ボルボ・カーズ、ヨーロッパ市場で新型電気自動車 「C40 Recharge」の受注開始

17

ボルボ・カーズは、最新の電気自動車であるC40 Rechargeの受注を正式に開始した。
今週からvolvocars.comを通じてヨーロッパの市場で販売される。

ボルボ・カーズは、モデル・バリエーションの複雑さを減らし、事前に設定された魅力的なバリエーションに集中するという考えに沿って、C40 rechargeのバリエーションをシンプルなものとしました。
C40 Recharge納車の際にはメンテナンスサービス、保証、ロードサイドアシスタンス、保険をはじめ可能である地域では家庭用充電器などを含む便利なケアサービスが付属します。
ボルボ・カーズのグローバル・コマーシャル・オペレーションの責任者であるレックス・カーセメーカーズは「私たちはこれをボルボの未来と呼んでいます。それは、C40 Rechargeが単なる新車ではないからです。ボルボ初の電気自動車専用モデルであり、消費者の利便性を高めるためにオンライン化するという計画の重要なステップを担っているからです。つまり、全く新しいボルボなのです。」と述べています。
C40 Rechargeは、ゼロエミッションの未来に向けたボルボ・カーズのコミットメントの表れです。
ボルボ・カーズは、今後数年間でさらにいくつかの電気自動車モデルを展開し、2025年までに全世界の販売台数の50%を完全な電気自動車で構成することを目指します。2030年までには、販売するすべてのクルマを完全な電気自動車にすることを計画しています。
C40 Rechargeは、SUVの利点をすべて備えながら、より低く、洗練されたデザインになっています。
リアは、低いルーフラインに合わせて印象的なリアエンドデザインを採用し、新しいフロントデザインは電気自動車であるボルボの新しい顔として、最先端のピクセル技術を用いたヘッドライトを採用しています。
インテリアは、ボルボの多くのドライバーが好む高いシートポジションを実現しているほか、このモデル独自のカラーやデコレーションのオプションも用意されています。また、ボルボのモデルとして初めて完全なレザーフリーを実現しています。
XC40 Rechargeと同様に、C40 Rechargeにも、Googleと共同開発したAndroid OSをベースにした市場で最も優れたインフォテイメントシステムの一つが搭載されています。このシステムは、Googleマップ、Googleアシスタント、Google Playストアなど、Googleのアプリやサービスを内蔵しています。
無制限のデータ通信は優れたコネクティビティを可能にし、C40 Rechargeはソフトウェアのアップデートを無線で受けられるように設計されています。つまり、工場から出荷された後も、時間の経過とともに改良されていくということです。
動力源は、前輪と後輪に1つずつ搭載されたツイン電気モーターで構成され、約40分で80%まで急速充電できる78kWhのバッテリーを搭載しています。航続距離は約420kmを想定していますが、今後ソフトウェアのアップデートによりさらに向上していく予定です。
C40 Rechargeは、XC40リチャージと同様に、ベルギーのゲントにあるボルボ・カーズの製造工場で今秋から生産を開始する予定です。
※C40 Rechargeの日本への導入は今年の秋頃を予定しています。

Text&Photo:ボルボ・カー・ジャパン