BMW M6 GT3(4.4リッターV8ツインターボ、530馬力)」のGT3マシンでレースを制した。
BMWは、この勝利を繰り返したいと考えている。
しかし、言うまでもなく、競合他車もそれなりに頑張っている。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースは、今回で49回目の開催となる。

特にポルシェ(総合優勝12回)は、「911 GT3 R(4リッター6気筒ボクサーエンジン、529馬力)」のGT3マシンで好位置につけており、2021年には、ここまで、フリカデリ・レーシングによる2度のダブルウィン(予選レースを含む)をすでに達成している。
さらに、マンタイ・レーシングやファルケン・モータースポーツといったトップチームもs参戦する。
その後ろに潜んでいるのが、フェニックス・レーシング、カーコレクション、ランド・モータースポーツが投入する「アウディR8 LMS GT3(5.2リッターV10、512馬力)」のGT3マシンだ。
アウディが最後に勝利を収めたのは二年前の2019年のことで、今年は6回目の総合優勝を淡々と狙っている。

メルセデスはクラシックレースで2回しか優勝しておらず、今年は「AMG GT3(6.2リッターV8、最大540馬力)」のGT3マシンで参戦する。
ゲット・スピードやハウプト・レーシングのようなチームが、虎視眈々と初優勝を狙っている。
このことは、参戦している他のエキゾチックカーにも当てはまる。
「ランボルギーニ ウラカンGT3マシン(5.2リッターV10、522馬力)」や「フェラーリ488 GT3マシン(3.9リッターV8ビトゥルボ、530馬力)」、そして、スクーデリア キャメロン グリッケンハウスの「SCG004C GT3マシン(6.2リッターV8、526馬力)」など強豪がひしめいている。
さあ、果たして、BMWの王座を奪うのは誰か?
それともBMWが王座を死守するのか。
興味は尽きない。
結果は来週レポートする。

170コーナーを備えるニュルブルクリンクサーキットの北コースであるノルトシュライフェ+GPトラックで形成されたコース。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースとは?

世界的に有名なニュルブルクリンクサーキットを、24時間かけて周回するレースだ。
正式名称は「ADAC Total 24h Race at the Nürburgring Nordschleife」という。
ニュルブルクリンクサーキットのノルトシュライフェ(北コース=通称’緑の地獄’)とグランプリトラックを組み合わせたコースでおこなわれるレースだ。
1周は15.8マイルで、クラッシュや天候に左右される場合があるものの、一般的には85~150周でゴールする。
ほとんどのチームは1台のマシンに4人のドライバーを配置するが、少ない人数でレースをするチームもある。

マシンとクラスの数は?

今年は125台のマシンが参加し、24のクラスに分かれている。
つまり、プロ、セミプロ、そしてアマチュアのドライバーがいるということだ。
そして、マシンはそれぞれ大きく異なっています。
例えば、SP9では、ポルシェ911 GT3 RSやBMW M6 GT3などのGT3レーシングクラスのクルマが参加している。

Text: Bianca Garloff and Sönke Brederlow
Photo: ADAC Total 24h Race at the Nürburgring Nordschleife